> How to Use > ファイル復旧 > Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなる時の対応法

Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなる時の対応法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年09月28日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなると、どうすればファイルを復元し、再表示させられるでしょうか?その対応法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows 10/11でのファイルが急に見えなくなる?

「Windows 10/11PCで一部のファイルが突然に消えてしまいました。ディスクサイズをチェックしたら一つ変わりもなくて、どうやらファイルが隠されただけです。何か復元する手段はありますか?」

システムクラッシュ、アップグレードエラー、または不良セクタなどの原因で、一部のファイルが消えてしまう可能性があります。また、意図的な操作でファイルを隠すこともできます。だから、Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなる場合、これらのファイルはまだパソコンに残されている可能性が高いです。本文では、見えないファイル/フォルダを再表示する方法、及び本当になくなってしまったファイルを復元する方法を皆さんに紹介します。

ケース1:フォルダ/ファイルが隠されている時に再表示

パソコンのユーザー自らの意図的な操作は、フォルダ/ファイルを隠すことができます。また、パソコンは「とても重要なデータ」と判断した場合でも、それらのファイル(システム関連ファイルとか)を自動的に隠します。ということで、Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなったら、ファイルが本当になくなるというわけでもありません。だから、次は、隠されたファイルを再表示する詳細な方法を皆さんに紹介します。

表示されないフォルダー/ファイルを表示させる方法

1.「コントロールパネル」から設定:

「スタート」ボタン → コントロールパネル → エクスプローラーのオプション → 表示 → 隠しファイル、隠しフォルダ、及び隠しドライブを表示する の順にクリックします。

コントロールパネルから隠しファイルを表示

2.「ファイルエクスプローラー」から設定:

ファイルエクスプローラーを開き、表示 → オプション → 表示 → 隠しファイル、 隠しフォルダ、および隠しドライブを表示する の順にクリックします。

ファイルエクスプローラから隠しファイルを表示

あるいは、レジストリエディターの設定を通じて、ファイルを表示になリます。

1.WIN+Rキーをクリックして、「regedit」と入力し「OK」をクリックします。

2. 左側のファイルを〉HKEY_CURRENT_USER〉SOFTWARE〉Microsoft〉Windows〉CurrentVersion〉Explorerという順に展開して、 Advanced をクリックします。

3.「Hidden 」を右クリックして、「修正」をクリックします。

4.「Hidden」の値の編集画面で「値のデーター」を「1」に変更します。

5.レジストリの編集が終了したら、再起動して、隠しファイルが表示されていればOKです。

上記いずれかの方法に従ったら、隠しファイルを再表示することができます。設定が終わったら、目標ファイルをもう一度探してください。しかし、全ての隠しファイルを再表示にしても、ファイルが見つからない場合は、ファイルが何等かの原因によってなくなってしまいます。このような場合、下記の対処法を参照して、紛失ファイルを取り戻すことができます。

紛失ファイル・フォルダの復元について

もしファイルが見えなくなって、しかもディスクの使用済みサイズも減ったら、ファイルが本当に紛失された可能性が高いです。ここで、無料データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。誤削除やシステムエラーで紛失されたファイルを取り戻すのは可能です。完全無料ソフトなので、試してみてはいかがでしょうか?

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/11/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

Step1.まず、インストール済みのデータ復元ソフトを起動してください。それから、ファイルが紛失したディスク、あるいは接続しておいた外付けデバイスを選んでください。

紛失ファイル 復元1
Step2.スキャンボタンをクリックすると、ファイルの検出がすぐ始まります。

紛失ファイル 復元2
Step3.スキャンが完了したら、フィルターで「紛失ファイル」を選んでください。次に、「削除されたファイル」などのフォルダから確認して、リカバリーしてください。どうしても見つからなかったら、「紛失パーティション」や「復元候補」からの復元もオススメです。

紛失ファイル 復元

 

結語

Windows 10/11フォルダ内のファイルが見えなくなる時、原因は主に2つがあります。一つの原因はファイルが非表示になることです。もう一つの原因はファイルが紛失されることです。ファイルが紛失されたとき、記事内で紹介している無料データ復元ソフト―EaseUS Data Recovery Wizard Freeを使えば、消えたファイルを簡単に復元することができます。また、日常で細心な注意を払っても、予想なしでデータが紛失されるケースがよく発生します。なので、いざという時のため、データ復元ソフトを用意しておくこともお勧めます。ご興味がある人、ぜひ無料ダウンロードしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ