> How to Use > ファイル復旧 > Photoshop【無効なJPEGマーカーエラー】の対策

Photoshop【無効なJPEGマーカーエラー】の対策

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

Photoshopで画像を加工したいと思って、Photoshopで写真を開く時に、「不明または無効なJPEGマーカーエラー」が発生したことがありますか?本文では、このエラーに対して、各役だつ対処法を皆さんに紹介していきたいと思います。

 

Photoshopの「無効なJPEGマーカー」エラーについて

Photoshopは、画像を加工したい時に一番ユーザーに使われるソフトです。しかし、もし写真側に何か不具合がある場合は、下記のいずれかのエラーが発生して、写真をPhotoshopで開くことができない可能性があります。

1.要求された操作を完了できません。有効なPhotoshopドキュメントではありません。
2.要求された操作を完了できません。不明または無効なJPEGマーカーが見つかりました。
3.要求された操作を完了できません。ファイル形式モジュールでファイルの解析を実行できません。

JPG、またはJPEG形式は、最も汎用されている画像の形式でしょう。デジカメ、スマホなどのデバイスを使って撮りつめた写真は大半JPG/JPEGとなりますし、パソコンなどで画面キャプチャーの形式もほぼJPG/JPEGとなります。それでは、もしJPG/JPEGが無効になった場合、無効になった原因及び無効写真の修復方法を知る必要があります。

JPEG画像が無効になった原因

PhotoshopでJPEG画像を開く時に、「不明または無効なJPEGマーカーが見つかりました。」エラーが発生する原因は何ですか?つまり、JPEG画像が無効になった原因は何ですか?この部分では、まず原因を解説していきたいと思います。

1.ウィルスへの感染

画像自体がウィルスへ感染した場合、または画像が保存されているディスクがウィルスへ感染した場合、JPEG画像は無効になる可能性が高いです。このような時に、当該JPEG画像をPhotoshopで開くと、「不明または無効なJPEGマーカーが見つかりました」エラーが発生します。

2.ストレージデバイスに不良セクタがあり

ストレージデバイスで存在する不良セクタは、ある程度でその中に保存しているJPEG画像に悪影響を与えます。このような場合、無効なJPEG画像を修復する場合、まずはハードドライブ上の不良セクタを検出して修復する必要があります。

3.ファイルの拡張子が変更されました

JPEG画像の拡張子が変更された後、画像ファイルが開かなくなる可能性があります。

4.写真形式変換エラー

もしJPEG画像はPNG、またはHEIC形式から変更してきたものの場合、変換中に何かエラーが発生する場合、JPEG画像が無効になる可能性があります。

5.JPEG画像のヘッダが破損 

JPEGの画像にもヘッダがあります。もしヘッダが破損になると、画像データにもアクセスできなくなります。

【無効なJPEGマーカーエラー】の対策

JPEG画像に何らかの不具合があって、【無効なJPEGマーカーエラー】が発生すると、当該JPEG画像を修復する必要があります。次の部分では、このエラーに対する役立つ3つの対策を紹介します。

1.EaseUS Data Recovery Wizardで無効なJPEG画像を修復する

PhotoshopでJPEG画像を開くと、「無効なJPEGマーカーエラー」が発生する場合、JPEG画像を修復する必要があります。それでは、ここで最も使いやすい画像修復ソフトで無効なJPEG画像を修復する方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizardは、紛失画像の復元、破損画像の修復に役立ちます。このソフトが各フォーマットの画像にも対応していますので、無効なJPEG画像を修復する最適なソフトだと思われています。

それでは、下記のダウンロードボタンから、EaseUS Data Recovery Wizardをパソコンにインストールして、下記の操作ガイドに従って、無効なJPEG画像を修復しましょう。

ステップ1.ソフトをパソコンにインストールすると、実行します。破損のある写真が保存されているドライブ/ディスクを選択して、「スキャン」をクリックします。

写真を修復するステップ1

ステップ2.選択したドライブへのスキャンが開始されます。このプロセスによって、破損・紛失写真が検出されます。破損写真を検出されますと、修復作業が自動的に行われます。

写真を修復するステップ2

ステップ3.目標の写真を選択して、「復元」をクリックして別の場所に写真を復元します。

写真を修復するステップ3

2.ファイル名の拡張子が実際のファイルタイプと一致することを確認する

ファイル名に追加する拡張子が画像の実際のファイルタイプに適切な拡張子であることが重要です。名前を付けて保存ダイアログボックスのフォーマットホップアップメニューからフォーマットを選択すると、適切な拡張子が自動的に追加されます。拡張子を手動で入力した場合には、ファイルのファイル形式と一致しない拡張子を入力したという可能性もあります。

だから、下記のステップに従って、ファイル名の拡張子が実際のファイルタイプと一致することを確認することが重要です。

ステップ1.Windows エクスプローラーを開きます。

ステップ2.上部のメニューから「表示」「オプション」の順にクリックします。

ステップ3.登録されている拡張子は表示しない」のチェックを解除します。

ファイルの拡張子を表示する

ステップ4.適用」をクリックして、「OK」をクリックします。

3.バックアップファイルからJPEG画像を復元

もし常にファイルをバックアップする習慣がありましたら、簡単にバックアップファイルから当該破損のJPEG画像を復元することができます。

ソフトでファイルをバックアップした場合:同じソフトを使ってイメージファイルから復元する
クラウドドライブまでファイルをバックアップした場合:当該クラウドドライブにログインして、JPEG画像をダウンロードする
外付けストレージを使ってファイルをバックアップした場合:当該外付けストレージをパソコンに接続してそこからファイルを取り出す。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。