> How to Use > ファイル復旧 > 7-Zip解凍エラーを修復する方法

7-Zip解凍エラーを修復する方法

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年12月31日に更新

概要:

7-Zipのファイルを解凍しようとした場合、いつも「書庫として開くことができません」などの解凍エラーが発生したらどうすればいいのでしょうか。この記事で掲載されている方法を参照してエラーを修復しましょう。

 

7-Zip解凍エラーが発生

7-Zipのファイルに対応している解凍ソフトは多くないですが、日本では「7-Zip File Manager」「Explzh」「Lhaz」などを使っている人が多いようです。それでは、7-Zipのファイルの解凍ソフトを使って解凍しようとした場合、どうすればいいのでしょうか。次はその対処法を皆さんに紹介します。

7-Zip解凍エラーを修復

もしも大事な圧縮ファイルを解凍できないと、本当に焦りますよね。それでは、次の3つの対処法を皆さんに紹介します。

方法1.「書庫として開くことができません」エラー解消

書庫として開くことができません」というエラーメッセージがほとんどExplzhで出てきます。

Explzhはデフォルトでは7zファイルの解凍/圧縮はできません。必要なDLLが初期段階ではインストールされていませんから。
Explzhを単独で起動して、F9ボタンを押すと各種書庫DLLがダウンロードされます。
後はオプションシェルエクステンション関連付け設定で、7zファイルをExplzhに関連付けしてやればOKです。
それを行って、それでもダメなときはそのファイル自体が壊れています。.7Zファイルの復元が必要となります。

方法2.ウィルスをチェック、解凍ツールをダウンロードし直す

通常、ウィルスが7-Zipのファイルに損害を出して、7-Zipのファイルが開けない原因にもなります。ですので、まずウィルスを除去する必要があります。AVGなどのウィルス対策ソフトでウィルスを除去することができます。
そして、解凍ツールをもう一度ダウンロードしインストールして下さい。そして解凍できるかどうかをチェック、依然としてできない場合、読み続けてください。

方法3.7-Zip解凍エラーファイル復元

以上の方法を試しても解凍できない場合、EaseUSのデータ復旧フリーソフトで7-Zipのファイルの復元を試してみてください。この無料ソフトは、7-Zipのファイルだけではなく、3000種類以上のデータを復元することができます。しかも、画像や動画、EXCELなどのファイルが破損しても修復することが可能です。

また、一般的には、圧縮ツールを使う場合は、圧縮データの容量が制限あります。圧縮ツールのデータ容量は、圧縮前が最大4GB、圧縮後が最大2GBです。この高機能のデータ復旧フリーソフトは、無料復元容量が2GBがあります。そこで、一部分のユーザー様によって十分だと思います。足りない場合は、有料版を検索することも良いです。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

以上で操作手順で失われたファイルを取り戻すことができます。ただし、データの上書きを避けるため、データをそのまま元の場所に保存してはいけません。他のディスクまたはドライブに保存してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。