> How to Use > ファイル復旧 > 解決済み:ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生できない

解決済み:ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生できない

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年10月13日に更新

概要:

多くのユーザはビデオカメラで撮影した動画をパソコンで流そうとした時に、再生できないことがあります。それでは、ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生できない原因は何ですか?これらの動画をパソコンで正確に再生するには、どうしたらいいですか?本文では、これらの問題に対して、皆さんに完全解説を紹介していきたいと思います。

 

ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生したい場合は、これらの動画をパソコンへ取り込む必要があります。

動画をパソコンへの取り込み方法は2種類!

パソコンで動画を再生するには、動画をパソコンへ取り込む必要があります。一般的には、ビデオカメラで撮影した動画をパソコンへ取り込みする方法は2つあります。

1.ビデオカメラ本体からパソコンに動画をエクスポート

現在、多くのビデオカメラはパソコンに直接に認識されるようになっています。だから、USBケーブルを使って、ビデオカメラをパソコンに接続すると、パソコンはビデオカメラのファイルを自動的に読み込むので、ファイルエクスプローラで動画をパソコンにコピーすればよいのです。

2.ビデオカメラのSDカードからパソコンに動画をエクスポート

やや古いビデオカメラのモデルは直接にパソコンに接続することができない可能性があります。このような場合は、SDカードリーダーを使ってSDカードをパソコンに接続する必要があります。

上記のいずれかの方法に従って、ビデオカメラから動画ファイルをパソコンにエクスポートすると、多くの場合、動画を再生することができます。が、時々、ビデオカメラの動画が再生できない場合もあります。このような場合、下記で紹介する対処法を参照して、問題を解決する必要があります。

原因別対処法:ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生できない

もしビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生できない問題について、複数の原因によって引き起こす可能性があります。原因別対処法も随分違っていますので、下記では原因別対処法を皆さんに紹介していきたいと思います。

原因1.使用中のメディアプレイヤーが動画の形式に対応しない

多くのユーザーは、Windowsに内蔵するWindows Media Playerを使って動画を再生しています。しかしながら、Windows Media Playerは全て形式の動画に対応できるわけでもありません。例えば、Windows Media Playerはパナソニックのビデオカメラで撮影した動画に対応できません。

対処法1.万能動画プレイヤーVLCを使用する

このような場合、動画形式に対応する動画プレイヤーを使う必要があります。

ここでVLCという万能のビデオプレイヤーを皆さんに紹介します。このソフト自体がサポートする動画の形式がとても豊富で、万が一このソフトは特定の動画形式に対応できないとしても、VLCの拡張機能ーExtensionをダウンロードして動画を再生可能にすることができます。

vlcの公式ページ

VLCのダウンロードリンク:https://www.videolan.org/vlc/index.ja.html

原因2.ファイルが破損する

何らかの原因によって動画ファイルが破損になる場合は、動画を再生する時に、様々なエラーが発生する可能性があります。例えば:

  • 動画ファイルが再生できない
  • 動画は音が出ない
  • 音がありますが、画面が表示しない
  • .......

上記のような場合、最も考えられる原因は、動画ファイルが破損になっています。このような場合は、下記の対処法2に従って、破損の動画を修復しましょう。

対処法2.ビデオカメラで撮影した動画を修復する

動画ファイルが破損になって正確に再生できない場合は、この動画を修復する必要があります。動画を修復するには、専門のツールが必要となっていますので、ここで非常に使いやすい動画修復ソフト-EaseUS Data Recovery Wizardを皆さんに紹介します。このソフトを使えば、たったの3ステップだけで破損した動画を修復することができます。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールすると、実行します。SDカードをPCに接続して、ソフトでsdカードを選択して、「スキャン」をクリックします。

写真を修復するステップ1

ステップ2.選択したSDカードへのスキャンが開始されます。このプロセスによって、紛失写真・動画に破損があるとソフトが判断する場合、修復作業が自動的に行われます。

写真を修復するステップ2

ステップ3.目標の写真・動画を選択して、「復元」をクリックして別の場所にファイルを保存しましょう。

写真を修復するステップ3

原因3.動画をパソコンに移行中にエラーが発生する

ビデオカメラで撮影した動画をパソコンで再生するため、まず当該動画をパソコンに移行する必要があります。しかしながら、もし移行中に何らかのエラーが発生して、移行プロセスが予想せずに中断されル場合は、パソコンで動画を再生することができません。

対処法3.動画データを再移行する

一般的には、ビデオカメラからパソコンに動画を移行する時に、「コピー」機能が使われています。このような場合は、移行中に何かのエラーが発生しても、ビデオカメラでオリジナルの動画ファイルが依然としてぞんざいするので、当該動画をもう一度パソコンに移行すればよいのです。

しかし、もし「コピー」ではなく、「切り取り」という機能を使って動画を移行する場合、移行後、ビデオカメラで当該動画ファイルがなくなります。だから、パソコンでこの動画を再生しないとしても、移行し直すこともできなくなります。このような場合は、データ復旧ソフトを使ってビデオカメラのメモリカードから消えた動画を復元する必要があります。

関連記事:SDカードからデータを復元する方法

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。