> How to Use > ファイル復旧 > Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧する方法

Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧する方法

2016-12-13 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
「Ctrl+Z」は「削除」指令として使われることが普通です。キーボードでCtrlとZを同時に押せば迅速的にファイルを削除でき、かなり便利です。しかし、不意にCtrl+Zを押し、大事なデータやファイルを紛失してしまった人も少なくありません。Ctrl+Zで削除されたファイルをどうすれば復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

「Ctrl+Z」よりの誤削除

「USBでの写真をパソコンに移そうとしたんですが、コピー指令のCtrl+Cではなく、削除指令のCtrl+Zを誤って使ってしまいました。気付いた前に既にゴミ箱も一新して、大事な写真ファイルが自分のミスにより紛失されました。どうしたらいいでしょうか?」

誤って「Ctrl+Z」指令を使って、ファイルを間違って削除してしまうのは、数多くの人がしたことでしょう。実は「Ctrl+Z」でファイルを削除しても、ファイルがゴミ箱に残すので、ゴミ箱さえ一新されなかったら、復旧するのが簡単です。

しかし、ゴミ箱にも削除された場合、どうすれば、Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧するでしょうか?

データ復旧ソフトでファイルを取り戻す

ここで、データ復旧ソフトであるEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めしたいと思います。わずか三つのステップで、「Ctrl+Z」より紛失されたファイルを復旧することができます。それでは、ソフトをダウンロードして、実際にデータ復旧を試してみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

1.EaseUS Data Recovery Wizardを実行し、紛失ファイルの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧する方法1

2.ファイルが削除される前の保存ディスクを選択して、「スキャン」をクリックします。

Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧する方法2

3.スキャン完了するとすべての紛失データがリストで表示されます。復元したいファイルにチェック入れて「リカバリー」をクリックして復元します。

Ctrl+Zで削除されたファイルを復旧する方法3

EaseUSが選ばれる理由