> How to Use > データ復旧 > usbメモリ「認識可能なファイルシステムではない」エラーの対策

usbメモリ「認識可能なファイルシステムではない」エラーの対策

James.R

James.R

|カテゴリ:データ復旧| 2021年02月05日に更新

主な内容:

概要:

usbメモリをパソコンと接続すると「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。」と表示され、中のファイルにアクセスできなくなります。この状況に直面した場合の対策がありますか。本記事ではいい対策を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

「認識可能なファイルシステムではありません」エラー

いつものようにusbメモリーをPCに差し込むと、突然、「このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください。」のエラーが出ます。さらに、 中のファイルを読み込むことができなくなります。

認識可能なファイルシステムではありませんのエラー

この場合で、まずusbメモりに問題があるかまたはパソコンに問題があるかを確認します。確認の方法は他のパソコンと接続してやってみます。また同じようなエラーが出たら、usbメモリのファイルシステムが壊れた可能性が高いです。直接にフォーマットすると正常状態に戻りますが、中のデータが全部消えると困る方もいるでしょう。中のデータを消したくないなら、フォーマットなどの操作をしなくて、先にデータ救出の対策をとってください。

次は、初心者でも使いやすいデータの復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」を紹介します。簡単な三つのステップにより、usbメモリからデータを救出できます。

「認識可能なファイルシステムではありません」の原因と対処法

ウイルス感染

ストレージがウイルスに感染している場合があります。この場合、ウイルスによってファイルシステムが損傷し、オペレーティングシステムによってそのファイルが読み取れなくなっている可能性があります。または、ウイルスによってファイルが隠されていることも考えられます。

(対処法)

この原因が考えられる場合、アンチウイルスソフトを利用してデバイスをスキャンし、問題がないか確かめ、ウイルスやマルウェアを削除しましょう。

ボリューム・ディスクの暗号化

USBドライブが暗号化されていることがあります。暗号化されると、データのファイル形式を変換することにより、持ち主以外の他のユーザーが文章や画像などのデータファイルを閲覧できなくなります。本来はセキュリティ保護のために使われますが、誰か他の人によって意図的に、また非意図的に暗号化された場合も考えられます。

(対処法)

復号化する必要があります。また、場合により、復号化する前のUSB内のデータを別のHDDにバックアップしておくと良いでしょう。

ファイルシステム破損

ファイルシステムが破損すると、システムファイルが間違って削除されたり、ドライバが正常に起動できなくなったりする可能性があります。これは、適切な方法でコンピュータを操作しない場合に起こることがあります。

(対処法)

復元する際、データの損失は避けられませんが、下記で紹介するソフトウェアを使用すればデータを救出することができるでしょう。

不良セクターの存在

不良セクターが存在すると、データの書込みや読み込みができなくなってしまいます。この不良セクタは、ディスクに保存された重要なデータに損傷を与え、データ紛失を引き起こしたり、ディスクスピードを低下させたりします。不良セクタは、「コンピュータの突然のシャットダウン/システムのクラッシュ/マルウェアによる攻撃/汚れや塵の影響/ハードドライブの過熱/ハードウェアが寿命になる/静電気の影響」等によって発生します。

(対処法)※Windows10/8

「マイコンピュータ」で、変な動作をしているドライブを右クリック>「プロパティ」>「ツール」>「確認」>スキャン結果を確認>「ドライブのスキャンと修復」>「ファイルシステムを修正する時間」>スキャンと修復が終了したら、パソコンを再起動

ストレージデバイスが物理的なダメージを受けている

USBドライブの傷、摩擦、または衝突などの物理的ダメージによる不具合が考えられます。

(対処法)

物理的に対処する必要がありますが、USB内のデータを守るために、下記のソフトウェアを使用し、データを救出することをおすすめします。

対処法:完全にUSBメモリの「認識可能なファイルシステムではありません」エラーを修復

ステップ1.「認識可能なファイルシステムではない」エラーのusbメモリからデータを救出

まずは、下記のダウンロードボタンをクリックし、データの復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」をパソコンにインストールしてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.15


「パソコンレッスンTVオンライン」様によるレビュー

EaseUS Data Recovery Wizardを実際にお使い頂き、データ復元に挑戦していただきました。こちらの動画で、EaseUS Data Recovery Wizardによるデータロス問題解決が、どれほど簡単に行えるのか確認してみてください。

 

復元したいデータの容量は2GB以内の場合、「EaseUS Data Recovery Wizard Free」を使用すると十分だと思います。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

注意:復元されたファイルをusbメモリ以外のデバイスに保存してください。データをusbメモリに保存すると、元のデータが上書きされてしまいます。

EaseUS Data Recovery Wizardでusbメモリのデータを他のデバイスに復元した後、usbメモリをフォーマットしても大丈夫です。フォーマット完了のusbメモリは正常状態に回復できます。

ステップ2.「認識可能なファイルシステムではありません」エラーを修復する

「認識可能なファイルシステムではありません」エラーが発生するUSBメモリからデータを救出した後、この部分の内容に従って、「認識可能なファイルシステムではありません」エラーを修復して正常な状態に戻すことができます。

ディスク管理で初期化1

1. Windows 10/8では、windows + Rを同時に押して、diskmgmt.mscとタイプして、「OK」をクリックしてディスク管理を開きます。Windows 7では、「コンピューター」を右クリックして、「管理」を選択します。

ディスク管理で初期化2
2. 「認識可能なファイルシステムではありません」エラー発生しているUSBメモリを右クリックして「ディスクを初期化」を選択します。
3. ダイアログボックスで、当該ディスクを選択して、パーティションの属性(MBR或いはGPT)を指定してから、エラーUSBメモリのフォーマットを実行します。

ステップ3.救出したデータを再びUSBメモリに入れる

「認識可能なファイルシステムではありません」エラーがあるUSBメモリをフォーマットしたら、そのUSBメモリの状態が一新され、再び利用可能になります。ここで、ステップ1で救出したデータを正常状態のUSBメモリに入れたら、完了です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ