> How to Use > ファイル復旧 > ファイル紛失?Windows 10で消えたファイルを見つける方法

ファイル紛失?Windows 10で消えたファイルを見つける方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年10月27日に更新

主な内容:

概要:

ファイルを削除したことがないのに、ファイルが勝手に消えることはよくありますよね。本文では、Windows 10で紛失ファイルを探す方法を複数紹介したいと思います。公式的な対策及びサードパーティーの対策をも本文で見つけることができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windowsは、定期的に更新プログラムをリリースすることで、バグや脆弱性を修復し、パソコンの性能を向上します。多くの場合、このような更新プログラムをインストールするには、パソコンを再起動する必要があります。しかし、パソコンを再起動して、更新プログラムをインストールした後、データ紛失が発生することがあります。例えば、一部のドキュメント、写真、動画、及び音楽などのファイルが消えることがあります。

これらの紛失ファイルを削除したことがないにも関わらず、これらのファイルが勝手に消えることがあります。このような場合は、どうしたらいいですか?本文では、これらの紛失ファイルをWindowsで探す複数の方法を皆さんに紹介しますので、ご心配なさらないでください。

紛失ファイルを探す

方法1.Windowsの検索機能を活用

この方法は、ファイルが本当に紛失した場合で適用されませんが、ファイルが確実にパソコンに存在しているのに、見つけることができない場合で利用できます。

Windowsには、非常に強力的なファイル検索機能があります。パソコンのどの場所でも、この検索機能を利用して快適にファイルを探すことができます。ファイルの場所を忘れてしまった場合、パソコンからファイルを探すには、この機能を利用するのは一番簡単な対策だと思います。

ステップ1.Windowsのパソコンで、「このPC」、または「マイコンピュータ」のアイコンをダブルクリックします。

ステップ2.ウィンドウの右上に、検索のための入力ボックスがあります。

ステップ3.ここでファイル名を入力して検索します。ここでフルネームを入力する必要がなく、キーワードだけで検索できます。

Windows 10でファイルを検索

方法2.ゴミ箱を検索する

Windowsパソコンで紛失ファイルを探すもう1つの方法は、ゴミ箱を検索するのです。パソコンからファイルを削除すると、ゴミ箱を空にしない場合は、削除ファイルをゴミ箱で30日間保存するので、ゴミ箱を検索して、紛失したファイルを見つける可能性も高いと思います。

ステップ1.ゴミ箱をダブルクリックして開きます。

ステップ2.ゴミ箱のウィンドウの右上にある検索ボックス、ファイル名の一部を入力して検索できます。

ステップ3.入力したものでゴミ箱のファイルを絞ることができますので、紛失ファイルがある場合、ゴミ箱からそのファイルを簡単に元に戻すことができます。

ゴミ箱でファイルを探す

方法3.隠しファイルを表示する

ファイルを削除したことがないのに、急に消えてしまった場合は、そのファイルが本当に紛失したのではなく、隠されている可能性があります。このような場合、下記のステップを参照して、パソコンの隠しファイルを表示して、紛失ファイルが見つけられるようになる可能性があります。

ステップ1.Windowsのアイコンを右クリックして、「エクスプローラ」を選択します。

ステップ2.上部メニューで「表示」→「オプション」の順にクリックします。

隠しファイルを表示するステップ1

ステップ3.「表示」タブで「隠しファイル、隠しフォルダー、及び隠しドライブを表示する」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

隠しファイルを表示するステップ2

ここで隠されているファイルが全て表示にしました。ここでもう1度紛失ファイルを探してみましょう。

方法4.Windowsのファイル回復を使用する(Microsoft公式対策)

ファイルが本当になくなったことを確認出来た場合、Windows公式の回復ツールのFile Recoveryを使って、紛失ファイルを取り戻すことができます。この方法は、少しややこしいので、下記のステップを参照しながら、行ってください。

*動作環境:Windows 10のバージョンはビルド19041及びそれ以降である必要があります。

ステップ1.Microsoftストアから、File Recoveryをダウンロードしてインストールします。

ステップ2.Yesをクリックして、アプリがデバイスを変更することを許可します。

ステップ3.コマンドプロンプトのウィンドウでは、次のコマンドラインを入力します。

  • winfr source-drive: destination-drive: [/mode] [/switches]

ステップ4.ここで「通常」と「拡張」といった2つの回復モードがあります。

通常モード:

Cドライブを例にして紹介します。CドライブのドキュメントをEドライブに回復したい場合は、下記のコマンドを入力する必要があります。

  • Winfr C: E: /regular /n \Users\\Documents\

回復したいファイルのフォーマットのみを指定して回復することもできます。CドライブのワードファイルとPDFファイルをEドライブに回復したい場合は、次のようなコマンドラインになります。

  • Winfr C: E: /regular /n *.pdf /n *.docx

拡張モード:

ファイル名に「invoice」が含まれるファイルをすべて復元したい場合は、次のようなコマンドを入力しましょう。

  • Winfr E: C: /extensive /n *invoice* 

写真フォルダーのjpegとpng写真ファイルをEドライブに回復したい場合は、次のコマンドラインを利用してください。

  • Winfr C: E: /extensive /n \Users\\Pictures\*.JPEG /n\Users\\Pictures\*.PNG

方法5.サードパーティーのデータ復旧ソフトを利用する

Windowsの回復ツールの利用はややこしすぎて、Windows File Recoveryの代替ソフトを使うことができます。ここでデータ復旧製品の開発歴史は17年もあるEaseUS社によって開発された人気のデータ復旧ソフトのEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんに紹介したいと思います。

EaseUS Data Recovery Wizardは、非常に使いやすいデータ復旧ソフトとして、たった数回のクリックだけで、パソコンの領域を完全にスキャンして、紛失ファイルを検出して復元することができます。

作業を今すぐ始め、紛失ファイルを救おう!

上記で紹介した5つの対策を参照して、急に紛失になったファイルを効率的に見つけることができます。ファイルが見つからない場合、そのファイルが本当になくなったのではないので、まずWindowsで各検索機能を利用して、紛失ファイルを見つけられるかどうかを確認しましょう。それでも、紛失ファイルを見つけることができない場合は、Microsoft公式の回復ツールのFile Recoveryを使うか、より簡単に使えるEaseUS Data Recovery Wizardで紛失ファイルを取り戻してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ