> How to Use > ファイル復旧 > GoProサポート:破損したGoProの動画ファイルを修復

GoProサポート:破損したGoProの動画ファイルを修復

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年04月26日に更新

概要:

ファイルが破損したため、GoProで撮りつめた動画が再生できなくなる時に、心配はいりません。EaseUS動画修復ソフト、VLC、GoPro SOSもこのような時に非常に役立ちます。それでは、本文の対処法に従って、破損したGoProの動画を再再生可能にしましょう。

 

GoProは世界で一番人気なスポーツカメラとして、Heroシリーズは多くのユーザーに愛用されています。GoProの機種によって、とても画質が高いビデオ(4K、8K)を撮ることもできます。それでは、もしGoProで撮りつめた大切な動画に破損があって、再生できない時にはどうやって修復すればいいですか?本文では、完全な対処法を皆さんに紹介します。

GoProのMP4ファイルを修復するにはどうしたらいいですか?

「誰かがGoProのMP4ファイルを修復する方法を知っていますか?先日、GoProを使ってトレーニングのビデオを撮影しました。今日、そのビデオをパソコンに導入して、友達にシェアしたいと思いますが、そのビデオが再生できなくなっちゃいました。このような場合、どうしたらいいですか?動画が再生できないのは、ファイルが破損していると思いますので、どうやって修復すればいいですか?」

上記のように、GoProカメラで撮影した映像は時々開けない場合があります。何らかの原因によって、GoProの動画が再生できなくなった場合、下記の内容に従って、動画を修復してみましょう。

ここで、たくさんの対処法をまとめて皆さんに紹介しますので、GoProが開かない場合、これらの対処法を参照して、自ら修復しましょう。

破損したGoProの動画を修復する対処法

GoProの動画が破損したか、再生できない原因はたくさんあります。だから、どうやって修復すればいいですか。もし、同じな問題に遭遇している場合、下記の対処法から1つを選択して参照して、破損したGoProの動画を修復しましょう。

  • 動画修復ソフトで修復
  • VLCで修復
  • GoPro SOSで修復

対処法1.専門的動画修復ソフトでGoProの動画を修復する

もし、GoProで撮った動画が破損しているか、再生できなくなる場合、一番効率的な方法は、専門的動画修復ソフトで修復することです。EaseUS Data Recovery Wizardは、動画修復機能が備えているソフトとして、数分間だけで破損したGoProの動画・写真を修復・復元することができます。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールすると、実行します。SDカードをPCに接続して、ソフトでsdカードを選択して、「スキャン」をクリックします。

写真を修復するステップ1

ステップ2.選択したSDカードへのスキャンが開始されます。このプロセスによって、紛失写真・動画に破損があるとソフトが判断する場合、修復作業が自動的に行われます。

写真を修復するステップ2

ステップ3.目標の写真・動画を選択して、「復元」をクリックして別の場所にファイルを保存しましょう。

写真を修復するステップ3

対処法2.VLCを使って破損した動画を修復する

この部分では、高機能の動画再生ソフトを使って破損したGoPro動画を修復する方法を皆さんに紹介します。

VLCのダウンロードリンク:https://get.videolan.org/vlc/3.0.8/win32/vlc-3.0.8-win32.exe

ステップ1.VLCを起動して、修復したい動画を導入する

vlcで動画を修復するステップ1

VLCを起動して、ソフトの左上に「ファイル」→「変換/保存」をクリックします。それから、「ファイル」タブで「追加ボタン」をクリックすることで修復する動画を追加して、「変換/保存」ボタンをクリックして「変換」を選択します。

ステップ2.動画修復プロセスを設定する

vlcで動画を修復するステップ2

変換画面でまずプロファイル名に適当な名前を入れて、「参照」をクリックして動画の出力先を設定します。それから、「新しいプロファイル」ボタンをクリックして動画修復プロセスの詳細を設定してください。

カブセル化タブ:修復したい動画と同じ形式を選択します。
ビデオコーデックタブ:「ビデオ」「オリジナルのビデオトラックを保持」をチェックします。
オーディオコーデックタブ:「オーディア」「オリジナルのオーディオトラックを保持」にチェックを入れます。

ステップ3.破損した動画を修復する

vlcで動画を修復するステップ3

ステップ2に従って、プロファイルを設定して保存すると、先の画面に戻ります。それから、プロファイルのところで先に設定済みのプロファイル(たとえプロファイル名がrepair)を指定して、「変換」ボタンをクリックすることで、破損動画の修復することを始めます。

対処法3.GoPro SOSで破損動画を修復する

GoProのユーザーは、大体GoProに内蔵しているユーティリティのGoPro SOSを知っていると思います。このユーティリティを使って破損した動画を修復する可能性もあります。

GoPro Heroシリーズ:

  • ステップ1.カメラをシャットダウンして、バッテリーやSDカードをカメラから外します。
  • ステップ2.バッテリーを入れて、カメラをオンにします。
  • ステップ3.SDカードをカメラに入れて、復元ボタンが表示されたら、任意のボタンを押して破損した動画の修復を始めます。

 GoPro Hero Session:

  • ステップ1.カメラをシャットダウンして、SDカードをカメラから外します。
  • ステップ2.カメラをオンにして、SDカードをカメラに入れます。

それから、SOSユーティリティは自動的に破損した動画を修復します。

Hero, Hero+:

  • ステップ1.カメラをシャットダウンして、SDカードをカメラから外します。
  • ステップ2.カメラをオンにして、SDカードをカメラに入れます。
  • ステップ3.復元ボタンが表示されたら、任意のボタンを押して破損した動画の修復を始めます。

この対処法に従って、破損した動画を修復不可能な場合もよくあります。もしこのユーティリティで動画を修復できない場合は、対処法1を参照することがおすすめです。

GoProの動画がPCに表示されない対処法

上記のケースで、GoProの動画ををパソコンに導入して、再生できなくなります。その原因の一つは、パソコンの空き容量が足りないです。この時、まずテレビに接続し、動画が正常に流れるかどうかを確認します。そこで、PCで大容量HDビデオファイルを処理できるため、まず、pcの最小必要容量を確認します。

  • 1080p30fps以下の動画

CPU: 2.4GHz以上の
メモリ: 4GB以上

  • 1080p60fps以上の動画

CPU: 3.0-3.7GHz以上
メモリ: 4GB以上
グラフィックカード: NVIDIA GeForce GT650M以上
*CPUとグラフィックカードは4Kと2.7Kの動画を再生するためにとても重要です。

注意:Windows Media Playerは720p 120fps以上の解像度の動画を再生することができません。

コンピュータのスペック確認方法

<Mac>
左上のアップルアイコンをクリックして、このマックについてを選択し、詳しい情報をクリックしてください。

<Windows>

検索ボックスに「dxdiag」と入力して実行します。プロセッサとメモリは「システム」で確認できます。グラフィックカードは「ディスプレイ」のデバイスで確認できます。

Protuneをオフにして、低解像度で動画を撮影してください。
もし、1080p30fpsをスムーズに再生できなかった場合、720p30fpsを試してください。解像度を低くすることで、コンピュータにかかる負担が減りスムーズに再生できるようなることがあります。

出典:GoPro公式ページ 

結語

この記事では、破損したgoproファイルを修復する方法を詳しく説明している同時に、GoProの動画がPCに表示されない時の対処法も紹介しています。記事内で紹介しているー専門的動画修復ソフトを使うことで数分間だけで破損したGoProの動画・写真を修復・復元することが可能です。また、このソフトは、お試し版がありますので、まず無料のお試し版でちゃんと復元できるかを確認、その復元力を実感してから製品版を検討してみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。