> How to Use > データ復旧 > 【Windows |Mac対応】word/Excelの自動保存機能を無効にする方法

【Windows |Mac対応】word/Excelの自動保存機能を無効にする方法

Yiko

Yiko

|カテゴリ:データ復旧| 2021年09月24日に更新

主な内容:

概要:

Windows や macOSで、 Excel, Word,及び PowerPoint のMicrosoft Officeツールの自動保存機能を無効にする方法を紹介します。本記事では、自動保存機能とそれをオフにする方法を詳しく紹介します。また、Word文書またはExcelファイルが失われたら、 EaseUS Office データ復元ソフトをダウンロードして、ファイルを簡単に取り戻せます。

EaseUS Data Recovery Wizard

Word/Excelの自動保存機能とは

一般的には、Microsoftの自動保存機能はデフォルトの場合で有効にしている状態です。この自動保存機能は、ファイルが  Microsoftの OneDrive またはMicrosoft 365のSharepoint に保存されているときに機能しています。自動保存機能は、ファイルを保存せずに変更したい場合があるため、便利です。ただし、ここでは一つの問題があります。officeソフトで行った全ての変更は自動的に保存されています。つまり、元々のファイルが上書きされてます。なので、それをオフにする方法を求めています。

自動保存機能

「Windows向け」Word/Excelの自動保存機能を無効にする

Windows 10/8.1/8/7のOSを使っている場合は、以下のステップに従って、ワードとエクセスの自動保存機能をオフにします。

操作手順

ステップ1. Word, Excel, PowerPointのプログラムを開いて、「ファイル」をクリックします。

ステップ2.一番下の「オプション」をクリックします。右側の「保存」のところに移動します。

ステップ3.「次の間隔で自動回復用データを保存する」前のチェックボックスにオフにします。

「Mac向け」Word/Excelの自動保存機能をオフにする

個々のファイルの自動保存をオフにすると、アプリケーションはそのファイルを再度開くたびに自動保存をオフのままにしておくことを忘れないでください。Macで自動保存をオフにする場合は、状況が少し異なる可能性があります。

操作手順

ステップ1.Excel、Word、またはいずれかのOfficeプログラムを開き、画面上部のツールバーでExcel(例として)をクリックします。

ステップ2. [設定]をクリックします。

ステップ3. [設定]ダイアログボックスで、ボックスの下部にある[共有とプライバシー][保存]ボタンをクリックします。

ステップ4.デフォルトで[自動保存をオンにする]の選択を解除します。

PCで紛失されたワードやエクセルファイルを復元する方法

Microsoft Officeのプログラムの自動保存機能はデータの損失を抑えるための役に立つ機能です。その自動保存機能を無効すると、データ損失のリスクを伴うこともあります。なので、そういう現状に見裾て、データ復元ソフトを準備してくことが不可欠です。 Officeファイル復元ソフトを備えれば、削除または紛失されたデータを簡単に復元することができます。ここでは、EaseUS Data Recovery Wizard.というソフトをお勧めます。勧めの理由は2点があります。一つは、このソフトが無料版あるので、ファイルの損失が気づいた時点で、ソフトを使って無料で復元することです。もう一つは、このソフトのUIデザインがシンプルで数クリックしてデータを安全かつ効率的に回復することができます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でOfficeファイルを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

Officeファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたOfficeファイルを一つずつ確認して選択することができます。

Officeファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいOfficeファイルを指定して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を選定してください。上書きをしないため、PowerPointの元ディスクと異なる場所を選択してください。

Officeファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

結論

自動保存機能はエクセル、パワポ、ワードのMicrosoft 365 でよく使われています。一般的には、データ保護するために、この機能はオンに設定しています。しかし、それを無効にしたい場合もあります。このとき、本記事で提供されている記事が参考になります。また、自動保存機能を無効にした場合、データを保護するために、データ復元ソフトをPCにインストールすることをお勧めます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ