> How to Use > ファイル復旧 > Windows 10で削除/紛失されたOneDriveファイルを検出&復元する方法

Windows 10で削除/紛失されたOneDriveファイルを検出&復元する方法

2017-05-18 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
OneDriveで保存されるファイルを間違って削除したら、どうすれば復元できるでしょうか?この記事では、Windows 10で削除/紛失されたOneDriveファイルを検出&復元する方法を、皆さんに紹介します。

「先日、間違ってOneDriveに保存されるバックアップファイルを削除してしまいました。OneDriveから削除されたファイルでも、復元する可能性はあるでしょうか?教えてください。」

OneDriveは高性能のネットドライブとして、多くのユーザーに利用されています。しかし、誤削除や不意のシステムクラッシュなどの原因で、OneDriveでのファイルが紛失されてしまうこともよくあります。

心配しないでください!次はWindows 10で削除/紛失されたOneDriveファイルを検出&復元する方法を皆さんに紹介します。

方法一:30日間内ならリサイクルビンにてファイルを探す

OneDriveでは、ファイルを削除してから30日間以内に、ファイルをリサイクルビンに預かって、復元させる可能という仕様があります。それを利用して、削除されたファイルを復元するのは可能です。

1. OneDriveサイトにて、自分のアカウントでログインします。
2. 左側の「Recycle bin」をクリックします。

リサイクルビンからOneDriveファイルを復元

3. 復元したいファイル或いはフォルダーを選定して、「Restore all items」をクリックして、ファイルを復旧します。
最後に、復元できたファイルをチェックして、パソコンに同期すればよろしいです。

方法一:データ復元ソフトでファイルを取り戻す

パソコンで保存されたOneDriveファイルが紛失された場合、第三者リカバリソフトでファイルを復旧してみることはできます。

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。パソコンのディスクをスキャンすることで、紛失されたOneDriveファイルを検出&復元するのは可能です。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

1.ソフトを実行して、初めの画面でファイルの元の保存ディスクを選択して、「スキャン」をクリックします。

ファイルの元の保存ディスクへのスキャンを始める

2.ソフトが自動的に選択したディスクをスキャンし始めます。

スキャンが完了するまで待つ

3.スキャンが完了したら、すべてのファイルがリストで表示されます。復元したいOneDriveファイルの前にチェックを入れて、「リカバリー」をクリックしてパソコンに保存します。

OneDriveファイルを復元

EaseUSが選ばれる理由