> How to Use > ファイル復旧 > PDF修復ソフト|破損したPDFファイルの修復方法

PDF修復ソフト|破損したPDFファイルの修復方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年06月07日に更新

概要:

重要なPDFファイルが破損になって開けなくなった場合、どうやって修復すればいいですか?本文では、破損したPDFファイルを完璧に修復する方法を皆さんに紹介するので、ご参照ください。

 

PDFは、全世界出も非常に人気なドキュメントファイルフォーマットです。PDFファイルの優れる互換性及び安定性のため、公式ファイル、領収書、見積書などを発行する時に、PDFファイルがよく使われています。

しかしながら、PDFファイルが破損になったこともよく見られています。PDFファイルが破損になると、ファイルが開けなくなって、PDFファイル内の常用な内容もなくなります。本文では、このような困難に陥るユーザーに向けて、複数のPDF修復対策を紹介していきたいと思います。

破損のPDFを修復

PDFが破損になる原因

PDFのエラーをGoogleで検索すると、「PDFドキュメントのロードに失敗した」「Adobe Readerアップデート失敗エラー 1635」など、たくさんのエラーメッセージを見つけることができます。これらのエラーは、実際に同じような問題によって引き起こされています。

デバイス障害:ハードディスクの不良セクター、USBメモリの接触不良など
転送中の問題:もしPC同士でPDFファイルを転送する場合、不良なネット接続の状況、または予想せぬ転送中断はPDFファイルに損壊を与えます。
ウィルス攻撃:ウィルスを感染すると、PDFファイルが知らずに破損になることがあります。
Windowsのエラー:Windowsで起きる様々なエラーもPDFファイルを破壊することがあります。

それでは、もし破損したPDFファイルがある場合、どうやって修復すればいいですか?次は、破損PDFファイルの修復方法を皆さんに紹介します。

オンラインでPDFファイルを修復する方法

1.ilovepdf.com

ilovepdfは、非常に強力的なオンラインPDF修復ツールとして、アカウント登録をしなくても簡単にPDFファイルを修復することができます。破損PDFファイルを修復するには、ファイルをこのサイトにアップロードする必要があります。このサイトには、パソコンに保存しているPDFファイルをアップロードすることもできますし、Google DriveとDropboxからPDFファイルを導入することもできます。 

Ilovepdf


ご案内:このサイトの無料バージョンでは、2つのPDFファイルのみを修復できますが、それ以上のファイルを修復したい場合、ログインしてプレミアムバージョンを購入する必要があります。

ilovepdfにログイン

2.sejda.com

ilovepdf以外、sejdaも非常に使いやすいPDF修復ツールです。破損したPDFファイルをリカバリー領域にドラッグ&ドロップすることで、破損PDFファイルをアップロードすることができます。Dropbox、Google DriveやOne Driveなどのオンラインストレージから破損ファイルを導入することもできます。

sejda

ご案内:sejdaにアップロードするファイルは、2時間立つとサーバーから削除されます。sejdaが修復可能なPDFファイルは、ファイルサイズが50MB以内、ページ数は200ページ以内のファイルに限ります。また、このツールは1時間で3件のファイルのみを無料で修復することができます。それ以上のPDFファイルを修復したい場合、製品版にアップグレードする必要があります。

ilovepdfと比べると、sejdaの修復プロセスがアップロード中に実行されるので、ファイルアップロードのスピードが遅くなります。修復プロセスが完了した場合、sejdaは教えてくれます。それから、修復済みのドキュメントをプレビューしたり、パソコンに保存したりできます。

専門ツールで破損PDFファイルの復元と修復

PDFファイルが破損になっただけではなく、紛失にもなってパソコンでどうしても見つけない場合、オンラインのPDF修復ツールは効果を発揮できなくなります。このような時に、専門の復元・修復ツールを使う必要があります。

EaseUS Data Recovery Wizardは、このようなややこしいシチュエーションを取り扱うには、一番適切な専門ツールだと思われています。このツールは、紛失したファイルを復元するために開発されたツールなのですが、復元中に破損状態を自動的に診断する機能も付いているので、もしファイルの破損状態を検出できたら、自動的にそのファイルを修復することもできます。

下記のダウンロードボタンからこのソフトを無料で取得し、詳細な操作手順を参照して、PDFファイルを復元・修復しましょう。

ステップ1.データ復旧・修復ソフトを開き、最初画面でPDFファイルが保存されている場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

PDFファイルを復元・修復するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、全てのファイルが検出されることが可能です。それから、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックして、展開のリストで「ドキュメント」指定することでドキュメントファイルのみを表示することができます。PDFファイルだけを表示したい場合、検索ボックスで「.pdf」を入力して絞り込むことができます。

PDFファイルを復元・修復するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいPDFファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。それから、選択されたファイルの保存場所を指定する必要があります。データの上書きを避けるため、保存場所をPDFファイルの元場所と異なるディスクと選択してください。ここまでは復元は終わりました。

ご案内:PDFファイルが破損する場合は、当該ファイルを復元する時に自動的に修復されます。

PDFファイルを復元・修復するステップ3-ファイルの保存

まとめ

破損したPDFファイル数が少ない場合は、オンラインで利用できるilovepdf、sejdaなどのPDFファイルは非常に理想的なツールだと思いますが、もしPDFファイルが破損になっただけではなく、パソコンでそのファイルを見つけることもできなくなった場合、EaseUS Data Recovery Wizardというツールを使いましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。