> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:Windows 10でDocuments and Settingsフォルダーがアクセス不可になる

対処法:Windows 10でDocuments and Settingsフォルダーがアクセス不可になる

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年06月25日に更新

主な内容:

概要:

この記事では、Windows 10でDocuments and Settingsフォルダーがアクセス不可になっている場合の対処法を書いていきます。Documents and Settingsフォルダーにアクセスできない場合は、是非この記事を参照してこの問題を解決してみましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows 10でDocuments and Settingsフォルダーがアクセス不可について

Documents and Settingsフォルダとは、名前の通りドキュメント(テキスト、エクセルなどの書類やデジカメ画像などのデータ)と、パソコンを使用する上でのセッティング(各種設定)が収められています。
Windows 10でDocuments and Settingsフォルダーにアクセスしようとすると、下記のエラーが発生する可能性があります。

アクセスが拒否されました画像

問題 1:「アクセスが拒否されました」エラー メッセージまたは同様のメッセージが表示される
問題 2: アクセス、変更、保存、またはファイルとフォルダーを削除することはできない
問題 3: 新しいバージョンの Windows をインストールした後に、ファイルまたはフォルダーを開くことができない

documents and settingsフォルダ がアクセスできない原因

"アクセスが拒否されました"というエラーが発生した理由は、以下の通りです。

  • フォルダーの所有権が変更されていた
  • 適切なアクセス許可がなかった
  • ファイルが暗号化された

上記の問題解決に移る前に、アクセス不可能なDocuments and Settingsフォルダーから大事なデータを復元するのは何よりです。

では、高機能なデータ復旧ソフト―EaseUS Data Recovery Wizardがこんな時に役に立ちます。このソフトは、3つのステップだけでDocuments and Settingsフォルダー中のファイルを復旧することは可能です。

ステップ1.EaseUS Data Recovery Wizardを起動してください。それから、下方の「場所の指定」からファイルが失ったフォルダを選定して、スキャンします。

特定なフォルダーから 復元1
ステップ2.スキャンが終わったら、まず「削除されたファイル」フォルダなどからご確認ください。また、右上側の検索ボックスでファイル名を検索することもできます。

特定なフォルダーから 復元2
ステップ3.最後に、見つかったファイルをチェックして、「リカバリー」ボタンを押してください。ここまでは復元操作が完了です。

特定なフォルダーから 復元3

Tip:復元できたファイルが開けなかったら、復元候補からもう一度リカバリーしてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

フォルダーからファイルを復旧します。

ここで、下記の対処法に従って問題解決に移ることができます。

対処法1.ファイル/フォルダ―の許可設定を変更

1.フォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択してください。

2.セキュリティタブをクリックしてください。

3.「グループまたはユーザー名」であなたのネームを選択してください。

4.編集をクリックして許可欄でチェックを入れてください。

フォルダーの許可設定

対処法2.圧縮保護の設定を変更

1.フォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択して下さい。

2.全般タブ出「詳細設定」をクリックしてください。

3.新しいウィンドウで「内容を圧縮してディスク領域を節約する」にチェックを入れている場合は、そのチェックを外して下さい。

圧縮設定を変更する

対処法3.ファイルまたはフォルダ―のアクセス権を設定する

フォルダのプロパティ画面で、「セキュリティタブ」をクリックします。

左下の「追加」をクリックします

アクセス権設定1

次に、「プリンシパルの設定」をクリックします。

アクセス権設定2

画像に記載のように、上部の「プリンシパルの設定をクリックすると、下部のグレーアウトしている部分が選択出来るようになります。

その状態で、フルコントロールにチェックします。

最後に右下の「OK」をクリックして元のプロパティ画面でも、「OK」をクリックします。

対処法4.ウィルス対策の設定を確認

たまに、ウイルス対策が強過ぎると、ファイルにアクセスできなくなる場合もあります。なので、ウイルス対策の設定を確認することも不可欠です。ウイルス対策プログラムの設定を調べて、ファイルシールドや似たような設定があるかどうかを確認してください。もしそういう設定があれば、それをオフにして、もう一度ファイルにアクセスしてみてください。効果がない場合は、ウイルス対策を一時的に完全にオフにして、再度確認してみてください。

まとめ

Windowsでフォルダーやファイルの「アクセスが拒否されました」というエラーメッセージが表示された際の解決案は上記でまとめています。「アクセスが拒否されました」という問題を解決する前に、念のためにアクセス不可能のファイルからデータを抽出するのはすごく大切です。なので、データ復旧ソフトを用意しておくのは必要となります。ご興味があるかた、ぜひお試してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ