> How to Use > ファイル復旧 > 破損した/壊れたファイルを削除する方法とは?ここでご確認を

破損した/壊れたファイルを削除する方法とは?ここでご確認を

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年09月18日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10で破損したファイルを削除することができませんか?このような場合、本文で紹介する対処法を参照してください。本文では、Windowsパソコンで破損した/壊れたファイルを完全に削除する方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「外付けHDDで破損したファイルを削除する時に、エラーが発生しました。

エラーメッセージ:予期しないエラーのため、フォルダーを削除できません。このエラーが再発する場合は、エラーコードを使用して、この問題についてのヘルプを検索してください。

エラー0x80070570:ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」

破損ファイル削除できないエラー

このような場合、壊れているファイルを削除する方法はありませんか?次の内容を読み続けてください。

破損したファイルを削除できない原因:

  • 破損したファイルが実行中のプログラムに使われている
  • パソコンが予想せずにシャットダウンしたことがある
  • 内蔵ディスク、USBメモリ、外付けHDDにエラーがある
  • ウィルスやマルウェアの攻撃
  • ...

上記のいずれかのエラーが発生して、破損したファイルを削除できない場合、次の対策を参照して、そのファイルを削除することもできます。

1.パソコンを再起動して管理者アカウントで破損したファイルを削除する

一番簡単な対策として、パソコンを再起動して管理者アカウントにログインして、破損したファイルを削除することです。

ステップ1.利用中のプログラムをすべて閉じます。

ステップ2.パソコンを再起動して、管理者アカウントにログインします。管理者アカウントではない場合、特定のファイルを削除する権限がないかもしれません。

ステップ3.破損したファイルの削除を再度と試します。

2.セーフモードで破損したファイルを削除する

パソコンをセーフモードに再起動すると、サードパーティーのデバイスのドライバーなどを使用することがありませんので、パソコンが正確に動作するための最小限の環境を構築することができます。このような場合、簡単にエラーの発生原因を特定することができます。

Windowsで破損したファイルを削除することができない場合、セーフモードに再起動するのは非常に有効な対策です。セーフモードでWindowsはファイルの制限をすべて解除し、ファイルを簡単に削除することができるようになります。

Windows 10でパソコンをセーフモードに再起動する方法

ステップ1.windowsボタンをクリックして「電源」を選択します。

ステップ2.キーボードの「shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。

ステップ3.「トラブルシューティング」をクリックします。

ステップ4.次に、「詳細オプション」を選択します。

ステップ5.「詳細オプション」に進み、「スタートアップ設定」をクリックします。

ステップ6.「スタートアップ設定」で「再起動」をクリックします。さまざまな起動オプションが表示されます。セーフモード起動の関連オプションは、数字、4、5、または6です。

セーフモードに入る

ここで、セーフモードに入りましたので、削除したいファイルを見つけて、それを簡単に削除することができます。

3.Cmdを使って破損したファイルを削除する方法

上記の対策が役に立たない場合、コマンドプロンプトというシステムツールを試してください。次は詳細手順です。

ステップ1.Windowsの検索ボックスで「cmd」を入力して、コマンドプロンプトを右クリックして管理者として実行します。

ステップ2.「Del /F /Q /A <ファイルのパス>」を入力してエンターキーを押します。

  • /F:強制削除の指令です。
  • /Q:読み取り専用のファイルを削除する指令です。
  • /A:アーカイブ属性を持つファイルを選択する指令です。
  • <ファイルパス>:破損したファイルの場所です。例えば:「Del /F /Q /A C:\Users\XXX\Downloads」を入力することができます。

cmdで破損ファイルを削除

このコマンドラインを使ったら、普段削除できない破損ファイルを強制削除することができます。この方法で、ファイルを削除すると、ゴミ箱をバイパスすることになるので、ゴミ箱からファイルを復元することもできません。

追加ヒント:完全削除したファイルを復元する方法

ファイルを誤削除してしまった場合、そのファイルを復元する方法もあります。ここでEaseUS Data Recovery Wizardというソフトを皆さんに紹介します。このソフトは、削除、紛失したファイルを簡単な数クリックだけで取り戻すことができます。

ステップ1.「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、インタフェースで復元したいファイルが保存していたドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

ファイルを復元するステップ1

ステップ2.スキャンが開始されます。削除されたファイルが先に検出されてから、選択したパーテイションを全体的にスキャンします。ドライブの容量によって、スキャンの所要時間が違いますので、完了までしばらくお待ちください。

削除したファイルを復元するステップ2

ステップ3.スキャン結果で「復元候補」というタブがあります。その中に名前などの情報を紛失したデータが入ります。復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることでファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ