> How to Use > ファイル復旧 > After Effects 警告: このプロジェクトを最後に保存してから、○個のファイルが見つかりません。

After Effects 警告: このプロジェクトを最後に保存してから、○個のファイルが見つかりません。

2018-04-16 16:01:13 Posted by Tioka to ファイル復旧

概要:
「After Effects 警告: このプロジェクトを最後に保存してから、○個のファイルが見つかりません。」というAdobeで最も見られるエラー対して、このページが最も簡単かつ効果的な対処法をみなさんにご紹介します。このページを参照して、エラーを解決して紛失ファイルを取り戻しましょう。

エラー情報

After Effects 警告: このプロジェクトを最後に保存してから、○個のファイルが見つかりません。

上記のエラーに遭遇したら、主に下記の原因が考えられます。

1.プロジェクトファイルの場所が変更されました。
2.プロジェクトの名前が変更されました。

総じて言えば、ファイルを開こうとする時、After Effectsは正確に開けるのを確保するため、メディアリンクをチェックします。そのため、そのファイルの名前/場所が変更された場合、もしくはファイルを削除してしまった場合、この「After Effects 警告: このプロジェクトを最後に保存してから、○個のファイルが見つかりません。」が発生します。こんな時、それら紛失ファイルを復旧することができれば、このエラーを完璧に解決できるのでしょう。

見つからなかったファイルを復元する方法

まず、ファイルが見つからなかった原因、誤って削除したか、ファイルの名前を変更したかなどを解明しなければなりません。

対処法1.誤って削除してしまったAfter Effectsファイルを復元する

ファイル復旧なら高機能なデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardが役に立ちます。このソフトを使ってファイルの保存場所からたった3ステップだけで紛失ファイルを復活

削除してしまったAfter Effectsファイルを復元する操作手順

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

1.ソフトのインタフェースで削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

2.スキャンのプロセスが終わるまでしばらく待ってください。

削除したファイルを復元するステップ2

3.復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

  無料体験Windows向け   無料体験Mac向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

 

対処法2.場所が変わったAfter Effectsファイルを見つける

もしも、エラーが発生する原因がAfter Effectsファイルの変更であれば、ソフト内でフッテージの置換えをしなければなりません。

リンクファイルを置き換える方法

1.ソフト内でリンク切れのファイル(場所が変更してしまったファイル)を右クリックしてください。
2.表示されるコンテキストメニューで「フッテージの置換え」を選択してください。
3.その新しい場所からファイルを選択してリンクを付け直すことは可能です。

ソフト内でフッテージを置換え

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。