> How to Use > ファイル復旧 > Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法

Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法

2017-02-21 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
Internet Explorerはマイクロ社に開発されたブラウザとして、世界中で多くのユーザーに利用されています。大体のブラウザが、閲覧記録、ダウンロード履歴などをキャッシュ、或いは一時ファイルとして保存することが多いです。そのキャッシュ、一時ファイルをどこにみつけて、チェックできるでしょうか?もしキャッシュ、一時ファイルが紛失されたら、どうやって復旧するでしょうか?次は、Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法を皆さんに紹介します。

Internet Explorerでのキャッシュ/一時ファイルについて

大体のブラウザが、閲覧記録、ダウンロード履歴などをキャッシュ、或いは一時ファイルとして保存することが多いです。マイクロ開発のInternet Explorerも例外ではありません。しかし、キャッシュの一時ファイルの保存パスはブラウザより自動設定されたので、どこでそのキャッシュファイルをチェックできるか分からない人はまだ多いらしいです。

また、もし重要な閲覧履歴、もしくはダウンロードされたファイルを間違って削除しまいましたら、どうやって復旧できるでしょうか?次はそれについて皆さんに紹介します。

Internet Explorerでのキャッシュ/一時ファイルをチェックする方法

Internet Explorerの自動保存パスは下記です。まずはそこにてキャッシュと一時ファイルをチェックしてみてください。

C:\Users\\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache

また、ブラウザ内でもキャッシュ、一時ファイルを閲覧することが可能です。

  • Internet Explorerの「設定」メニューを開けます。
  • 「ツール」を選択します。
  • キャッシュ、或いは一時ファイルをチェック入れて、「ビュー」をクリックします。

Internet Explorerでのキャッシュ/一時ファイルを復旧する方法

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。誤削除、システムクラッシュにより紛失された一時ファイルを迅速的に復旧できます。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

1.データ復元ソフトを実行して、初期画面で紛失された一時ファイルの保存ディスクを選択して、「スキャン」をクリックします。

一時ファイルの保存ディスクを選択して、「スキャン」をクリックする

2.まずはクイックスキャンが実行されます。クイックスキャンが完了した後、より多くのデータを探し出すため、ディープスキャンが自動的に行います。

クイックスキャンとディープスキャンが実行される

3.検出されたデータの中から、復元したいファイルを見つけて、その前にチェックを入れて、「リカバリー」をクリックして復元します。

一時ファイルを復元する

EaseUSが選ばれる理由