> How to Use > ファイル復旧 > Excelで削除されたワークシートを復元する方法

Excelで削除されたワークシートを復元する方法

WuYanG
更新者:WuYanG 2024/05/09
   

主な内容:

概要:

Excelのワークシートを誤って削除してしまいましたか?このページでは、ドキュメントに加えた変更を失うことなく、保存前または保存後に削除したExcelシートのデータを復元する方法を紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

この記事では、EaseUS Data Recovery Wizardを使ってExcelの削除されたシートを元に戻し、永久に削除されたExcelドキュメントを復元する方法をご紹介します。このページの最後には、保存されていないExcelファイルを効果的に復元する方法についての追加ガイダンスがあります。

エクセル文書で作業中、誤って重要なデータのあるワークシート・タブを削除してしまった?大変です!このとき、通常2つの選択肢があります。1つは、削除したワークシートを復元するために保存せずにExcelファイルを閉じること、もう1つは、すべての変更を保持するが、削除したファイルを元に戻す機会を失うために保存ボタンをクリックすることです。

Excel 2007/2010/2013/2016で削除されたシート(データ)を復元する

Excelで削除されたシートとデータを、変更を失うことなく復元する方法を、以下のチュートリアルで学ぶことができます。

方法1.保存前にExcelで削除されたワークシートを復元する

エクセルでシートを削除した場合、元に戻すオプションはありません。シートを元に戻す最も簡単な方法は、変更を保存せずにワークブックを閉じ、再度開くことです。削除されたワークシートは再びそこにあります。しかし、ワークブックに多くの重要な変更を加え、それを失いたくない場合はどうすればいいでしょうか?どうすれば回復できますか?ここに解決策があります。

1.「ファイル」から「名前を付けて保存」をクリックし、作業中のエクセル文書を別のファイル名で保存します。

2.元のExcel文書を再度開きます。

3.削除されたワークシートを元のファイルから新しいリネームされたドキュメントにコピーします。

この方法は、削除されたワークシートデータを新しいリネームされたExcelドキュメントに復元し、Excelに加えたすべての変更を保持するのに役立ちます。

方法2.保存後にExcelで削除されたワークシートを復元する

作業中のExcelドキュメントを保存した場合、元のファイルは上書きされ、削除されたワークシートを復元するために開くことはできません。この場合、以前のバージョンを使って元のExcel文書を復元することができます。

1.Windows + Eキーを押してファイルエクスプローラを開き、Excel文書を保存したフォルダを開きます。

2.Excelファイルをクリックし、ツールバーの「ホーム」タブをクリックし、「開く」グループの「履歴」ボタンをクリックします。ファイル履歴に、そのフォルダの最新のバックアップに含まれるすべてのファイルが表示されます。

3.「前へ」ボタンをクリックして、復元するバージョンを探し、選択する。そして、緑色の「復元」ボタンをクリックして、Excelワークシートの削除を解除します。

上記の2つの方法でExcelの削除されたシートを復元することができます。誤って特定のワークシートではなく、Excelドキュメント全体を削除してしまった場合、どのようにファイルを取り戻すことができますか?ご心配なく、以下の部分をお読みください。

Windows 10/11で削除されたExcelファイルを復元する方法

意図しない削除、ハードドライブのフォーマット、デバイスの損傷/破損、OSのクラッシュなど、様々な理由でExcelドキュメントを失う可能性があります。このような状況に直面しても、絶望する必要はありません。EaseUS Data Recovery Wizardを使えば、永久に削除されてしまったExcelファイルを復元することができます。

EaseUS 削除ファイル復元ソフト

  • 紛失または削除されたファイル、ドキュメント、写真、オーディオ、音楽、電子メールを効果的に復元します。
  • SDカード、USBメモリ、ごみ箱、メモリカード、デジタルカメラ、ビデオカメラからファイルを復元
  • データ復元後、破損したファイルを修復(破損したExcelファイルの修復を含む)

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えE:)を選択して「紛失データの検索」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データ復元手順1

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

データ復元手順2

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

データ復元手順3

おまけガイド:保存されていないExcelファイルを復元する方法

私たちがエクセルデータ復元について話すとき、保存されていないエクセルファイルを復元するもう一つの大きな必要性があります。それはほとんどすべての人によく起こります。重要なエクセル文書のために昼夜を問わず作業していたのに、突然電源が落ち、コンピュータがシャットダウンし、保存ボタンをクリックする暇もありません。当然、使用していたエクセルファイルは消えてしまいます。

このような場合、多くのデータを含むエクセル文書を失うことを心配するかもしれません。落ち着いてください。幸い、Excelに内蔵されている自動復元機能のおかげで、以下の手順で保存されていないExcelを復元することができます。

1.Excelを開き、「ファイル」をクリックし、「情報」をクリックする。「ブックの管理」ボタンをクリックし、メニューから「保存されていないブックの回復」を選択します。

保存されていないExcelファイルを復元する - 1

2.保存されていないExcelファイルが表示されます。復元するファイルを選択し、「開く」をクリックしてワークブックをロードします。

保存されていないExcelファイルを復元する - 2

3.「名前を付けて保存」ボタンをクリックして、ワークシートを復元する。

自動回復が無効になっている場合、この解決策は機能しません。この方法で有効にすることができます:

エクセルを開き、「ファイル」→「オプション」をクリックします。左のナビゲーションペインで「保存」をクリックします。「次の間隔で自動回復用データを保存する」のオートリカバー時間を変更し、「OK」をクリックします。

保存されていないExcelファイルを復元 - 3

たとえ有効にしていたとしても、一般的に、コンピュータは最新バージョンになってから4日間、未保存の一時ファイルを保持します。そのため、データの安全性を確保するためには、定期的に文書を保存し、保存したファイルが重要であれば外付けハードドライブにバックアップしたほうがよいでしょう。

関連文章:MacでExcelファイルを復元する方法

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ