> How to Use > ファイル復旧 > 消えたOffice 365ファイルの復元方法

消えたOffice 365ファイルの復元方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

Office 365は便利をもたらしていますが、操作ミスは常にデータ損失を起こさせます。それで、今日はOffice 365のWord、Execl、PPT、Outlookのメールなどの削除したファイルの復元し、データ損失を避ける最適な方法を紹介します。Office 365の削除したファイルを復元できる方法は4つあります:Office 365のバックアップファイルから復元とファイル復元ソフトでOffice 365の削除したデータを復元。

 

Office 365は、マイクロソフトから提供されるクラウドサービスで、Windows 10ユーザーの生活とビジネスに生産性の高いソリューションを提供しています。Windows、Mac、iOS、Andorid搭載のPC、タブレット、スマホで、いつどこでも最新バージョンのOfficeアプリケーションでドキュメントを編集、共有できます。多くユーザーは誤ってOffice 365データを消してしまった状況にあったことあるかもしれません。あるいは、WindowsやMacOffice 365を誤ってアンインストールしてしまったこともあるかもしれません。以上の場合は、Office 365から消えたファイルを修復する方法を本記事で詳しく説明します。

office 365とofficeの違い

Office 365 は、 Microsoft から最新ツールを常にご提供するサブスクリプション サービスです。家庭や個人で使用するだけでなく、中小企業、大企業、学校、および非営利団体向けの Office 365 プランがあります。期間中に365はクラウドサービスを導入しているので、他のPC、タブレット、携帯端末などライセンスを共有することが可能です。また、クラウドドライブがあるので、編集のファイルは同じアカウントが登録されている異なる端末に共有することもできます。

Office 2019 は 永続ライセンスとしても販売されています。これは、1 台のコンピューターに Office アプリを取得するために、前払いコストを 1 回支払うことを意味します。永続ライセンスは、 PC と Mac の両方で可能です。しかし、アップグレードオプションはありません。これは、次のメジャー リリースにアップグレードすることを計画している場合は、正規の価格で購入する必要があることを意味します。しかしながら、新しいバージョンが発売されると、新バージョンへアップグレードしたいなら、新しい永続ライセンスをまた購入する必要があります。

参考リンク:https://support.office.com/ja-jp/article/office-365-%E3%81%A8-office-2019-%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%E3%80%82-ed447ebf-6060-46f9-9e90-a239bd27eb96

確かに、Office 365は便利をもたらしていますが、普通のOfficeと同じように、操作のミスなどによってデータ損失もよく発生します。そこで、今日はOffice 365のWord、Excel、PPT、Outlookのメールなどの削除したファイルの復元し、データ損失を避ける最適な方法を紹介します。

Office 365で消してしまったファイルを復元できる方法

office 365の削除したファイルを復元できる方法は4つあります:Office 365のバックアップファイルから復元とファイル復元ソフトでoffice 365の削除したデータを復元。

1.office365で消えたデータをゴミ箱から回復

ゴミ箱を開いて、復元するファイルをクリックして、「戻る」を選択します。そこで、 ファイルは、元のフォルダーに復元できます。

Macの場合:

Mac-office-ゴミ箱

Windowsの場合:

windowsシステムゴミ箱

2.Office 365で消えたデータをバックアップファイルから復元

OneDriveアカウントを持っているなら、office 365のファイルはOneDriveに同期した可能性があります。OneDriveにログインして、削除したファイルを探し見てください。

①ナビゲーションウィンドウで、「ゴミ箱」を選択します。

onedrive-office365-ゴミ箱

②ゴミ箱に入ってるファイルに復元したい項目を選択し、表示される [] チェックボックスをオンにして、復元するファイルを選択し、[復元] を押します。

注意:複数のoffice 365ファイルを修復したい場合は、「すべてのアイテムを復元」というボタンを押してください。ゴミ箱にあるファイルは、移されててから30日を過ぎると自動的に完全消されるので注意してください。

3.Office 365で消えたデータを自動保存から復元

office 365に自動保存設定した場合は、自動保存から復元できます。

①リボンの「ファイル」を選択し、「情報」場面を表示します。

office365

②場面最後の「ドキュメント管理」をクリックして、「保存されていない文書回復」を選択し、Office 365ファイルを復元できます。

office 365保存場面

最後に、Office 365の自動バックアップファイルを確認します。C:\Users\プロファイル\AppData\Roaming\Microsoft\フォルダ内の.tmpや.asdファイルを確認してください。

以上の方法はMicrosoft Officeの公式ページを参考して作成しました。もしほかの Office ファイル復元方法を参考したい場合は、Microsoft Officeの公式ページ(外部リンク)をリンクしてください。

4.ファイル復元ソフトでOffice 365の消えたデータを復元

クラウドにも他の記憶装置にもOffice 365のファイルバックアップを取っていない場合、Windows 10/8.1/8/7対応の復元ソフトで削除したOfficeファイルを復元することをお勧めします。

ここで高性能の復元ソフト-「EaseUS Data Recovery Wizard」をお勧めします。このツールはパソコン、ラップトップのHDD、SSDのほか、外付けHDD、USBメモリ、SDカード、マイクロSDカードからのファイル復元にも対応しています。削除したDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、PST、DBX、EMLXなどのファイルを簡単な3つのステップで復元できます:

ソフトを実行 > スキャン > ファイルを保存

「EaseUS Data Recovery Wizard」で削除したOffice 365のファイル復元する方法

詳しい操作ガイドは、下記ビデオチュートリアルまたは「EaseUS Data Recovery Wizard」の紹介ページをご参照ください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。