> How to Use > ファイル復旧 > Windowsで「.dllがないため、プログラムを開始できません」の対処法

Windowsで「.dllがないため、プログラムを開始できません」の対処法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年10月29日に更新

主な内容:

概要:

自分で誤って.dllファイルを削除したのか。.dllファイルが失った心当たりがないのか。.dllが見つからないため、プログラムをどうしても開けないだろう。この記事では、.dllがなく、アプリケーションを開けない問題を解決できる複数の方法を紹介します。それら解決方法の手順に従って、問題を解決しよう。

EaseUS Data Recovery Wizard

.dllとは

DLL:Dynamic Link Library

別名では、ダイナミックリンクライブラリ、共有ライブラリ、シェアドライブラリなどと呼ばれ、動的なリンクによって利用されるライブラリのことです。Windowsでは、DLLファイルの拡張子として「.dll」が付きます。DLLでは、様々なアプリケーションプログラムで使用される汎用的な機能がモジュール化されており、実行ファイルがリンクを読み込むことによって共通して利用できるようになっています。動的にリンクしていることによって、プログラム間で重複したコードを共有化し、メモリ占有量やHDDの読み込み時間などを削減することができます。Windowsでは、OSとしての機能の多くをDLLによって提供しています。

参考:IT用語辞典

dllが見つからないため、コードの実行を続行できません

「.dllファイルを取り戻せる方法が分かりますか。ゲーム中なんですけど、ゲームのプロセスは予想せずにシャットダウンしたり、プロセスを再実行すると「コンピューターに.dllがないため、プロセスを開始できません」と表示したりして、本当にしんどいです。失われた.dllファイルを復元する方法はありませんか、お願いします!」

dllファイルがないため、アプリを開けないと表示する画像

  • mfc140.dll ファイルが見つからない
  • ffmpeg.dll が見つからないため、コードの実行を続行できません。
  • .dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした

など…

「.dllファイル紛失」はトップ10避けられない問題の一つで、Microsoft コンミュニティでそれについての投稿も盛り上がっています。「DLLファイル」というのは、Windowsでの全てのアプリ共通の働きをするプログラムファイルを部分化して必要に応じてメモリ上に呼び出して利用する仕組みを「DLL (ディーエルエル:Dynamic Link Library)」といいますので、「DLLファイル」が失われたら、アプリを正常に動作できないわけでもあります。その問題を解決するため、次に7つの対処法を紹介していきます。

dllが見つからないエラーを発生する原因

解決方法を修復する前に、dll 見つからないエラーを発生する原因を明らかにしたほうがいいと思います。

  • dllファイルが意図せずに削除された
  • マルウェア感染
  • dllファイルが破損した
  • Windows OSが破損した

dll 見つからないエラーを修復する方法が色々があります。エラーが発生したら、まずPCを再起動しましょう。役に立たない場合は、問題を解決するため、次の対処法を参考してください。

対処法1:ただ3ステップで.dllファイルを取り戻せる

簡単かつ効率的に.dllファイルを取り戻したい方には、強力的なデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardをお薦めします。そのソフトは、Windows10/8/7でも利用できて、ffmpeg.dll 、[email protected]、 nw_elf.dllなどの.dllファイルを簡単に復元できて、絶対賢い選択です。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~12.0(MOntery)

今すぐ無料ダウンロードし、以下の操作手順に従い、.dllファイルの復元を行いましょう。

.dllファイルを取り戻せる操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

そして、目標.dllファイルを指定なフォルダにリカバリーし、パソコンを再起動してから、アプリケーションを正常に起動できるようになります。

ヒント:このソフトは、.dllファイルだけではなく、画像、動画、ミュージックなど、すべてパソコン/USBメモリ/SDカードなどから失われたデータを復元できます。

.dllが見つからないエラーが発生した場合、壊れた.dllファイルを置き換えるために、Webサイトから.dllファイルをダウンロードすることをやめたほうがいいと思います。ダウンロードしたdllファイルは、アプリーケーションを正常に動作させない可能性があります。.dllファイルをすでにダウンロードした場合は、.dllファイルを削除してください。

対処法2:SFCコマンドで.dllファイルを復元

1.Windowsを検索CMDを入力し、コマンドプロンプトを実行します。

2.sfc /scannow を入力してから、エンターキーを押します。

3.スキャンプロセスが終わったらパソコンに復元してください。

プロセスが終わったら、パソコンを再起動する必要があります。

コマンドプロンプト

対処法3:DISMで.dllファイル紛失エラーを解決

1.Windowsを検索CMDを入力し、コマンドプロンプトを実行します。

2.DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealthを入力してから、エンターキーを押します。

3.プロセスが終わるまでしばらく待ってから、復元します。

このプロセスは、十分くらいかかりますので、気長に待ってください。

コマンドプロンプト2

対処法4:ウイルススキャンを行う

偶に、ウイルス感染でdllファイルが見つからないというエラーは発生する可能性があります。したがって、ウイルス対策ソフトを使って、システムをスキャンして、ウイルスを削除します。一方、ウイルス対策ソフトは、たまに、.dllファイルを異常なファイルだとして検出してしまう可能性があります。ウイルス対策ソフト誤検知が発生したら、ウイルス対策ソフトで確認してください。

対処法5:ゴミ箱から.dllファイルを探す

ゴミ箱を空にしなかった場合は、誤って削除したファイルが見つけられます。ゴミ箱を空にした場合は、上記対処1の高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard を利用し、ゴミ箱のデータを復元します。それによって、.dllファイルを探します。

対処法6:システム復元を利用する

.dllエラーがレジストリまたはシステム構成の変更という2つ原因によって引き起こされました。ということで、システムの復元を使用して最近のシステム変更を元に戻します。ただし、システムの復元はWindowsのある時点の状態に戻すので、その時点以降に作成したファイルやデータが消失されます。なので、この方法を慎重に使ってください。

操作手順:

  • サーチボックスでsystemrestoreと人力します。
  • 「システムの保護」タブして、[システムの復元]をクリックします。
  • 「システムの復元」が表示されます。「次へ」をクリックします。
  • 「システムファイルと設定を復元します。」という画面が表示されたら、「別の復元ポイントを選択する」をクリックしてください。
  •  一覧から復元したいポイントを選択して、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。
  • 「削除されるプログラムとドライバー」「復元が見込まれるプログラムとドライバー」ボックスを確認して、問題がないとウィンドを閉じます。
  • 復元ポイントが選択して、「次へ」をクリックします。
  •  「復元ポイントの確認」という画面が表示されます。内容を確認し、「完了」をクリックします。

システム復元

対処法7:Windows 更新プログラムをインストールする

利用可能なWindows更新プログラムをインストールすると、分散.dllファイルを置換または更新することができます。dllエラーを修正することが可能です。

操作手順

  •  Windows + I キーを同時に押して、「Windowsの設定」を開きます。
  • [windows update]をクリックして、アップデートの確認をクリックします。
  • 新しいバージョンがあれば、今すぐインストールします。

DLL ファイルに関するQ&A

1.DLL ファイルはどこに保存されていますか?(Windows10向け)

dllファイルを探したい場合は、C:\Windows\System32というパスに従って、アプリケーションのフォルダを探して、 .dll拡張子を見つけてください。
あるいは、PCで.dllファイルを検索できます。

  • コンピューターの検索ボタンをクリックします。
  • 検索バーに.dll拡張子のないファイル名を入力します。
  • DLLファイルが見つかるかどうかを確認します。

2.Teamsのアイコンをクリックして起動しようとすると、ffmpeg.dll が見つからないため、コードの実行を続行できませんというエラーメッセージが表示されました。Teamsが利用できません。この問題解決できますか?

具体的なエラーを修復する方法は上記で紹介する方法がほぼ一緒です。まず、pcを再起動します。一時エラーかどうかを確認します。役に立たない場合は、上記の方法を試して修復可能です。

まとめ

この記事では、.dllの定義、エラーが発生する原因及びエラーが発生する6つ対処法を紹介しました。ユーザー様は、お好きな方法を試してdllファイルを取り戻せましょう。その中で、データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard を利用するとき、もし何かご不明なところがあれば、日本語対応サポートセンター([email protected])に連絡して解決可能です。また、今回の.dllファイルの紛失事件を通じて、今後データを守るために、日常で定期的にデータバックアップをしたほうがいいだと思います。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ