> How to Use > ファイル復旧 > 【保存しない】をクリックしwordファイルを閉じた!

【保存しない】をクリックしwordファイルを閉じた!

2017-06-27 17:36:02 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
数時間をかけて作成したwordファイルを保存しようとしたとき、何を思ったか【保存しない】をクリックしてファイルを誤って閉じてしまいました。しかし、絶望することはありません。この記事でファイルを復元する方法を紹介します。

いつもwordを使っていますが、今日はようやく作成したwordファイルを保存しようとしたとき、何を思ったか【保存しない】をクリックしてファイルを誤って閉じてしまいました。その瞬間本当に自己嫌悪になるくらい落ち込みました。確かに人間はロボットではないので、誤って操作することは避けられないですが、様々の手段で損失を最小限にして、ファイルを復元できます。

office自体の回復機能を利用(一度も保存したことがないファイル)

officeでは、一定の時間(デフォルトは10分)ごとに自動保存します。回復できるのはこの自動保存されたファイルです。ここでoffice 2010を例として説明します。
手順:ファイル⇒情報⇒バージョンの管理⇒保存されていないブックの回復
保存しないwordファイルを復元

復元された未保存のファイルを「復元」(保存したことがあるファイル)

もし、そのファイルが既に保存されたことがあり、上書きをしたあとに保存するのを忘れてしまった場合は、以下の方法でファイルを復元可能です。

  1. 1.保存された文書を開き、「情報」「ドキュメントの管理」「保存しないで終了」をクリック
  2. 2.「復元された未保存のファイル」が表示されるので「復元」をクリックして復元
  3. 3.上書き保存の画面が出たら、「OK」で文章の回復の完了

すべての手順を終えたら、内容を確認してください。

EaseUS Data Recovery Wizardを利用して復元

自動保存の機能があっても、その自動保存したファイルは作成後4日間しか保存されません。四日前のファイルを復元したい場合は、EaseUS Data Recovery Wizardを皆様にお薦めします。EaseUS Data Recovery Wizardは効率かつ安全で使いやすくて強力なデータ復旧ソフトです。ただ三つのステップで、素人でも操作できます。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)

 

EaseUS Data Recovery Wizard操作ガイド

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ります。そこでワード(Word)ファイルを保存している元ディスクを選択して「スキャン」をクリックしてください。選んだディスクのスキャンが開始しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたワード(Word)ファイルが一つずつ確認して選択することができます。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいワード(Word)ファイルを決まったら「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたワード(Word)ファイルの保存場所を指定してください。ここまでは復元は完了しました。

ワード(Word)ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

office自体もEaseUS Data Recovery Wizardも一定のファイルを復元できますが、できるだけ一歩ずつ確認したうえ大事なwordやExcelファイルを保存してください。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。