> How to Use > ファイル復旧 > 「対策」別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので操作を完了できません

「対策」別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので操作を完了できません

WuYanG
更新者:WuYanG 2023/12/22
   

主な内容:

概要:

ファイルを削除、コピー、名前変更しようとすると、エラーメッセージ「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので操作を完了できません」が表示されます。「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので操作を完了できません」エラーは、5つの効果的な方法で解決できます。処理中に誤ってファイルを削除してしまった場合は、EaseUS ファイル復元ソフトウェアを実行して、失われたファイルを復元してください。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windowsユーザーは、間違いなくどこかで「使用中のファイル」というメッセージに出会っているはずです。このエラーは、特定のタスクを完了するのを妨げるため、イライラさせることがあります。

ファイルが開いているため、アクションを完了できない、使用中のファイル

このブログ記事では、「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので操作を完了できません」(後述の本文では「別のプログラム...」と略す)エラーを修正するための最新のヒントを提供します。また、「別のプログラム...」エラーの原因や、エラーの発生を未然に防ぐ方法についても説明します。ご期待ください!File In Use: ファイルが開いているため、アクションを完了できません。

「別のプログラム...」エラーは、アクセスしようとしているファイルやプログラムがすでに開いていて、他のプログラムによって使用されていることを示します。これは、以下のような理由で起こることがあります:

  • ファイルが破損しているため、開くことができません。
  • 現在、オペレーティングシステムがこのファイルを使用しています。
  • ファイルは別のプログラムで開かれており、まだ閉じられていません。
  • ファイルは別のプログラムで開かれており、そのプログラムは応答していない。
  • 他のプログラムでファイルを開いていて、バグでファイルがロックされている。
  • ファイルが他のプログラムで開かれていて、そのプログラムがアクセスするための適切な権限を持っていない。

このエラーにはイライラさせられますが、修正するために試せることがいくつかあります。ファイルが開いているため、アクションを完了できません」を修正するために読み続けてください。

方法1.File Locksmithでプログラムを調べる

Windows ユーザーは、ファイルを削除しようとしたときに、そのファイルが使用されていると言われ、同じような経験をしたことがあるかもしれません。しかし、タスクマネージャで正確なプログラムまたはプロセスを見つけるのに手助けが必要です。PowerToys社は、Windows 11/10でFile LockSmthと呼ばれる機能を追加するアップデートをリリースしました。File LockSmthは、どのファイルがどのプロセスで使用されているかをチェックするためのWindowsシェル拡張機能です。以下の手順で、ファイルを使用しているものを探します。

ステップ1.マイクロソフトからPowerToysをインストールします。

ステップ2.インストール後、ファイルエクスプローラーで選択した1つまたは複数のファイルを右クリックします。

ステップ3.メニューから「このファイルを使用しているもの」を選択します。

ステップ4.プロセスのリストが表示されます。タスクの終了」ボタンを選択すると、プロセスを終了させることができます。

File Locksmithを実行して修正する ファイルが開いているため、アクションを完了できない

その後、ファイルの削除、コピー、名前の変更などを行ってみて、「ファイルが開いているため、アクションを完了できません」というエラーが解決されたかどうかを確認してください。

方法2.タスクマネージャーでバックグラウンドプロセスを停止する

File in use, the action can't be completed because the file is open "エラーは、さまざまな理由で発生する可能性がある一般的なエラーメッセージです。最も可能性の高い原因は、アクセスしようとしているファイルを他のプログラムが使用していることです。このエラーを解決するには、タスクマネージャーですべてのバックグラウンドプロセスを停止する必要があります。

ステップ1.CTRL+ALT+DELを押して、タスクマネージャーを開きます。

ステップ2.プロセスを選択し、「タスクの終了」を選択します。

タスクマネージャーでバックグラウンドのプロセスを停止する

プロセスが停止されれば、問題なくファイルにアクセスできるようになります。うまくいかない場合は、コンピュータを再起動してから、もう一度試してみてください。

方法3.ごみ箱を空にして再起動する

ファイルが開いているためアクションを完了できませんエラーは、Windowsユーザーがファイルを削除しようとしたときに遭遇する可能性がある最も一般的なエラーの1つです。このエラーを解決する最も簡単な方法は、ごみ箱を空にすることです。

ごみ箱は、削除されたファイルの一時的な保管場所です。ごみ箱を空にすると、そのファイルはすべて永久に削除されます。そのため、エラーの原因となっているファイルも削除する必要があります。ごみ箱を空にするには、次の手順に従います:

ステップ1.デスクトップ上の「ごみ箱」アイコンを探します。

ステップ2.右クリックし、ドロップダウンメニューから「ごみ箱を空にする」を選択します。

ステップ3.ポップアップウィンドウで「本当にこれらのアイテムをすべて永久に削除しますか」と尋ねられますので、「はい」をクリックして、ファイルが削除されるのを待ちます。

空のごみ箱 Windows 10

その後、Windows 11/10コンピュータを再起動し、まだこのエラーが表示されるかどうかを確認します。

方法4.Windows 11/10/8/7でWindowsエクスプローラーを再起動する

このエラーのもう一つの一般的な原因は、Windowsエクスプローラ(コンピュータ上のファイルやフォルダを表示するプログラム)が応答しなくなったことです。幸いなことに、この問題を解決する簡単な方法があります。Windows Explorerを再起動するだけで、問題が解決し、ファイルの削除、コピー、移動ができるようになることがよくあります。その方法をご紹介します:

ステップ1.CTRL+ALT+DELを押して、タスクマネージャーを開きます。

ステップ2.Windowsエクスプローラーを右クリックし、「再起動」を選択します。

Windows 11/10/8/7でWindowsエクスプローラーを再起動する。

これで、ファイルはもう使用されず、適切に閉じられます。

方法5.「別のプログラム...」エラーを解消するために、一時ファイルを削除する

一時ファイルは、通常、新しいプログラムをインストールしたり、新しいドキュメントを開いたりするときに作成されます。これらのファイルを削除すると、コンピュータの空き容量が増えます。また、一時ファイルが破損して、エラーやクラッシュを引き起こすこともあります。したがって、一時ファイルを削除することで、「別のプログラム...」エラーを解決することができるのです。

ステップ1.Windows+Rキーを押して、「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開きます。

ステップ2. 「%temp%」と入力し、「Enter」を押します。

ステップ3.CTRL + Aを押してすべてのファイルを選択し、Shift + Delを押してこれらのファイルを永久に削除します。

File In Use Errorを解消するためにTempファイルを削除する

タスクが完了したら、「ファイルが開いているため、アクションを完了できません」が解決したかどうかを確認します。

追加ヘルプ Windows 11/10/8/7で削除されたファイルを復元する。

このように、ごみ箱を空にしたり、Tempファイルを削除したりすると、データが失われることがあります。ファイルが開いているため、アクションを完了できません」を修正した後、失われたデータを復元するのはいい選択だと思います。EaseUS Data Recovery Wizardは、Windows 11/10/8/7で削除されたファイルを復元できる専門的なデータ復元ソフトです。

  • 空になったごみ箱、ハードディスク、フラッシュドライブ、メモリーカード、デジタルカメラなどから削除されたファイルを復元することができます。
  • このソフトは使い方が簡単で、数分でファイルを復元することができます。
  • また、無料で利用でき、Windowsの全バージョンに対応しています。

誤って重要なファイルを削除してしまった場合、EaseUS Data Recovery Wizardは間違いなく試す価値があります。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフィルターまたは種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

まとめ

ファイル使用中エラーはイライラさせるものですが、問題を解決するためにいくつかの方法を試すことができます。File Locksmithは、どのプログラムがファイルを使用しているかを調べるのに最適なプログラムで、タスクマネージャーでそのプロセスを停止することができます。それでもうまくいかない場合は、Windowsエクスプローラーを再起動したり、ごみ箱を空にしてコンピュータを再起動したりしてみてください。それでも問題が解決しない場合は、私たちがお手伝いします。詳しくは、当社のウェブサイトをご覧ください。

よくある質問

1.使用中のファイルを強制的に削除するにはどうすればよいですか?

Windows 10でフォルダを強制削除するには:

  1. 修正1.CMDでフォルダを強制削除する
  2. 修正2.ソフトウェアでフォルダを強制削除する
  3. 修正3.所有権のあるファイルを削除する
  4. 修正4.セーフモードでフォルダやファイルを強制的に削除する

2.破損したファイルを強制的に削除するにはどうしたらいいですか?

破損したファイルを削除できない場合は、以下の手順で対処してください:

ステップ1.使用しているプログラムをすべて終了します。

ステップ2.コンピュータを再起動し、管理者アカウントでログインします。

ステップ3.削除したい破損したファイルを探します。

3.なぜマイクロソフトはファイルの削除を許可しないのですか?

バックグラウンドで動作しているサービスがある場合、ファイルを削除することができなくなります。システムは、ファイルが使用されていないにもかかわらず、使用中であると主張するのです。このように、マイクロソフトはファイルの削除をさせない。

4.ファイルインユースエラーを克服する方法とは?

以下の手順で、ファイルインユースエラーを修正します:

  1. プログラムを終了します。
  2. コンピュータを再起動する。
  3. タスクマネージャーでアプリケーションを終了させる。
  4. ファイルエクスプローラーのプロセス設定を変更する。
  5. ファイルエクスプローラーのプレビューペインを無効にする。
  6. コマンドプロンプトで使用中のファイルを強制削除する。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ