> How to Use > ファイル復旧 > Wallet.datファイルを復元する方法

Wallet.datファイルを復元する方法

2019年04月25日に更新

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
Windows10/8/7向けの最高なWallet.datファイル復元ソフトを使って、削除/紛失/破損されたWallet.datファイルを復元しましょう。これはあなたのビットコインを取り戻すための一番効率的な方法です。

ビットコインデータファイルのディレクトリ/保存場所

ビットコイン(ウォレットデータファイル「Wallet.dat」)は、PCのハードドライブのどこかに保存していますが、なかなか見つけられません。ビットコイン/ウォレットデータファイルの保存場所/ディレクトリを知っていれば、ビットコインデータが紛失/削除/破損した時に快適に復元/修復できます。

通常、ビットコインデータファイルがAppDataフォルダーに保存しています。その保存場所にアクセスする方法について、下記の内容を参照してください。

キーボードでWin + Rキーを同時に押して、出て来るダイアログで%APPDATA%\Bitcoinを入力してエンターキーを押せば、以下のような場所が開かれます。

"C:\Documents and Settings\YourUserName\Application data\Bitcoin" (Windows XP)

"C:\Users\YourUserName\Appdata\Roaming\Bitcoin" (Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1若しくはWindows 10)

上記の場所でwallet.datファイルを見れます。

削除/破損/隠されているwallet.datファイルを復元

もし、wallet.datを見つけられない場合、若しくはAppDataフォルダーも勝手に消えた場合、データ復旧ソフトを使って、直接にwallet.datファイルを復元できます。以下のダウンロードボタンをクリックしてデータ復旧ソフトを無料ダウンロードしましょう。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

wallet.datファイルを復元する手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。