> How to Use > 記憶媒体復旧 > 「フォルダが空」の表示されたUSBメモリを復元するフリーソフト

「フォルダが空」の表示されたUSBメモリを復元するフリーソフト

ishi

ishi

|カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年03月16日に更新

主な内容:

概要:

「このフォルダは空です」と表示されたUSBメモリの中のデータが全部なくなりました。しかし、実は、フリーソフトを使って自分でも紛失したデータを復元できます。EaseUS Data Recovery Wizard Freeでデータを取り戻す方法を説明します。

EaseUS Data Recovery Wizard

USBメモリは「このフォルダは空です」と表示された

いつも通りUSBメモリを使おうとしたら、「このフォルダは空です」と表示されました。プロパティでデータ容量を確認したところ、データはあるみたいでした。自分としてはUSBメモリのデータを削除した記憶はないので、データはあるけどUSBのデータを読み込むところが壊れているからデータを表示できないのかな?と考えているんですが…私はパソコンの事についてよくわからないので、USBメモリの中身を復元できますか。できるだけくわしく教えていただけたらと思います。よろしくお願いします。

USBメモリ「このフォルダは空です」と表示される理由

  • 隠しファイルになっている
  • USBドライブがウイルス感染している
  • USBドライブのパーティションにいくつかのエラーがある

USBメモリ「このフォルダは空です」可能な原因例と対策

USBのフォルダーファイルを非表示にした

USBメモリがPCにちゃんと認識されている場合は、USBメモリにあるファイル/フォルダーを非表示にしたら、USBが空になります。この場合は、ファイル/フォルダーを再表示していればこの問題を解決できます。隠しファイル・隠しフォルダーを表示する方法はリンクページで参照してください。

USBのファイルシステムが間違っているか破損している

ファイルシステムの破損によってUSBメモリのファイルとフォルダは見えなくなるかもしれません。

ファイルシステムはOSがファイルを管理する仕組みのことで、ディスク上のファイルの配置やファイルへのアクセスなどの機能を持っています。

ファイルシステムが破損している、またはRAWとして表示されている場合、ファイルにアクセスすることはできなく、エラーメッセージは表示されます。例えば、USBメモリがRAWと表示されている場合、USBメモリにアクセスする時に「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。」エラーメッセージが表示されます。

USBファイルシステムエラー

もし、この原因でUSBメモリのファイルとフォルダは見えなくなる場合は、USBメモリ「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません」の対処法に従って問題を解決しましょう。

USBメモリ「このフォルダは空です」対処法

もし、業者に頼めば何万円もの費用がかかってしまいます。真っ先に業者に駆け込む前に、自力でどうにか解決できないか試してみましょう。

対処法1. ウイルス対策ソフトウェアを実行

USBメモリがウイルス感染していることが疑われたら、ウイルス対策ソフトウェアを実行して、USBメモリにウイルスが存在するかどうかを検出してみます。もし、ウイルスの存在が確認されたら、アンチウイルスソフトウェアを利用してウイルス対策を行ってください。

対処法2. 隠しファイルの表示

ウイルス対策ソフトウェアによる検証で、ウイルスの存在が確認されなかった場合、ファイルが隠しファイルになっている可能性があるので、ファイルエクスプローラーを使って隠しファイルを表示する方法を試してみます。

ファイルエクスプローラー」を開く>「表示」>「隠しファイル」をチェック

隠しファイルを表示する

また、ファイルエクスプローラでは、「ファイル」>「フォルダと検索オプションの変更」>「表示」>「隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライバを表示する」>「適用」の手順によっても、隠しファイルを表示することもできます。

この手順で、隠しファイルが表示されるはずですので、確認してみてください。

対処法3. USBメモリのフォーマット

USBメモリ「このフォルダは空です」エラーが発生する場合、USBメモリのファイルシステムに不具合があって正確に使用できないのは一般的です。だから、USBメモリをフォーマットするのはいつも役に立つ対処法だと思います。USBメモリをフォーマットすると、USBメモリを正常な状態に戻すことができます。

ステップ1.USBメモリのフォーマット操作は、中に保存しているデータがすべて消去しますので、まずは下記の万能対策でUSBメモリのデータを復元する必要があります。

ステップ2.もしデータの復元が終わったら、パソコンで「ディスクの管理」を開き、USBメモリを右クリックして、「フォーマット」をクリックします。

ディスク管理で初期化

USBメモリ「このフォルダは空です」の万能対策

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、USBメモリからあらゆるデータ損失の問題を解決できる専門なフリーソフトです。フォーマット、削除、アクセスできないUSBメモリの中のフォルダを救出できます。USBメモリをはじめ、HDD、外付けHDD、メモリカード、デジカメなどの記憶メディアから紛失またはほかの原因不明のデータ損失に対応できます。EaseUS Data Recovery Wizard Freeをダウンロードして、失われたデータを復元してみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.15


「パソコンレッスンTVオンライン」様によるレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardを実際にお使い頂き、データ復元に挑戦していただきました。こちらの動画で、EaseUS Data Recovery Wizardによるデータロス問題解決が、どれほど簡単に行えるのか確認してみてください。

 

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

まとめ

USBメモリ「このフォルダは空です」というエラーが発生すると、一番確認すべきことは、隠されているファイルがあるかどうかを確認することです。そして、ウィルスへの感染が「このフォルダは空です」エラーを引き起こすことが多いので、ウィルス対策ソフトを使って、ウィルスを消去することもこちらのおススメです。前述のいずれかの操作もエラーを解決できない場合、データ損失を防ぐため、データ復旧ソフトを使って、データを取り戻しましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ