> How to Use > ファイル復旧 > 無料で簡単なOfficeファイル復元ソフト

無料で簡単なOfficeファイル復元ソフト

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2020年12月24日に更新

概要:

削除したり消失したりしたOfficeファイルを復元する可能性がありますか?EaseUSは無料のOfficeデータ復元ソフトの「EaseUS Data Recovery Wizard Free」をリリースしました。このフリーソフトは強力でありながら完全無料でofficeファイルを復元。パソコンだけではなく、外付けHDD、USBメモリ、SDカードのファイル復元にも対応しています。

 

削除したOfficeファイルが復元可能?

Officeドキュメントは削除されたり、または他の原因でなくなった場合、ファイルはパソコンからすぐには消去されません。システムはただファイルのディレクトリ情報を削除して、ハードディスクの領域を「再利用可能」とマークしたのです。Officeドキュメントはまだそこにありますので、ファイルの復元が可能です。しかし、もし同じ領域に何のデータを書き込んで、officeファイルを上書きする場合は、復元はできなくなります。

だから、officeファイルがなくなった場合、いち早く信頼性の高い復元ソフトを使って、Officeドキュメントを復元することがおススメです。ほとんどのOfficeファイル復元ソフト、または復旧サービスの値段はとても高いですので、ここで簡単で無料でも使える強力なデータ復旧フリーソフトを紹介します。

高機能の無料Officeファイル復元ソフト

Microsoft Officeは、最も広く使われているオフィススイーツです。通常、Word、Excel、PowerPointおよびAccessなどのアプリケーションソフトが含まれています。削除、フォーマット、システムクラッシュ、突然のシャットダウン、ソフトウェア障害などにょって、Microsoft Officeファイルを失ってしまう可能性があります。削除したり消失したりしたOfficeファイルを復元する可能性がありますか?答えは間違いなく「はい」です。

EaseUS製Officeファイル復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard Free」は強力的で完全無料です。パソコンだけではなく、外付けHDD、USBメモリ、SDカードのファイル復元にも対応しています。

Officeファイルの復元を実行する方法

下記手順に従って失われたOfficeファイルを簡単な3つのステップで復元できます。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面でOfficeファイルを保存している元ディスクを選択してください。それから「スキャン」をクリックして選択されたディスクのスキャンを始めます。

Officeファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.ディスクのスキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開されたリストで「ドキュメント」を選択してください。検出されたOfficeファイルを一つずつ確認して選択することができます。

Officeファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいOfficeファイルを指定して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を選定してください。上書きをしないため、PowerPointの元ディスクと異なる場所を選択してください。

Officeファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

EaseUS Data Recovery Wizard無料版は、最高のOffice復元フリーウェアです。今すぐ試してみましょう。

下記ビデオは、削除・消失したドキュメントの復元方法を紹介します。

未保存のofficeファイルの復元方法

上記の述べたように、高機能なデータ復旧ソフトを使って削除したofficeファイルを完璧に復元できますが、もし保存しなかったファイルを復元するにはどうしたらいいですか?この部分では、保存し忘れ、または未保存のofficeファイルの復元方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

officeプログラムのどれ(Word/Excel/PowerPoint)にも、自動回復機能がありますので、もし未保存のofficeファイルを復元したい場合、下記のステップに従って、自動回復用ファイルから復元を試してみてください。

ステップ1.MS officeのプログラム(Word/Excel/PowerPoint)のいずれを開き、「ファイル」タブ をクリックして、左側のメニューで[オプション] をクリックします。

ステップ2.[保存] をクリックします。

ステップ3.「自動回復用ファイルの場所」でofficeファイルの自動保存ファイルの場所を確認することができます。

デフォルトの保存場所は:C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Word ( Excel ) ( Powerpoint )\

Wordの自動保存場所の確認

もしこの場所でファイル(基本的には拡張子が間違っていて、真っ白なアイコンのファイル)がある場合は、そのファイルをみぎくりっくして「プログラムから開く」を選択して、元のofficeプロフラムで開いたら、復元することができると思います。

破損したofficeファイルの復元

また、ユーザー様は、officeファイルが削除されたや未保存などの問題がある以外に、officeファイルが破損していることも経験したかもしれません。そこで、上記で紹介したファイル復元フリーソフトは、officeファイル復元削除したファイルを復元できるわけではなく、破損したword、エクセスなどのoffice ファイルも復元可能です。ここでは、破損しているofficeを修復する方法を紹介します。

破損したwordを修復 :開いて修復機能を利用する

1.wordのメニューバーで「ファイル」を選択し、「開く」を選択します。

ワードメニューバー

2.開きたいファイルを選択し、「▼」を選択、「開いて修復する(E)」をクリックします。

開いて修復するページ

3.表示されているしたダイログボックスの「修復」をクリックします。エクセルは自動的にファイルを修復します。なお、修復に失敗した場合、「データの抽出」をクリックすることで、目的の一部データだけを抽出することができます。

修復場面

関連記事:Word修復対策:破損したワードファイルを修復し開く方法
破損したエクセルの復元:オフィスを修復

エクセルファイルが開けないときは、何らかの原因でオフィスソフトのデータが破損しており、オフィスソフト自体に問題がある可能性があります。

1.「スタートメニュー」>メニューから「コントロールパネル」>「プログラムと機能」を選択します。

2.「プログラムと機能」>プログラム一覧から「Microsoft Office」を右クリック>「変更」>「修復」を選択し実行>修復後、パソコンを再起動します。

関連記事:破損したExcel ファイルを復元する方法

パワポ修復

スライドを使って発表したいときに、パワポファイルを開こうとすると、エラーメッセージが表示されます。ここでは、簡単な修復方法をまとめています。
パワポアイコンにプレゼンテーションをドラッグする

1.タスクバーの [Windows] アイコンを右クリックし、[実行] を選択します。

2.使用している PowerPoint のバージョンに応じて、次のいずれかを入力します。

%ProgramFiles%\Microsoft Office
%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Office

3.「Enter」 キーを押します。

4.Windows エクスプローラーで、Powerpnt.exe アイコンを探します。

5.破損したプレゼンテーションのアイコンを、1つのウィンドウから別のウィンドウの Powerpnt.exe アイコンにドラッグします。
PowerPoint はプレゼンテーションを開こうとします。

また、この方法を使って、進めない場合は、pptを修復できるフリーソフトーEaseUS Data Recovery Wizard Freeをお勧めます。

関連記事:削除したPowerPoint 2010ファイルを復元する方法

引用元:Microsoft公式ページ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。