> How to Use > ファイル復旧 > Word/Excelで「最近使ったファイル」を表示/非表示する方法

Word/Excelで「最近使ったファイル」を表示/非表示する方法

2018-06-13 13:56:22 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
最近使ったWord/Excelを再編集したいなら、「最近使ったファイル」の一覧から開くのが一番簡単な方法です。しかし、社会のパソコンだと、プライバシーなどの考慮もあるので、時として最近使ったファイルを非表示にする必要もあります。それでは本文で、Word/Excelで「最近使ったファイル」を表示/非表示する方法を紹介していきたいと思います。

Word/Excelの「最近使ったファイル」によってユーザーが簡単に最近編集したファイルにアクセスすることができます。「最近使ったファイル」機能を使うと、ファイル探しに要する時間を大幅に下げて仕事をもっと効率にすることができるのだろう。しかし、社内のパソコンだと、プライバシー上の考慮があるので、時には最近使ったファイルを非表示する必要もあります。それでは、本文がWord/Excelで「最近使ったファイル」を表示/非表示する方法を書いてきます。

Word/Excelで「最近使ったファイル」を表示する/「最近使ったファイル」からファイルを開く方法

前述のように、ファイル探しに要する時間を短縮するため、「最近使ったファイル」を表示させ、そこからファイルを開くと効率的です。

1.[ファイル] タブをクリックします。

2.最近使ったファイルの一覧を表示するには、[開く] をクリックします。

3.最近使ったファイルを選択すると、最近使ったファイルの一覧が表示されます。その中からファイルをクリックすればそこからファイルを開くことが可能です。

役に立つヒント:最近使ったファイル画面でファイル名の後にピン アイコンをクリックすれば常にそのファイルを最近使ったファイルの一覧に留めることも可能です。

Word/Excelで「最近使ったファイル」を非表示する方法

使ったファイルを他人に見せたくない場合は、最近使ったファイルを非表示することも可能です。下記は2つの方法を書いてきます。

方法1.最近使ったファイルを無効化にする

最近使ったファイルを使用しなければ、プライバシー保護のため、「最近使ったファイル」機能を無効化にしたほうがいいです。しかし、ソフト内で直接にそういう機能を無効にすることはできないですが、下記のステップに従って「最近使ったファイル」の一覧にファイルを1つも表示しないようにすることで「最近使ったファイル」を無効にしてみましょう。

1.[ファイル] タブをクリックします。

2.[オプション]  > [詳細設定]の順にクリックします。

3.[表示] の [最近使ったドキュメントの一覧に表示するドキュメントの数] の一覧で、表示するファイルの数を0と設定し、OKボタンをクリックします。

方法2. Word/Excelで「最近使ったファイル」で他人に見せたくないファイルのみを削除

1.[ファイル] タブをクリックします。

2.最近使ったファイルの一覧を表示するには、[開く] をクリックします。

3.最近使ったファイルを選択すると、最近使ったファイルの一覧が表示されます。「最近使ったファイル」の一覧から削除したいファイルを右クリックして「一覧から削除」を選択してください。

注意: システム全体からファイルを削除するのでなければ、[ファイルの削除] ではなく [リストから削除] をクリックしてください。

最近使ったファイルの一覧から特定なファイルを削除

もし、不注意によってファイルの削除を間違ってクリックしてしまった場合、若しくは、Word/Excelファイルが何等かの原因で消えてしまった場合は、Word/Excelファイルを復元しなければなりません。

EaseUSのデータ復旧フリーソフトは、無料でexcelファイルとWordファイルを復元することが可能です。

まず、下記のダウンロードボタンから、EaseUS Data Recovery Wizard Freeをダウンロードしましょう。

それから、ファイルのあったドライブを選択スキャンファイルを選択して復元 といった簡単な3ステップだけでファイルを取り戻すことが可能です。

データ復旧ソフトの初期画面

パソコンの内蔵HDDからファイルを復元するだけでなく、外付けHDDの復旧にも対応しているので、Word/Excelファイルがどこかで失われてもこの無料ソフトを用いて復元できます。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。