> How to Use > ファイル復旧 > Google Chromeのキャッシュファイルを復元する方法

Google Chromeのキャッシュファイルを復元する方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年04月07日に更新

主な内容:

概要:

この記事では、高機能のデータ復旧フリーソフト―EaseUS Data Recovery Wizard FreeでGoogle Chromeのキャッシュファイルを復元する方法を皆さんにご紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

保存していないウェブのコンテンツが復元可能?

「先日、ウェブサイトでいくつかの美しい画像を見ていましたが、保存するのを忘れてしまいました。いま、この画像を見つけて復元するのは可能でしょうか。可能であれば、その方法を教えてください。」

Google Chromeのキャッシュファイルの復元について

上記のケースのように、以前閲覧したウェブサイトからビジネスロゴ、画像、ビデオなどのファイルを復元したい場合、果たして復元できるんでしょうか。

実際には、Google Chromeは、サイトの読み込み速度を大幅にスピードアップするため、一度そのサイトにアクセスすると、そのサイトが含んでいる画像などのファイルをキャッシュファイルとしてPCに保存する性質を持っています。
それゆえ、Google Chromeのこの特徴によって以前閲覧したサイトから画像などのファイルを実に復元できます。具体的な方法は下記の内容をチェックしましょう。

Google Chromeのキャッシュファイルを閲覧&復元

キャッシュと閲覧履歴は、何か違いがありますか?多くの人がそういう疑問を持っているかもしれません。閲覧履歴とは、ブラウザーで過去に閲覧したことがあるURLのリストです。また、Google Chrome は一度アクセスしたサイトの情報を自動的にローカルPC上に保存します。このとき保存したファイルのことをキャッシュと言います。決められたファイルサイズ上限に達するまでキャッシュを保存し、あまりアクセスしないサイトの情報は古いものから削除していきます。この機能により、毎回同じファイルをサイトからダウンロードする手間を省き、頻繁にアクセスするサイトの表示が早くなるのです。もしキャッシュが削除されてしまう前であれば、ローカルPC内に見たことのある動画や画像のファイルが残っている可能性があります。今回はこのファイルを取り出す方法をご紹介します。

キャッシュファイルの場所

Google Chrome のキャッシュは以下のフォルダに保存されています。
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache

Mac版google chrome でキャッシュはここに保存されています。
/Library/Applicaition Support/Google/Choreme/Default/Application Cache

chrome の一時ファイルは下記に保存されています。

/Library/Caches/com.google.chrome

ただし、このフォルダ内のファイルは下図のように拡張子 ( .jpg .avi .html など) がついておらず、ファイル名からの中身を判断することができません。

キャッシュファイルの場所

探しているファイルが動画であれば、ファイルサイズの大きいものを動画プレイヤーで再生できるか片っ端から試してみるというのも一つの手です。ただし画像やページを探している場合は対象が多すぎるため、専用のツールを使用してファイルを特定することをお勧めします。

Chrome キャッシュファイルを復元する手順

消えたchromeのキャッシュの画像などを取り戻そうとソフトをインストールして色々試したことがありますが、しかし日本語対応がなかった、操作方法が読めなかったので、断念した経験がありますか。今回は操作が直感的でわかりやすいデータ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizard を紹介していきたいと思います。Google Chromeのキャッシュファイルを復元するには、この高機能のデータ復旧フリーソフトを試してみましょう。このソフトを使い、たった3ステップで、Google Chromeのキャッシュファイルを含むすべての種類のデータを復元することが可能です。今すぐ、下記のダウンロードボタンをクリックしてPCにインストールしましょう。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

まとめ

この記事では、chromeのキャッシュを見る場所や、キャッシュの動画/画像などのデータを復元する方法や操作手順を詳しく紹介しています。記事内で紹介している―EaseUS Data Recovery Wizard Freeを使うことでキャッシュファイルを復元して保存することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ