> How to Use > ファイル復旧 > Windows10「ドキュメント」フォルダからデータを復元する方法

Windows10「ドキュメント」フォルダからデータを復元する方法

2017-08-11 15:08:44 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Windows10でドキュメントフォルダがあります。そのドキュメントフォルダに常に個人のドキュメントが保存されています。何らかの原因により、中のファイルが消えてしまう可能性があります。その場合、どうやって消えたファイルを復元しますか。この記事ではWindows10「ドキュメント」フォルダからデータを復元する方法を皆さんにご紹介します。

画像のように、Windows10でドキュメントというフォルダがあります。そのドキュメントフォルダに常に個人のドキュメントが保存されています。何らかの原因により、中のファイルが消えてしまう可能性があります。その場合、大事なワードファイルとか、エクセルファイルが勝手に消えたら、全部やり直すのはめちゃくちゃ時間がかかりますのでとても困ります。だから何とかして消えたファイルを復元してくれると本当に助かりますね。それでは次に、Windows10「ドキュメント」フォルダからデータを復元する方法を皆さんにご紹介します。

ドキュメントフォルダの場所

Windows10「ドキュメント」フォルダからデータを復元する方法

「ドキュメント」フォルダからデータの復元といえば、EaseUSのデータ復旧フリーソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。このソフトは簡単な操作で消えたデータを全部復元してくれます。だから、今すぐソフトをダウンロードして使ってください。このソフトはまず、消えたファイルを検査する必要がありますので、「ドキュメント」フォルダの既定保存場所を予め頭に入れる必要があると思います。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

「ドキュメント」フォルダの既定保存場所は常にシステムパーティションにあり、例えばドライブCをシステムパーティションと仮定したら、「ドキュメント」フォルダの既定保存場所は以下のようになっています。
C:\Users\TAKASHI→パソコン名前\Documentsになっています。

「ドキュメント」フォルダからの復元の操作手順

以上の「ドキュメント」フォルダの既定保存場所の情報をもって以下の復元の操作手順を参照ください。

1.ソフトを開き、ドキュメントフォルダがあるパーティションを選択し、スキャンをクリックします。

ドキュメントフォルダがあるパーティションを選択し、スキャンを行う


2.クイックスキャンとディープスキャンが終わるまで、しばらくお待ちください。

クイックスキャンとディープスキャン


3.復元したいデータを選んで、リカバリーをクリックします。

データを復元する

以上のように、簡単な操作でデータを復元するのは可能です。ただし、皆さんに注意をかけていただきたいことがあります。EaseUS Data Recovery Wizard Freeというフリーソフトは2GBの容量だけ復元できます、2GB容量以上のデータ量を復元したい方は、是非EaseUS Data Recovery Wizard のProfessional版を検討してください。パソコンのハードドライブの他、USBメモリの復元SDカードの復元などほぼすべての記憶メディアの復元にも対応しています。

EaseUSが選ばれる理由