> How to Use > ファイル復旧 > Outlookでメールを復元する方法

Outlookでメールを復元する方法

2014-10-09 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Outlookのメール紛失は誤削除、ウィルスアタック、ソフトの障害などいろいろな原因に起こされる可能性がありますが、大事なメールをOutlookから復元したい場合は、メール復旧のソフトを利用することをお勧めします。EaseUS Data Recovery Wizardはメール復旧機能が付いている強力のデータ復旧ソフトで、使い勝手がよくて復旧率が高いため、ユーザに高く評価されています。次はEaseUS Data Recovery Wizardというプロかつ簡単なソフトでOutlook メールを復元する手順をご紹介します。

Microsoft Outlookについて

OutlookはMicrosoftより開発され、メールの授送信したり、カレンダー、連絡先、タスク、ドキュメントを保存し管理したりすることができる機能豊富なEメールプログラムです。また、MS OutlookはEメール、フォンサポート及びグループスケジューリングの相互接続に役に立てます。エラーや故障が起こったとき、Outlookは時々アクセスできなくなります。

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Outlook メールをEaseUS Data Recovery Wizardで復元する手順

Outlookのメール紛失は誤削除、ウィルスアタック、ソフトの障害などいろいろな原因に起こされる可能ですが、大事なメールをOutlookから復元したい場合は、メール復旧のソフトを利用することをお勧めします。EaseUS Data Recovery Wizardはメール復旧機能が付いている強力のデータ復旧ソフトで、使い勝手がよくて復旧率が高いため、ユーザに高く評価されています。

次はEaseUS Data Recovery Wizardというプロかつ簡単なソフトでOutlook メールを復元する手順をご紹介します。

ステップ1.ソフトを実行して最初画面に入ってください。そこでoutlookフォルダーの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを開始します。

outlook を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが完了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「メール」を選択してください。検出されたメールファイルが一つずつ確認することができます。

outlook を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいoutlookメールファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたメールファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルを上書きしないため、復元されたメールファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

outlook を復元するステップ3-ファイルの保存

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

バージョン別対処法

Office365のメールにおいて、バージョン別の対処法を紹介します。

新しいOutlook on the web用の手順

1.まだ「削除済みアイテム」フォルダー、または、「迷惑メール」フォルダー内にあるメールを回復する。

通常、メールメッセージ、連絡先、予定表アイテム、タスクを削除すると「削除済みアイテム」フォルダに移されるので、まずは「削除済みアイテム」フォルダを確認する。そこにない場合は、「迷惑メール」フォルダーを確認する。

「削除済みアイテム」:「元に戻す」からメッセージを削除されていないフォルダーに移動させる
「迷惑メール」:「迷惑メールではない」から、メッセージを移動させる
2.「削除済みアイテム」フォルダーから削除されたメールを回復する。

「削除済みアイテム」>「このフォルダーから削除されたアイテムを復元」>回復するメッセージを選択し、「復元」

回復されたアイテムは、可能な場合、元のフォルダーに移動しますが、もし元のフォルダーが存在しない場合は、

メッセージ:受信トレイ
予定表アイテム:予定表
連絡先:「連絡先」フォルダー
タスク:「タスク」フォルダー
に移動します。

3.Outlook on the webの「削除済みアイテム」フォルダーをサインアウトの度に空にしない。

”サインアウトの度に「削除済みアイテム」フォルダーを空にする”設定を解除することが可能です。

「設定」>「Outlookのすべての設定を表示」>「メッセージ処理」>「サインアウトするとき」から「削除済みアイテムを空にする」フォルダーのチェックボックスをはずす

従来のOutlook on the web用の手順

1.まだ「削除済みアイテム」フォルダー内にあるメールを回復する。

通常、メールメッセージ、連絡先、予定表アイテム、タスクを削除すると「削除済みアイテム」フォルダに移されるので、まずは「削除済みアイテム」フォルダを確認する

元のフォルダーに復元

メールフォルダーリストで「削除済みアイテム」>対象のアイテムを右クリック>「復元」

or

別のフォルダーに復元

メールフォルダーリストで「削除済みアイテム」>対象のアイテムを右クリック>「移動」>「別のフォルダーに移動する」>フォルダーの場所を指定し「移動」

2.もう「削除済みアイテム」フォルダー内にないメールを回復する。

「削除済みアイテム」フォルダー>「削除済みアイテムの回復」>復元するアイテムを選択し、ツールバーから「回復」>「アイテムの回復」>「OK」

回復されたアイテムは、可能な場合、元のフォルダーに移動しますが、もし元のフォルダーが存在しない場合は、

メッセージ:受信トレイ
予定表アイテム:予定表
連絡先:「連絡先」フォルダー
タスク:「タスク」フォルダー
に移動します。

3.サインアウトする時に「削除済みアイテム」フォルダーを空にする。

「設定」>「メール」>「オプション」>「メッセージオプション」>「サインアウトするときに削除アイテムフォルダーを空にする」のチェックボックスをオンにする>「保存」

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。