> How to Use > ファイル復旧 > エラー解消:指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません

エラー解消:指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年12月29日に更新

概要:

デバイスやパスまたはファイルを開こうとした時、指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります。というエラーが出てくる場合があります。どうすればこのエラーを解消できますか。

 

 エラー内容

指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。

USBメモリや外付けHDDなどのデバイス、パスまたはファイルを開こうとしたとき、指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります。というエラーが出てきます。許可を得るとアクセスできるという考えは勿論ですが、それは対策にならないかもしれません。

いったいエラーになった原因は何なんでしょうか。どのようにすればこのエラーを解消し、デバイスやパスまたはファイルにアクセスできるようになるんでしょう。そして、万が一破損がある場合、どうやってデータを取り戻せるのかを皆さんにご紹介します。

お見逃しなく対処法:このディスクは書き込み禁止になっています

原因と対策

1、アクセス許可がない

アクセス許可を得るため、以下の手順が必要です。

ステップ1、フォルダーまたはファイルを右クリックし、プロパティをクリックします。

ステップ2、[セキュリティ] タブを選択し、[グループ名またはユーザー名] の下にある自分の名前をクリックして持っているアクセス許可を確認します。

ステップ2、グループ名またはユーザー名

ステップ3、編集ボタンを押して、必要なアクセス許可の前にチェックを入れてOKをクリックします。
必要なアクセス許可の前にチェックを入れてOKをクリック

2、ウイルス対策ソフトウェアがファイルをブロックしている

ご利用のウイルス対策ソフトウェアをチェックして、ファイルがブロックされるかどうかを確認します。もし、ファイルがブロックされる場合は、ウイルス対策ソフトを一時無効化にしています。PCデータのセキュリティために、ファイルを処理すると、ウイルスソフトをすぐ有効化にしてください。

3、ファイルの保存先がなくなる

ファイルの保存先が外付けHDの場合は、そのHDを取り外してしまった、または保存されているフォルダーを削除したことでファイルの保存先がなくなります。

4、ウイルスでデータが削除される、移動する、または転送する、隠されることになる

もし、パソコン、または外付けHDがウイルスへ感染してしまったら、ファイルが削除されたり、移動されたり、隠されたりすることがありえますので、ウイルスからの影響も十分に注意してください。

5、ファイルが壊れる

ファイル自体が壊れた場合は、内容が破損したり、ファイルのディレクトリ情報が読み込めなくなったりして、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。」エラーが発生する可能性があります。

6.ファイルをブロックしていないかを確認する

windowsでのファイルがブロックされると、「このファイルは他のコンピューターから取得したものです。このコンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります」というメッセージが出てきます。ブロックされたファイルを解除する手順は以下のように示しています。

1.ブロックされたファイルを右クリックして、一番したの「プロパティ」を選択します。

2.「全般」>[ブロックの解除」を選択します。

アクセスできないフォルダまたはファイルを復元する方法

上記の原因(4,5)によるデータ損失の場合、USBメモリや外付けHDDなどのデバイスからデータを復元することが可能です。このようなトラブルを解決するには、EaseUS Data Recovery Wizard Professionalが必要です。EaseUS Data Recovery Wizard Professionalは高機能で安全かつ効果的なデータ復旧ソフトと認められ、簡単かつ迅速で素人でも快適にデータを復元できます。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

EaseUS Data Recovery Wizard Professional操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

HDDに何かデータ障害事故が起きた際も、このソフトがあれば安心です。その他、EaseUS Data Recovery WizardがUSBメモリの復元SDカード復元などにも対応できるので、SDカード、USBメモリからデータを紛失してしまってもソフトで取り戻せます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。