> How to Use > ファイル復旧 > 解決済み:MSVCR110.dllがないため、プログラムを開始できません

解決済み:MSVCR110.dllがないため、プログラムを開始できません

2018-01-26 14:52:15 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
WindowsのPCでソフトを開こうとする場合、「コンピューターにMSVCR110.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてください。」といったエラーメッセージが表示されて、プログラムの開始に失敗してしまいました。このエラーを解決するには、どうすればいいのでしょうか。この記事では、もっとも評価されている2つの対策を皆さんに紹介しますので、必ずご参照ください。

MicrosoftからMSVCR110.dllの定義

このエラーは、Microsoft Visual C++ 2012 再頒布可能パッケージを必要とするソフトウェアを実行する際に表示されます。この再頒布可能パッケージは、x86 版または x64 版のいずれも Microsoft Web サイトで簡単にダウンロードできます。インストールするソフトウェアに応じて、32 ビット版または 64 ビット版のいずれかをインストールしてください。

エラー

ゲームなどのプログラムを実行する時によく発生するMSVCR110.dll関連のエラーの詳細なメッセージは下記:

コンピューターにMSVCR110.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてください。

MSVCR110.dllのエラーメッセージ

それでは、このエラーが発生した時、どうすれば解決できますでしょうか。このエラーが発生する原因といえば、MSVCR110.dllがなくなることになるので、ソフトの再インストールはこのエラーを解決できるかもしれません。また、面倒を避けるため、下記で最も信頼性の高い対処法を皆さんに紹介します。

対処法1.データ復旧ソフトを使って紛失MSVCR110.dllファイルを取り戻す

MSVCR110.dllがなくなる場合、高機能且つ無料なデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery Wizard FreeでMSVCR110.dllファイルを復元するのをおススメです。以下の3ステップでファイルを取り戻すことが可能です。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

また、このソフトと使って、USBのデータ復元及びsdカードのデータ復旧も可能ですので、是非下記のダウンロードボタンをクリックして無料体験してみましょう。

対処法2. Microsoft Visual C++ 2012を再インストールし、MSVCR110.dllを再頒布

対処法1に従って紛失したMSVCR110.dllファイルが見つからない場合は、エラーメッセージの指示に従って、プログラムを再インストールしてください。さて、どのようなプログラムを再インストールしますか。その答えは、Microsoft Visual C++ 2012です。上下記のリンクをクリックすれば、Microsoft Visual C++ 2012をダウンロードすることが可能です。

Visual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。