> How to Use > ファイル復旧 > 再生できないwavファイルを復元する方法

再生できないwavファイルを復元する方法

ishi

ishi

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年05月20日に更新

主な内容:

概要:

wavファイルが再生できないとき、ご安心ください。EaseUS Data Recovery Wizard Professionalで3つのステップでwavファイルを復元し再生させます。初心者にとっても簡単!

EaseUS Data Recovery Wizard

再生出来ないwavファイルを修復したい

「自作したwavファイルがあるのですが、録音時にソフトウェアがエラーで強制終了してしまい、再生させようとしてもできません。破損しているのかな?修復、あるいは再生できるようにできるのでしょうか?wavファイルを復元する方法があれば教えてください。」。この間再生できないwavファイルについてのお問い合わせがよく現れました。そういう場合、ファイルを削除しようかと迷っている人が多いでしょう。本記事では、この話題についてお話します。

wavファイルが再生できない原因

  • wavファイルが破損した:ファイルを不適切に処理するなら、ディレクトリ情報やシステム情報が破損されるので、wavファイルが再生できないようになる可能性があります。
  • wavファイルを開けるアプリがない、またはアプリとファイルとの関連付けがない:特定なアプリが特定な拡張子のファイルを開くのは常識です(wavファイルは動画関連アプリで開く)。それで、もしアプリとファイルとの関連付けは間違って変更した場合、または、ファイルを開けるアプリがない場合、Windowsはどのアプリでこのファイルを開くかが分からなくなるので、wavファイルを正確に再生することができません。この場合は、動画関連のアプリをインストールするか、wavファイルと動画アプリとの関連を付け直していればいいでしょう。
  • ウィルスの攻撃:パソコンがウィルスを感染した場合、ウィルスはwavファイルを破壊して、再生できないようになることも可能です。

wavファイルの特徴

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ) (RIFF waveform Audio Format) は、マイクロソフトとIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマットです。主としてWindowsで使われるファイル形式です。ファイルに格納した場合の拡張子は、.wavになります。

  • ウェーブ、ウェブなどと呼ばれている
  • Microsoftが開発したWiindows用の音声ファイル形式
  • 非圧縮ファイルのため、データサイズは重い大きい
  • CDとほぼ同じ音質
  • ジャケット写真や歌詞などは付けられない

今すぐできること

まずは、自分で手元のWAVファイルが破損しているかどうかを判断します。

1.WAVファイルを右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

2.詳細ペインからファイルの情報を確認します。 情報がない場合、ファイルは破損しています。

3.すると、VLCツールを開いて、「メディア」>「変換/保存」>ファイルを追加して、「RAWファイル」として修復します。さらにをWAV形式で保存します。

上記の方法で破損したWAVファイルを修復することが可能です。もしこの方法を試しても、役に立たない場合は、次の内容を飛ばしないように読んでください。

復元ソフトでwavファイルを再生させる

段落1の現象は、wavファイルが破損したのではありません。こういう場合なら、データが上書きされないと、信頼できる復元ソフトで再生できます。安全、効率的な復元ソフト--EaseUS Data Recovery Wizard Professionalを使用すれば、再生出来ないwavファイルを復元し、再生できるようにされることができます。EaseUS Data Recovery Wizard Professionalを使う前に、無料版をダウンロードして、wavファイルが復元できるかどうかを確認することをおすすめします。

再生できないwavファイルを復元する手順

EaseUS Data Recovery Wizard Professionalは専門な復元ソフトですけど、操作が極めて簡単です。初心者でも三つのステップで復元したいファイルを復活させます。その上、削除、フォーマット、パーティション紛失、システム障害、ウィルス攻撃によって消失したデータをPCやほかの記憶メディアからファイルを復元します。そして、EaseUS Data Recovery Wizard Professionalでwavファイルを復元する手順をご説明します。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

詳しい手順は以下のチュートリアルビデオにご参照ください

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ