> How to Use > ファイル復旧 > USBメモリで紛失されたドキュメントファイルを復旧する方法

USBメモリで紛失されたドキュメントファイルを復旧する方法

2016-10-26 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
パソコンで仕事をする人にとって、ドキュメントファイルの作成はよくあることです。そのドキュメントファイルを共有または転送するためにUSBメモリに入れるのも一般的なことです。もしUSBメモリ障害で中身のドキュメントファイルが紛失されたら、どうすれば、その紛失されたドキュメントファイルを復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

USBメモリでのドキュメントファイル紛失

「仕事のため、ドキュメントファイルをUSBメモリに入れて保存しています。しかし先日USBメモリをパソコンに接続した時、間違ってUSBメモリをフォーマットしていまい、中のドキュメントファイルも全部紛失されました。とても大事なドキュメントなので是非復旧させたいです。USBメモリで紛失されたドキュメントファイルを復旧する方法があれば是非教えてください。お願いします。」

フォーマットでデータは消えない

フォーマットをしたら、データも一緒に消えてしまうのではないかと思われる方も多いと思います。しかし、実際にはデータは削除されていません。フォーマットの仕組みを考えてみれば、それは難しくありません。フォーマットは、インデックスを削除することで新しいファイルシステムを構築します。そのため、特定のファイルはどこにあるのかわからなくなってしまうだけで、ファイル自体は存在しているのです。

USBメモリでの紛失ドキュメントを復旧する方法

USBメモリでデータ紛失が起こったら、すぐにUSBメモリの使用を停止し、データの書き込みをしないようにすることが重要です。ここで、USBメモリ対応のデータリカバリソフト復元ソフト―EaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。USBメモリの他、SDカード、外付けHDDなどあらゆるの記憶装置から紛失データを復旧できます。データ紛失に困っている方は是非試してみてください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

USBメモリでの紛失ドキュメントを復旧する操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で取り戻したいドキュメントを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

ドキュメントを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたファイルを一つずつ確認して選択することができます。

ドキュメントを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいドキュメントを指定して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を選定してください。上書きをしないため、ドキュメントの元ディスクと異なる場所を選択してください。

ドキュメントを復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

チュートリアルビデオ

 

無料で
USBメモリを
復活する!

強力なスキャン機能で、USBメモリを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。