> How to Use > ファイル復旧 > Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法

Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年02月05日に更新

主な内容:

概要:

そのキャッシュ、一時ファイルをどこにみつけて、チェックできるでしょうか?もしキャッシュ、一時ファイルが紛失してしまったらどうやって復旧するでしょうか?次は、Internet Explorerのキャッシュと一時ファイルをチェック&復旧する方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

IEでのinetcache(キャッシュ)/一時ファイルについて

大体のブラウザが、閲覧記録、ダウンロード履歴などをキャッシュ、或いは一時ファイルとして保存することが多いです。マイクロ開発のInternet Explorerも例外ではありません。しかし、キャッシュの一時ファイルの保存パスはブラウザより自動設定されたので、どこでそのキャッシュファイルをチェックできるか分からない人は多いと思います。

また、もし重要な閲覧履歴、もしくはダウンロードされたファイルを間違って削除してしまいましたら、どうやって復旧できるでしょうか?次はそれについて皆さんに紹介します。

Internet Explorerでのキャッシュ場所/一時ファイルをチェックする方法

まず、Internet Explorerのキャッシュの保存場所はどこに保存されていますか? 次のステップをフォローしてie キャッシュ 場所を確認してください

1.まず、IEを開き、右上でのツールを選択するあるいは「ALT」+Xを押します。

キャッシュ保存場所の確認

2.「インターネットオプション」をクリックし、「閲覧の履歴」からの「設定」をクリックします

キャッシュの保存場所の確認

3.「現在の場所」で、キャッシュの保存場所は「C:\Users\\AppData\Local\Microsoft\Windows\INetCache」です。

キャシュの保存場所

まず、上記のInternet Explorerの自動保存パスによって、キャッシュと一時ファイルをチェックしてみてください。それに、「現在の場所」で、「ファイルの表示」をクリックしたら、ieでのキャッシュに保存された動画 や画像にも閲覧されます。

また、ブラウザ内でもキャッシュ、一時ファイルを閲覧することが可能です。

  • Internet Explorerの「設定」メニューを開けます。
  • 「ツール」を選択します。
  • キャッシュ、或いは一時ファイルをチェック入れて、「ビュー」をクリックします。

Internet Explorerでのキャッシュ/一時ファイルを復元する方法

方法1:無料復元ソフトの活用

ここで、データ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。誤削除、システムクラッシュにより紛失された一時ファイルを迅速的に復旧できます。しかも、無料復元の容量は多いです。キャッシュに削除された動画や画像などのファイルを復元することが十分です。是非試してみてください。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 11/10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

方法2:WindowsのDNSキャッシュからIEキャッシュを復元

1.「Windows」 + 「R」キーを押してからcmdと入力検索します。そして「OK」をクリックします。(Windowsの検索バーでcmdを入力するのもよろしいです。)

2.コマンドプロンプトipcongif /displaydnsと入力して、「Endter」をクリックします。

3.2をするとと、インターネット利用履歴が表示されます。それによって、削除されたIEキャッシュを復元します。

DNSキャッシュ

デメリット:この方法では、IEキャッシュのみ復元するだけではなく、Windowでの全てのキャッシュを復元することです。pcにキャッシュが多く蓄積される恐れがあります。IEのキャッシュを探すのは時間がかかるかもしれません。

まとめ

上記の方法から、削除されたキャッシュを簡単に復元できます。復元方法としては、高機能の無料復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardをお勧めます。普及率が高いし、無料版なら復元容量も十分です。ぜひダウンロードして体験してみてくださいね。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ