> How to Use > ファイル復旧 > AutoCAD データ復旧完全対策 |EaseUS データ復旧専門家

AutoCAD データ復旧完全対策 |EaseUS データ復旧専門家

2018年12月10日に発表

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
【今までにない超詳細なAutoCADデータ復旧対策】AutoCADのファイルを完全に復元できる対処法を紹介するページです。どの原因によってAutoCADのファイルがなくなっても心配無用、本文できっと適切なデータ復旧対策を獲得することができるからです。

「AutoCAD(オートキャド)は、オートデスク株式会社が開発する汎用のCADソフトウェアです。建築・土木・機械分野をはじめ、汎用CADとして多く利用されている。AutoCADは、1982年に2D/3Dの汎用CADとして発売される。他のCADメーカーと差別化するためデータフォーマットとAPIを公開し、AutoCADをベースに専用アプリケーションの開発をサードパーティー(開発会社)に呼びかける。その結果、AutoCADをベースに様々なアプリケーションが開発され、そのアプリケーションの普及と同時にAutoCADが一緒に普及するビジネスモデルを構築。」(出典:Wikipedia

ということで、AutoCADがいろいろな業界で汎用されている。しかし、AutoCADは決して完璧なツールではありません。2D/3Dの汎用CADでハードウェア要件に一定な要求があるので、時としてAutoCADがクラッシュしたり、フリーズしたりすることが少なくありません。それにともない、AutoCADのファイルが紛失することも少なくありません。それでは、AutoCADのファイルがなくなった場合は、どうすればいいですか。ここでAutoCADデータ復旧対策を皆さんに紹介します。どの原因によってAutoCADのファイルがなくなっても心配無用、本文できっと適切なデータ復旧対策を獲得することができるからです。

削除・フォーマットした/消えたAutoCADファイルを復元する方法

万が一、AutoCADのファイルを誤削除してしまった場合、またはフォーマットなど何らかの原因によってAutoCADのファイルが消えた場合は、どうやって復旧すればいいですか。このような時には、役に立つ対処法は2つあると思います。1つはバックアップファイル(.bakファイル)から復元、もう1つは専門なデータ復旧ソフトを使うことです。

1.バックアップファイルからAutoCADファイルを復元する方法

ご存知のように、AutoCADファイルの拡張子は.dwgです。一般的には、バックアップファイルの名前が保存した.dwgと同じ、ただ拡張子が.bakに変更したファイルです。保存先も一緒。

注意:ISAVEBACK値が1と設定されている場合のみ、バックアップファイルが生成されます。

復元方法:もし、.dwgが消えた、または削除してしまった場合、同じな場所で.bakファイルが保存されているかどうかを確認してください。.bakファイルがある場合、そのファイルの拡張子を.dwgに変更したらいいです。それから。最後に、拡張子が変更したバックアップファイルをAutoCADで開けるかどうかを確認できます。

2.データ復旧ソフトを使ってAutoCADファイルを復元できます!

ISAVEBACK値が1ではなかったので、バックアップファイルが生成されなかったか、バックアップファイルがAutoCADファイルと一緒に消えた/削除された場合、AutoCADファイルの復元が可能ですか。ここでデータ復旧ソフトを使う必要があります。データ復旧ソフトを使うことで、なんの原因によって紛失されたのを問わず、すべて復元可能です。また、AUTODESKの製品だけでなく、AutoCADをペースに開発されたアプリケーションのファイルがなくなった場合でも復元可能です。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

以上の3ステップだけで、AutoCADファイル(.dwgファイル)を丸ごと復元することができます。

クラッシュなどで保存されないAutoCADファイルの復元

一般的には、AutoCADが編集中にクラッシュして、ファイルが保存されない場合は、.bakバックアップファイルもなくてデータ復旧ソフトで復元する可能性も低いです。このような時は、どうやって復元すればいいですか。次は、AutoCADが編集中にクラッシュすることでなくなったファイルの復元方法、または保存されないファイルの復元方法を紹介します。

AutoCADの自動保存機能で保存されないファイルを復元する

MS Ofiiceと同じ、システム、ソフトウェアのクラッシュに引き起こされるデータ損失を防ぐため、AutoCADの自動保存機能も充実していると言われています。

あわせて読みたいエクセルの自動保存場所はどこ?

一般的には、ユーザーが特に設定しないとも、自動保存機能が有効にされています。AutoCADを使ってファイルを処理中なら、普通は10間ごとにバックアップファイルが一回生成されます。もちろん、その自分のニーズによって自動バックアップの間隔を設定することができます。

自動保存の設定

自動保存間隔の設定方法:

オプションン 開く/保存ファイルの安全確保欄」で設定することが可能です。

ということで、万が一編集中にプログラムが異常に終了され、ファイルも保存しない場合は、自動保存場所でバックアップファイルがあるかどうかを確認してください。

自動保存ファイルの場所はパソコンによって異なりますが、オプションファイル自動保存ファイルの場所という項目がありますので、そこで自動保存ファイルのパスを確認することができます。

それから、ファイルエクスプローラを開き、自動保存ファイルのパスに移動して、自動保存されたファイルがあるかどうかを確認してください。

自動保存場所を確認する方法

一般的には、自動保存ファイルの拡張子は.sv$になります。自動保存場所で.sv$ファイルがあるかどうかを確認してください。もしある場合は、その拡張子を.dwgに変更していれば、AutoCADで正常に開けます。もし、自動保存場所にも.sv$ファイルがない場合は、下記のデータ復旧ソフトをダウンロードしましょう。データを復元できる最後の選択かもしれません。

 

無料で
紛失ファイルを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失ファイルを素早く復元しましょう。