> How to Use > ファイル復旧 > 【解決済み】死にかけた(故障)ハードドライブからデータ保護

【解決済み】死にかけた(故障)ハードドライブからデータ保護

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   

主な内容:

概要:

故障のハードディスク・ドライブは通常、コンピュータの動作が遅くなる、頻繁にフリーズする、死のブルー/ブラック・スクリーン、不良セクタの累積、異音、S.M.A.R.Tエラー...といった目に見える兆候を伴います。故障のハードディスク・ドライブの対処法に関する記事を読み、故障のハードディスク・ドライブをセルフチェックして修理できることを願っています。

EaseUS Data Recovery Wizard

故障のハードドライブに何をすべきか?データ損失を起こさずに対処するには?このページの詳しいガイドに従ってください。

ハードディスクの寿命には限りがあります。インターネット上の統計によると、HDDの平均寿命は約5~10年で、大手メーカーのブランドを選択し、周囲温度25~40℃で稼働させ、定期的にハードディスク・ドライブをクリーニングする習慣を身につければ、さらに長くなります。ハードディスクを激しく揺らしたり、コーヒーやジュースを落としたりしないでください。温度、湿度、動きの変化が激しいと、ハードドライブの寿命は間違いなく短くなります。

徐々に故障が進行するのは良いことで、ありふれた症状であるため、対応するチャンスとなり、正確なバックアップを作成し、ハードドライブの交換に備えることができます。

ハードディスクが故障している6つの兆候

ここでは、ハードディスク・ドライブが死にかけた場合の症状や兆候について説明します。お使いのコンピューターに3つの兆候のうち2つが見られた場合は、ハードディスク・ドライブが死にかかっている可能性があります。

  • コンピュータが極端に遅くなり、頻繁にフリーズし、死のブルー/ブラックスクリーンで立ち往生します。
  • ハードドライブが過熱し、異音やクリック音がします。
  • データの損失、破損、ファイルが消えて開きません。
  • 処理速度と起動が遅いです。
  • 不良セクタの増加
  • S.M.A.R.T.のエラー

上記のような症状がある場合、ハードディスク・ドライブはほとんど死んでいます。続いて、ハードディスク・ドライブが死にかかっているかどうかを確認し、診断することができます。

ハードディスクを診断する故障か死亡か?

以下のヒントを使えば、ハードドライブのS.M.A.R.T.ステータスをチェックすることができます。

ステップ1:Windows+Xキーを押し、【Windows PowerShell(管理者)】を選択します。

管理者としてコマンドプロンプトを開く

ステップ2:wmic diskdrive get status と入力し、Enterキーを押します。

cmdを使ってハードディスクが壊れているか診断する

構文の説明:

  • ステータス「OK」:ハードドライブ上ですべてが正常に動作しています。
  • ステータス「Bad」、「Caution」または「Unknown」:ハードドライブに問題があり、死ぬ可能性があります。

ハードディスクが死んでしまうと、Windows OSを起動することができなくなります。cmdコマンドを実行する以外にも、ディスクが正常かどうかをチェックするための新しいヒントを得ることができます。

故障のハードディスクの対策?

故障のハードディスク・ドライブはまだ死んでおらず、差し迫った故障に直面しています。だから、データを大切に扱ってください。これが優先すべきことです。

ステップ1: ハードドライブがアクセス不能?データを復元します。

ハードドライブが死にかけると、データを失ったりファイルが破損したりするのは普通のことです。まず、既存のデータを保存し、すぐに死にかけのハードドライブから失われたファイルを復元するために移動する必要があります。

ハードドライブのデータバックアップの作成に失敗した場合、EaseUS Data Recovery Wizardのような信頼性の高いデータ復元ソフトウェアが役立ちます。EaseUS Data Recovery Wizardは、ハードドライブが死にかけたり、論理的な問題に直面している場合、ほとんどすべての状況からデータを復元することができます。

以下の問題のあるハードドライブからのデータ復元をサポートします:

  • ハードディスクがRAWになり、開けなくなりました。
  • ハードドライブがフォーマットされていません。
  • ハードディスクが壊れて読めません。

チュートリアルEaseUS Data Recovery Wizardを使ってアクセス不能なハードドライブからデータを復元します

スキャン・プロセスは、不良セクタやその他のエラーがある可能性のある故障のハードディスク・ドライブをスキャンするため、通常の速度よりも少し長くなるかもしれません。このソフトウェアがすべてのデータをスキャンして見つけようとしている間は、辛抱強くお待ちください。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフィルターまたは種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

ステップ2.ハードディスク・ドライブが遅くなったが、動作してます?データをバックアップします。

故障したハードドライブをバックアップする方法は複数あります。EaseUSフリーバックアップソフトウェアはホームユーザーや中小企業の間で人気のある選択です。ほとんどの機能をカバーし、ディスク/パーティション、ファイル、システムを無料でバックアップできます。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションから1つを選びます。

バックアップ種類を選ぶ

ステップ3. バックアップする対象を選びます。

バックアップしたい内容を選ぶ

ステップ4. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASなどに保存することができます。さらに、セキュリティゾーンを作って、バックアップをそこに保存することができます。

保存先を選ぶ

ステップ5. 「ローカルドライブ」→「クラウドデバイス」→「クラウドストレージサービスを追加」をクリックして、バックアップをDriveBox、GoogleDrive、OneDriveなどに保存できます。

クラウドストレージを選ぶ

ステップ6. 「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

データバックアップ手順6

ステップ7.「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。

バックアップ開始

ステップ3.ハードディスクが壊れている、不良セクタが増えています?新しいものと交換してください。

ハードディスク・ドライブの不良セクタが多すぎて、データ復元ソフトウェアでもクイック・スキャンが実行できない場合、これ以上のデータ損失を防ぐために、新しいものと交換する必要があります。

故障したハードドライブを外付けハードドライブまたは新しいハードドライブにすべてのデータと共にクローンするには、EaseUS Disk Copyという別のEaseUS製品を引き続き使用することができます。

ステップ4:故障のハードドライブを復活させます

すべての有用なファイルやデータを安全なストレージデバイスに保存した後、次の行動は、死にかけたディスクを復活させるために可能な方法を見つけることです。以下のトラブルシューティング方法をひとつずつ試してみてください。

方法1.電源ケーブルとSATAケーブルを交換し、BIOSでATA/SATAをオンにします

ハードドライブをPCに再接続し、BIOSでATA/SATAを有効にして、正常に動作しているかどうかを確認する必要があります。

  • PCをシャットダウンし、ハードドライブからデータケーブルを適切に抜きます。
  • データケーブルと電源ケーブルでハードドライブを再接続します。
  • PCを再起動し、F2を押してBIOSに入ります。
  • セットアップに入り、システム・セットアップで検出されなかったハードディスク・ドライブがオフになっているかどうかをシステム・ドキュメントで確認します。
  • オフになっている場合は、システム・セットアップでオンにします。
  • PCを再起動し、Windowsエクスプローラでハードディスクドライブを確認します。

Windowsが自動的にハードドライブにドライバーを再インストールします。再インストールされない場合は、次の手順に進んでください。

方法2.ハードドライブドライバを更新します

  • 「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」に入ります。
  • カテゴリを展開してハードドライブの名前を見つけ、右クリックします。
  • 「ドライバーの更新」を選択します。

ハードドライブドライバの更新

  • 「ドライバーを自動的に検索する」を選択します。
  • Windowsがドライブの新しいドライバを見つけられない場合は、デバイスメーカーのウェブサイトで最新のドライバを見つけてください。
  • 上記の手順でうまくいかない場合は、ドライバを再インストールしてみてください:デバイスマネージャーを開きます。ハードドライブを右クリックし、プロパティで「ドライバーを元に戻す」または「デバイスのアンインストール」を選択します。

ハードドライブドライバのロールバック

  • その後、PCを再起動すると、Windowsが自動的にハードドライブにドライバーを再インストールします。

方法3.不良セクタがディスクを越えていないかテストして確認します

EaseUS Partition Master Freeのテスト機能を使えば、ディスク上の不良セクタの数をチェックすることができます。ある調査によると、既存の不良セクタが20%を超えると、ハードドライブに低速問題が発生する可能性があると言われています。

方法4.保証期間内にハードドライブを修理します

不良セクタが50%を超えると、故障の状態になり、二度と正常に機能しなくなります。

最善の選択は、ハードディスクをカスタマーサービス・センターに持ち込み、保証サービスを受けることです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ