> How to Use > ファイル復旧 > Windows10スタートアップフォルダの場所と変更方法

Windows10スタートアップフォルダの場所と変更方法

Yiko

Yiko |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年04月22日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10またはWindows 11のスタートアップフォルダはどこですか?スタートアップで自動的に実行するプログラムを追加する方法は何ですか?この記事では、スタートアップフォルダが機能しないのを修正する方法や、信頼できるデータ復元ソフトウェアを使ってWindows 10で削除されたスタートアップフォルダを復元する方法を詳しく紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

windowsスタートアップフォルダは隠された重要なシステムフォルダです。スタートフォルダにあるプログラムはPC起動時に実行します。

Windows 10のスタートアップフォルダはどこですか?

スタートアップフォルダには、Windowsで起動するために必要なプログラムのショートカットが保存されています。Windows 10/11のスタートアップフォルダーは、以下のパスで見つけ、アクセスすることができます。

現在のユーザーのスタートアップフォルダーの場所は、次のとおりです。

  • C:\Users\Username\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

Windows 10のスタートアップフォルダ場所

すべてのユーザーのスタートアップフォルダの場所は、次のとおりです。

  • C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

Windows 7のスタートアップフォルダ場所

コマンドでWindows 10のスタートアップフォルダを検索する

コマンドでWindows 10のスタートアップフォルダーにアクセスすることもできます。

操作手順

ステップ1. Win+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」ボックスを開きます。

ステップ2. shell:startupと入力し、「OK」を押して、カレントユーザーのスタートアップフォルダを開きます。

コマンドでWindows 10のスタートアップフォルダを検索する手順1

または、shell:common startupと入力して、「Enter」キーを押して、All Users Startupフォルダを開きます。

コマンドでWindows 10のスタートアップフォルダを検索する手順2

Windows 10で隠しファイルを表示する方法

AppDataは、システムで保護された隠しフォルダです。これにアクセスするには、隠しファイルを表示にするように、いくつかの設定を変更する必要があります。 

操作手順

ステップ1. Win + Eキーを押して、Windowsファイルエクスプローラを開きます。

ステップ2. 上部のツールバーで、「表示」タブ > 「オプション」をクリックします。

ステップ3. フォルダオプションのウィンドウで「表示」タブをクリックし、「隠しファイル、フォルダ、およびドライブを表示する」にチェックを入れます。

ステップ4. 保護されたオペレーティングシステムファイルを隠す」が選択されている場合は、チェックを外します。

ステップ5. 「OK」をクリックし、すべての変更を保存します。

Windows 10で隠しファイルを表示する方法

Windows 10でスタートアップフォルダーにある

スタートアップフォルダWindows 10で実行するプログラムを変更するにはどうすればよいですか?以下の手順で簡単にスタートアップフォルダーにアプリを追加したり、削除したりすることができます。 

スタートアップフォルダーで実行するアプリを追加する

操作手順

ステップ1.自動起動させたいアプリを探します。右クリックして「その他」を選択し、「ファイルの場所を開く」を選択します。プログラムのショートカットが保存されている場所が開かれます。ファイルの場所を開くオプションがない場合、そのアプリケーションはスタートアップで実行できないことを意味します。

ステップ2.コンピュータのスタートアップフォルダの場所に行くか、上記のコマンドを使用して開きます。

ステップ3. アプリケーションのショートカットをコピーして、スタートアップフォルダに貼り付けます。そうすると、Windowsが起動したときに自動的に起動するようになります。

スタートアップフォルダ内のWindows 10スタートアッププログラムを削除する

操作手順

ステップ1.このファイルパスでスタートアップフォルダにアクセス:C:\Users\Username\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

ステップ2.スタートアップで開きたくないプログラムを右クリックし、「削除」をクリックします。すると、パソコンを起動してもアプリが起動しなくなります。

プログラムのショートカットは、ごみ箱を空にするまで残ります。

Windows10のスタートアップフォルダが機能しないの問題を修正する方法

コンピュータにログインするたびに、お気に入りのプログラムはすでに自動的に開いており、これは多くの時間を節約します。もしプログラムが自動的に開かなくなったら、どうしますか?Windows 10のスタートアップフォルダが動作しないのを修正するにはどうすればよいですか?これらの方法を試してみてください。

方法1. タスクマネージャでWindowsのスタートアップを確認する

タスクマネージャで、スタートアップフォルダがアプリを読み込むのを妨げているアプリケーションを探します。

ステップ1.CTRL + SHIFT + ESCキーまたはCTRL + ALT + Deleteキーを押して、タスクマネージャを開きます。

ステップ2. タスクマネージャーウィンドウで「スタートアップ」タブをクリックします。

ステップ3. 自動的に起動したいプログラムを右クリックし、「有効にする」を選択します。

ステップ4. PCを再起動し、プログラムが自動的に実行されるかどうかを確認します。

 タスクマネージャでWindowsのスタートアップを確認する手順

方法2. アプリのショートカットを手動でコピーする

ステップ1.Windows + Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」コマンドラインを開きます。

ステップ2. ファイル名を指定して実行ボックスに「shell:startup」と入力し、「Startup」フォルダを開きます。

ステップ3. プログラムのショートカットをコピーして、[スタートアップ]フォルダに貼り付けます。

ステップ4. PCを再起動し、変更を確認します。

方法3. バッチファイルを作成し、プログラムを強制的に起動する

起動時に任意のプログラムを実行できるバッチファイルを作成し、実行してみてください。

操作手順

ステップ1.新しいテキストファイルを開きます。

ステップ2. その文書に、次の行を貼り付けます。ファイルのパスは、プログラムの場所に変更してください。

@echo off
C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe
exit

ステップ3.ファイル>「名前を付けて保存」をクリックします。TXTの拡張子を.batに変更します。

ステップ4. バッチファイルをダブルクリックして実行します。次回、システムを起動すると、プログラムが同時に実行されます。

方法4. Windows 10のレジストリを編集する

上記のすべての解決策でWindows 10のスタートアップフォルダが動作しない問題を解決できない場合、最終的にレジストリを編集することを試みることができます。

操作手順

ステップ1.  検索バーにregeditと入力します。 検索結果で「レジストリエディタ」をクリックします。

ステップ2. 以下のパスに移動して、特定のレジストリキーを変更します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

ステップ3.何もないところで右クリックし、「新規」>「文字列値」を選択します。

ステップ4.値名は、実行するプログラムの名前と全く同じです。

ステップ5. 次に、新しく作成した値を右クリックし、「修正」を選択します。

ステップ6. 値のデータフィールドに、実行するプログラムの.EXE(実行ファイル)のパスを貼り付けます。

ステップ7. 最後に、変更を保存して、コンピュータを再起動します。

Windows 10/11でスタートアップフォルダを復元する方法

Windows 10でスタートアップフォルダとプログラムが原因不明で消えたという報告もたくさんあります。同じ問題に遭遇し、Windowsコンピュータで失われたスタートアップフォルダを復元したい場合、EaseUS製のデータ復元ソフトを試してみてください。

EaseUS Data Recovery Wizardは、HDD、SSD、外付けデバイス、メモリーカード、USBドライブなど、すべてのストレージメディアのデータ紛失に対応できます。誤って削除したファイルやフォルダ、ハードディスクのフォーマットや破損、OSのクラッシュ、ウイルス攻撃などで完全に削除されたファイルやフォルダをこのソフトウェアで簡単に復元することができます。

このツールは、まだあなたがデータ復旧後に破損したファイルを修復することができます。すべてのファイル形式のドキュメント復元、写真復元、およびビデオ復元がサポートされています。このフルラウンドファイル復元および修復ツールをダウンロードして、失われたフォルダを取り戻しましょう。

Step1.「EaseUS Data Recovery Wizard」をインストールして、インタフェースですべてのディスクとドライブがリスクされています。削除したファイルの保存場所を選択し、「スキャン」ボタンをクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

Step2.次はスキャン画面に入ります。先には削除されたファイルは検出します。ここでデータを絞り込んでふくげんできますが、スキャンのプロセスが終了するまで待つのがおすすめです。

削除したファイルを復元するステップ2

Step3.スキャンが終わると、復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元できます。削除の操作でファイルの名前やプロパティなどを紛失する可能性もあるので、「復元候補」のなかで探すことができます。

削除したファイルを復元するステップ3

まとめ

Windowsのスタートアップフォルダは、スタートアッププログラムを簡単に管理するのに役立ちます。Windows 10のスタートアップフォルダの場所は、C:\Users\Username\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startupです。また、shell:startupコマンドでStartupフォルダにアクセスすることもできます。 この記事では、スタートアップフォルダが機能しない問題を解決するためには、いくつかの便利な方法を紹介しました。また、EaseUS Data Recovery Wizardを使うことで、誤って削除または紛失したスタートフォルダを復元する方法も紹介しました。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ