> How to Use > ファイル復旧 > Ctrl Xデータ復元 | Ctrl X操作でファイルが勝手に消えてしまった

Ctrl Xデータ復元 | Ctrl X操作でファイルが勝手に消えてしまった

2018-01-04 17:19:00 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
この記事では、Ctrl X操作でファイルが勝手に消えてしまった、若しくはファイル転送中で消えたファイルを復元する方法を紹介しますので、必ずご参照ください。

Ctrl Xでファイルを切り取りして、他の場所に貼り付けるのは、全てのWindowsユーザが日ごろから毎日やっていることでしょう。ただし、Ctrl X操作でファイルが消えた、若しくは貼り付けの途中でファイルが急に消えてしまうことも少なくありません。そのようなトラブルが起こった場合、どうすればいいのでしょうか。消えたファイルの復元は可能でしょうか。それでは、次はCtrl X操作で勝手に消えたファイルを復元する方法を皆さんにご紹介します。

Ctrl Xデータ復元について

Ctrl X操作でファイルが勝手に消えるといったトラブルはそんなに珍しくありません。しかし、本文で掲載されている方法を参照していれば、ファイルがなくなっても取り戻すことが可能です。
Ctrl X操作で消えたファイルを復元するには、サードパーティーのデータ復旧ソフトが必要となります。市販のデータ復旧ソフトは様々ありますが、どうやって最適なソフトを選べばいいのでしょうか。ここで、EaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにおススメします。このソフトを使えば、たったの数クリックだけでなくなったファイルを復旧することができます。さて、下記で、ステップバイステップのチュートリアルを参照しましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

Ctrl Xデータ復元の操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

以上の操作でCtrl X操作で勝手に消えてしまったファイルの復旧は簡単に行えますので、是非試してみてください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。