> How to Use > ファイル復旧 > Windowsで未保存/紛失/破損したAdobe Acrobatファイルを復元する

Windowsで未保存/紛失/破損したAdobe Acrobatファイルを復元する

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年09月29日に更新

概要:

もし編集中のPDFファイルをまだ保存していないのに、Adobeソフトがクラッシュしてしまったら、どうすればいいですか?本文では、未保存/紛失/破損したAdobe Acrobatファイルをも復元する方法を皆さんに紹介しますので、ご心配なさらないでください。

 

Adobe Acrobatは、Adobe Inc.によって開発されたPDFファイルの閲覧/作成/編集用のソフトです。PDFは、世界中で広く使われているドキュメントファイルのフォーマットの1つとなります。様々な個人ユーザーや組織は、PDFファイルを作成して資料を保存します。

Adobe Acrobatファイルを復元することが可能か?

PDFファイルを保存せずにAdobe Acrobatを閉じてしまった、または、PDFファイルを編集中にAdobe Acrobatがクラッシュした場合、未保存のAdobe Acrobatファイルを復元することが可能ですか?幸いことに、Adobeの自動保存機能を使って未保存のAdobe Acrobatファイルを復元することを試すことができます。また、もしPDFファイルを保存しましたが、誤操作やウィルス攻撃などによって紛失した場合、データ復旧ソフトを使って復元することもできます。それでは、本文を読み続けてPDFファイルの復元をもっと知りましょう。

1.未保存/保存し忘れのAdobe Acrobatファイルの復元方法

データを紛失することを避けるため、Adobeのソフトには「自動保存」という機能があります。デフォルト設定としてAdobe Acrobatの自動保存機能がオンにされています。この自動保存機能は、一般的には5分間間隔で編集中のファイルを一度保存します。
自動保存の設定を確認するには、「編集」→「環境設定」の順にクリックし、環境設定ダイアログボックスから「文書」カテゴリを選択します。ここで保存機能をオフ/オンにすることもできますし、自動保存の間隔を設定することもできます。
それでは、もし未保存のAdobe Acrobatファイルを復元したい場合は、まずAdobe Acrobatファイルの自動保存場所を知る必要があります。それから、Adobe Acrobatの自動保存場所で未保存ファイルの自動保存ファイルを見つけて復元することができます。

ステップ1.下記のAcrobatのTEMPファイルの保存場所にアクセスします:

  • C:\Users\username\AppData\Roaming\Adobe\Acrobat\DC

Adobe Readerを使っている場合:

  • C:\Users\username\AppData\Local\Temp\Adobe\Reader\11.0

Adobe readerの自動保存場所

ステップ2.上記の場所でTEMPファイル(自動保存ファイル)を見つけて、当該ファイルを他の場所に複製します。

注:TEMPファイルの拡張子はオリジナルファイルの拡張子とは同じではありません。 *.dat/*.tmpの場合は多いのです。

ステップ3.TEMPファイルの拡張子を*.pdfに変更します。

ステップ4.拡張子変更済みのファイルを開いて復元状態を確認します。

Adobeのサポートセンターによりますと、自動保存機能はソフトがクラッシュ、パソコンがシャットダウンの場合のみ、自動保存ファイルを生成します。もし正常にソフトを閉じる場合は、保存状態を問わずソフトを正常に閉じる時点に、自動生成したTEMPファイルがソフトによって削除されます。だから、もしソフト/パソコンのクラッシュに遭ったことがない場合、自動保存ファイル/TEMPファイルから未保存のAdobe Acrobatファイルを復元することができない可能性があります。

2.紛失/破損のPDFファイルを復元する

未保存のPDFファイルの他、システムアップグレードやウィルス攻撃などの原因によってPDFファイルを紛失する可能性があります。また、もし下記の問題が起こりましたら、PDFファイルが破損になる可能性もあります。

  • PDFファイルを読み込めません
  • ルートオブジェクトが無効
  • ファイルを開くとエラーが発生
  • ファイルが破損
  • ソフトで開かない
  • エラー処理ページ

もし上記の問題に遭った場合、何かファイルを上書きする恐れがある操作をも実行しないで、すぐにゴミ箱でファイルが存在するかどうかをチェックする必要があります。もしファイルがゴミ箱で見つけれない場合は、データ復旧ソフトを使って、当該ファイルを復元/修復することがこちらのおススメです。

では、下記のダウンロードボタンからEaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトを取得してPDFファイルの復元を始めましょう。

ステップ1.データ復旧・修復ソフトを開き、最初画面でPDFファイルが保存されている場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

PDFファイルを復元・修復するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、全てのファイルが検出されることが可能です。それから、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開のリストで「ドキュメント」指定することでドキュメントファイルのみを表示することができます。PDFファイルだけを表示したい場合、検索ボックスで「.pdf」を入力して絞り込むことができます。

PDFファイルを復元・修復するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいPDFファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。それから、選択されたファイルの保存場所を指定する必要があります。データの上書きを避けるため、保存場所をPDFファイルの元場所と異なるディスクと選択してください。ここまでは復元は終わりました。

ご案内:PDFファイルが破損する場合は、当該ファイルを復元する時に自動的に修復されます。

PDFファイルを復元・修復するステップ3-ファイルの保存

3.AdobeでPDFソフトを修復する

ファイル破損ではなく、時々PDFファイルを正常に開くことができない原因は、PDFソフトが破損されているからです。このような場合、PDFソフトを修復する必要があります。下記は、最も通用するPDFソフトの修復方法を皆さんに紹介します。

方法1.最新バージョンのソフトをダウンロード

まず、現在使用中のPDFソフトをアンインストールして、公式サイトから最新バージョンのPDFソフト- Adobe Acrobat/Readerをパソコンにダウンロードします。

方法2.ソフトのアップデートを確認

Adobe Acrobat/Readerのアップデートを確認するには、Adobeのソフトを開き、「ヘルプ」→「アップデートの有無をチェック」の順にAdobe Acrobat/Readerのアップデートがあるかどうかを確認することができます。

adobe readerのアップデートの確認

「解説」Adobe AcrobatとAcrobat Readerの違い

ここまでは、未保存/紛失/破損するAdobe Acrobatファイルの復元/修復方法を紹介しました。しかし、Adobe AcrobatはAdobe家族で唯一のPDFファイル用のソフトではありません。Acrobat Readerも非常に使いやすいPDFファイル用ソフトです。一般ユーザーにとって、この2つのソフトの違いが分からないかもしれませんので、ここで簡単に解説していきたいと思います。

Acrobat Reader:PDFファイルの読み込み、PDFファイルの基本編集(フォームを記入、ハイライト表示など。)
Adobe Acrobat:他の形式から新しいPDFファイルを作成、PDFファイルへ様々な変更を入れる、PDFファイルに内容を追加、セキュリティ設定など。

ということで、Adobe AcrobatはAcrobat Readerの全機能を備えていますし、もっと高度な機能もいっぱい追加されています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。