> How to Use > ファイル復旧 > Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法

Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元する方法

2017-03-23 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Microsoft Security Essentialsはマイクロ配布の無料ウイルス対策ソフトで、Windows 7まで対応しています。しかし、Microsoft Security Essentialsは正常なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまうケースが発生したようです。Microsoft Security Essentialsに間違って削除されたファイルを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Microsoft Security Essentialsがファイルを誤削除

「Microsoft Security Essentialsを今まで使ってきました。無料で優れたウイルス対策ソフトですが、先日ウイルスの検索、削除を行った時、ソフトが大事なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまいました。とても重要なファイルなので、是非復元したいです。何か方法があるでしょうか?」

Microsoft Security Essentialの利点

  • 総合的な保護 - Microsoft Security Essentials は、スパイウェア、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、およびその他のマルウェアから PC を防護できます。
  • 入手しやすく使いやすい - Microsoft Security Essentials は無料で利用できるため、支払いや個人情報収集などの登録プロセスがありません。簡単なダウンロードによるインストールと最新のテクノロジによる自動更新が適用され定義ファイルが更新されます。
  • 静穏な保護 - Microsoft Security Essentials は、ユーザーを煩わせません。バックグラウンドで静かに実行され、PC がアイドル状態になる可能性が特に高い時間にスキャンを行うようにスケジュールを指定できます。警告などは、ユーザーが実際に操作する必要がある場合にのみ表示されます。(参考

Microsoft Security Essentialsに削除されたファイルを復元する方法

Microsoft Security Essentialsはマイクロ配布の無料ウイルス対策ソフトで、Windows 7まで対応しています。しかし、Microsoft Security Essentialsは正常なファイルをウイルスと誤認し、削除してしまうケースがよくあります。

重要点

1.データは完全に消されたわけではなく、内部的にはきちんと存在している

2.データが上書きされるのを防ぐため、ファイル損失に気がついた時点で操作を中断する。

3.早ければ早いほど、データ復旧率が高まる

ここで、無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。ウイルス対策ソフトに間違って削除されたファイルでも、上書きされない限り、復元することが可能です。是非試してみてください。

削除されたファイルを復元する操作手順

Step1.「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、インタフェースですべてのディスクとドライブがリスクされています。削除したファイルの保存場所を選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

Step2.次はスキャン画面に入ります。先には削除されたファイルは検出します。ここでデータを絞り込んでふくげんできますが、スキャンのプロセスが終了するまで待つのがおすすめです。

削除したファイルを復元するステップ2

Step3.スキャンが終わると、復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元できます。削除の操作でファイルの名前やプロパティなどを紛失する可能性もあるので、「復元候補」のなかで探すことができます。

削除したファイルを復元するステップ3

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。