> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:Microsoft Outlookは応答してくれない、動作を停止しました

対処法:Microsoft Outlookは応答してくれない、動作を停止しました

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年06月08日に更新

概要:

Microsoft Outlookは応答なしで止まって、操作不能になってからすぐ動作をしましたというエラーメッセージが出てきました。この記事では、Microsoft Outlookは応答してくれない時、または動作が急に止まっている時の対処法を紹介します。

 

Microsoft Outlookがフリーズしたらどうすればいい?

Microsoft Outlookが急に応答してくれない、あるいは動作を停止した場合、どうすればこの問題を解決できますか。次は、その時にすべきことを紹介します。

#1.しばらく何分間か待つ

大量なメッセージを削除するなどの原因で、パソコンの処理能力により、Outlookが何分間操作不能の状態になる可能性がありますので、まずは、しばらく何分間か待って、その後、Outlookが自動的にエラーを修復します。

#2. EaseUSのデータ復旧フリーソフトでOutlookのデータを復元

Outlookが急に応答してくれない、あるいは動作を停止した場合、大事なメールが消えてしまったトラブルがよく発生しました。この時、データ復元ソフトがあれば、消えたメールを簡単に取り戻せます。EaseUS Data Recovery Wizard Freeというデータ復旧フリーソフトは、ほぼ全てのファイル形式の復元にも対応していますので、今すぐ下記のボタンをクリックして、パソコンにダウンロードしましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

#1の場合じゃないと、この問題が効果がある解決策を探せるまで長く続いていく可能性があります。ですので、EaseUSのデータ復旧フリーソフトでOutlookがエラーによる失われたデータを復元することができます。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ってください。そこでoutlookフォルダーの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを開始します。

outlook を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「メール」を選択してください。検出されたメールファイルが一つずつ確認することができます。

outlook を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいoutlookメールファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたメールファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルを上書きしないため、復元されたメールファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

outlook を復元するステップ3-ファイルの保存

Outlookのフリーズ・固まる・応答なしの対処法

1.MS Officeスイトを修復

データを復元した後、次は、Outlookが応答してくれない、または動作を停止しましたという問題を解決する方法を紹介します。

  • 動作中の全てのOfficeプロセスを終了します。
  • コントロールパネルを開き、プログラムと機能を選択します。
  • その中で、Microsoft Officeという項目を右クリックし、変更を選択します。
  • 修復を選択し、続行をクリックします。

2.セーフモードを実行する

outlookが応答しなくなった場合、セーフモードを実行すれば、問題を解決する可能性があります。

操作手順:

  • Outlook を終了します。
  •  Windows の検索ボックスに「Outlook.exe /safe」と入力して、Enter キーを押します。
  • Outlook を終了してから、最起動します。

3.イベントビューアを利用する

イベントビューアを利用して、イベンドログでOutlookが停止したことを診断することができます。

  • Windows検索ボックスに「イベントビューア」を人力して、Enterキーを押します。
  •  Windowsログを展開して、「Application」を選びます。ソース欄で「Outlook」[Windows Error Reporting],[Application Error]というアイテムを見つけてくささい。

それで、エラーが発生した原因を明らかにして、そのエラーファイルを見つけて削除します。この方法で、価値がある情報が見つからない場合、以下の方法に従ってください。

4.新規ユーザープロファイルを作成する

  • Outlook を終了します。
  • Windows の検索ボックスに 「コントロール パネル」と入力して、Enter キーを押します。 [ユーザー アカウント][メール][プロファイルの表示] の順に選びます。
  • [追加] を選択し、[プロファイル名] ボックスにプロファイル名を入力して、[OK] を選択します。
  • 設定した新規のユーザープロファイルをデフォルトメールプロファイルにしてください。それで、Outlook を再起動します。

5.Windowsとoutlookの最新バージョンをインストールする

Windowsまたはoutlookのバージョンが古すぎると、outlookの利用に悪い影響に与えるかもしれません。
Windowのアップグレート:

  • 検索ボックスに「更新」を人力して、「更新のプログラムの確認」を選びます。
  • 「Windows  update」「今すぐインストール」をクリックします。

outlookバージョンの更新:

  • Outlookを開き、左上の「ファイル」を右クリックしてください。
  • 「アカウント」「製品情報」「更新オプション」「今すぐ更新」の順に選びます。

まとめ

Microsoft Outlook が停止/応答しないなら、たくさんの業務仕事が進まなくって、大変不便になります。上記の方法に参考して、Outlookのフリーズ・固まる・応答なしの問題を解決するのは難しくありません。その中で、Microsoft Outlookは応答してくれない、動作を停止したときに、大事なメールを失う可能性があります。なので、データ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizard Freeが必要となります。ご興味がある方、ぜひ無料ダウンロードしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。