> How to Use > ファイル復旧 > [ベストかつ無料] オンラインPDF修復ツールのトップ5

[ベストかつ無料] オンラインPDF修復ツールのトップ5

さわこ
更新者:さわこ 2024/05/09
   
WuYanG
執筆者:WuYanG
   

主な内容:

概要:

この記事は、PDFファイルを修復する必要があるが、どうすればよいかわからないユーザー向けに準備されています。私たちは、選択できる5つの人気のある効率的なオンラインPDF修復ツールをリストアップしています。また、PDFファイルが紛失または損傷している場合は、EaseUS Data Recovery Wizardを適用して修復することができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

PDF(Portable Document Formatの略)は、世界中で最も人気のあるファイルタイプの1つです。より高い互換性と安定性のため、PDFはますます多くの状況で適用されています。公式声明、履歴書、製品および企業紹介パンフレットなどが含まれます。

しかし、多くのユーザーがPDFファイルの破損に遭遇し、解決策を見つけたいと切望しています。あなたはこんなジレンマに陥ったことがありますか:PDFファイルが破損しており、ファイルを開けず、重要なデータを失うことを心配していますか?この記事では、ユーザーをできるだけ早く助けるために、いくつかのオンラインPDF修復ツールを紹介します。

オンラインでPDFファイルを修復する

PDFの破損原因

GoogleでPDFのエラーを検索すると、「PDFドキュメントの読み込みに失敗しました」といったエラーメッセージが多数表示されます。また、「Adobe Readerの更新に失敗しました。エラー1635」というエラーもあります。これらの問題が発生する原因は様々で、以下にいくつか挙げてみます。

  • デバイスの故障:外付けハードドライブの不良セクターや、USBフラッシュドライブの故障など。
  • 転送中の破損:PCやストレージデバイス間でPDFファイルを転送する際、インターネットの不良や転送中断によってファイルが破損することがあります。
  • システム上のマルウェア:マルウェアによって、コンピュータのファイルが知らず知らずのうちに破損することがあります。
  • さまざまなWindowsエラー:多数の不確定なWindowsエラーがPDFファイルを破損することがあります。

今、破損したPDFファイルを修復する時間です。ここでは、選択できる5つの人気オンラインツールをリストします。

1. ilovepdf.com

ilovepdfは、シンプルなウェブデザインと強力な機能で人気があります。サインアップやログインなしでPDFファイルを修復できます。ilovepdfは、コンピュータからPDFファイルを選択するか、破損したPDFファイルを回復ゾーンにドロップする2つのPDFアップロードモードをユーザーに提供します。さらに、Google DriveやDropboxからファイルを修復することもできます。

ilovepdf review

ilovepdfの無料版では、ユーザーは1回に2つのPDFファイルを修復できます。1回により多くのPDFファイルを修復したい場合は、サインアップしてプレミアム版にアップグレードする必要があります。

ilovepdfの無料制限

修復プロセスが完了すると、修復されたPDFファイルを直接コンピュータにダウンロードできます。したがって、緊急時に1つまたは2つのファイルの修復のみが必要なユーザーにとって、ilovepdfは最良の選択肢です。

2. sejda.com

紹介したい2つ目のツールは、sejdaです。ilovepdfと同様に、sejdaもシンプルでわかりやすいインターフェースを持っています。PDFファイルを回復ゾーンにドラッグ&ドロップしたり、コンピューターやDropbox、Google Drive、One Driveなどのクラウドドライブからファイルをアップロードしたりすることができます。

アップロードされたPDFファイルはプライベートに保たれ、2時間後に削除されます。Sejdaは、無料で最大200ページまたは50 Mbの文書を修復し、1時間あたり3つのタスクを提供しています。より多くのPDF文書を修復する必要がある場合は、合理的な価格でより高いバージョンにアップグレードすることができます。

sejda pdf repair tool

ilovepdfと比較して、sejdaのアップロード速度は遅いです。sejdaの修復メカニズムはアップロード中に修復を行うため、時間がかかる場合があります。修復プロセスが完了すると、sejdaはあなたに「ドキュメントが準備できました」と伝えます。修復されたドキュメントをプレビューしてから、ファイルをコンピュータにダウンロードできます。

3. pdf2go.com

次のオンラインPDF修復ツールはpdf2goです。pdf2goのレイアウトはilovepdfに似ています。ユーザーはファイルを回復ゾーンにドラッグ&ドロップしたり、コンピューター、Dropbox、Google Driveを含むクラウドドライブからファイルをアップロードしたりすることができます。ilovepdfとの違いは、pdf2goがURLを入力することで、URLから直接PDFファイルを抽出できることです。

pdf2go PDF repair tool

PDFファイルの修復が完了すると、お知らせとダウンロードボタンが表示されます。修復されたファイルをコンピューターにダウンロードしたり、クラウドドライブにアップロードしたり、QRコードを作成して共有したりすることができます。PDFの分割、結合、編集などの追加編集も可能です。

pdf2goでPDFファイルを正常に修復しました

4. pdf-online.com

紹介したい4番目のツールはpdf-onlineです。このオンラインPDF修復ツールのページデザインは他の紹介したツールよりも少し古めかしいように見えますが、pdf-onlineはPDF修復でも優れた性能を発揮します。

PDFファイルを修復するためにpdf-onlineを使用するには、直接アップロードオプションがありません。コンピュータから損傷したPDFファイルを選択することしかできません。
PDFファイルを読み込んだ後、いくつかのオプションがあります。PDFファイルの分析のみを選択するか、クロスリファレンステーブルを回復するか、ストリームまたはフォントを再構築するかを選択できます。

PDFオンラインインターフェース

修復プロセスが完了したら、「名前を付けて保存」ボタンをクリックして、修復されたPDFファイルを別の安全な場所に保存してください。

5. pdf.recoverytoolbox.com

私たちがお勧めする最後のオンラインPDF修復ツールは、pdf.recoverytoolboxです。ソフトウェアをコンピュータにダウンロードするか、オンライン修復機能を使用できます。ただし、recoverytoolboxを使用してオンラインでPDFファイルを修復する場合は、まずメールアドレスを入力する必要があります。

recoverytoolbox interface

PDFファイルをアップロードし、メールアドレスを入力すると、recoverytoolboxがファイルを修復およびリソース化し始めます。修復されたPDFドキュメントをプレビューすることができます。ただし、修復されたファイルをダウンロードする場合は、$10を支払う必要があります。

recoverytoolbox payment interface

PDFファイルをオフラインで回復・修復する方法

PDFファイルの破損の別のケースは、ファイルが損傷しているだけでなく、紛失している場合です。コンピューター上でファイルの場所を見つけることさえできません。この場合、オンライン修復ツールは役に立ちません。データ復旧および修復ソフトウェアを介してヘルプを求める必要があります。

EaseUS Data Recovery Wizardは、この困難な状況に対処するための最高のツールです。外部ストレージメディアに保存された破損したPDFドキュメントを修復するのに役立ちます。また、PDFファイルからテキスト、コメント、ラベル、グラフィックなどを抽出することもできます。

以下のボタンから EaseUS Data Recovery Wizard をダウンロードし、PDFファイルを回復・修復する方法をステップバイステップで確認できます。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えE:)を選択して「紛失データの検索」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データ復元手順1

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

データ復元手順2

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

データ復元手順3

まとめ

これらはすべてオンラインPDF修復ツールについての情報です。1つまたは2つのPDFファイルのみを回復する必要がある場合は、ilovepdf、sejda、pdf2go、およびpdf-onlineがすべて良い選択肢です。これらは強力で無料で使用できます。PDFファイルが紛失または破損している場合は、EaseUS Data Recovery WizardのようなPDF修復ソフトウェアを使用して検索および修復することができます。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えE:)を選択して「紛失データの検索」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

データ復元手順1

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

データ復元手順2

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

データ復元手順3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ