> How to Use > ファイル復旧 > (Windows 11/10/8.1/8/7適用)コマンドラインでExcelファイルを修復する

(Windows 11/10/8.1/8/7適用)コマンドラインでExcelファイルを修復する

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年08月24日に更新

主な内容:

概要:

本文では、コマンドラインでエクセルファイルを修復して復元する方法を皆さんに紹介します。コマンドラインにそんなに詳しくない場合は、EaseUS製のExcel修復ソフトを使うことができます。このソフトは、数回のクリックだけで、破損したエクセルファイルを簡単に修復して復元することができます。

EaseUS Data Recovery Wizard

Excelファイルが破損になったら、そのファイルを開く時に、「.xlsxファイルが破損になって開くことができません。」というエラーメッセージが表示されます。そして、コンピューターにファイルを修復するかどうかが聞かれることになります。

実際には、パソコンでどのような種類のファイルを開く時にも、このエラーが発生する可能性があります。例えば、システムファイル、ワードドキュメント、Excelファイルなど。破損したエクセルを修復するために、コマンドラインとサードパーティーのプログラムが利用可能です。それでは、下記のガイドを参照して、コマンドラインを利用して破損のエクセルファイルを修復して開きましょう。

excelファイルをコマンドラインで修復

対策1.chkdskでコマンドラインを利用してエクセルファイルを修復する

Windowsが正確に動作できない場合、またはWindowsパソコンがクラッシュになった場合、システムファイルチェッカーを利用すれば、パソコンをスキャンして、ファイルを復元することができます。しかし、SFCコマンドは、システムファイルの修復にのみ対応できるので、エクセルファイルを修復したい場合、このコマンドラインは役に立ちません。

しかし、chkdskが時々役に立ちます。chkdskは、ハードディスクのエラーを効率的に検出して修復できる内蔵ユーティリティです。ハードディスク上のファイルシステムエラーがExcelファイルが開かない問題を引き起こしている場合、下記のステップを参照してコマンドラインでの修復を試しましょう。

ステップ1.検索ボックスで「CMD」を入力して、コマンドプロンプトを管理者として実行します。

ステップ2.「CHKDSK F: /f /r /x」を入力し、エンターキーを押します。ここで「Fをエクセルファイルの保存先となっているドライブに置き換える必要があります。」

コマンドラインでエクセルファイルを修復するステップ - 2

対策2.CHKDSKの代替ツールを利用する

コマンドプロンプトの操作にそんなに詳しくないし、データの損失を最小限まで抑えたい場合は、CHKDSKの代替ツールを利用することがおススメです。

ここでEaseUS CleanGeniusを皆さんに紹介します。このソフトで、1クリックだけでファイルシステムのエラーをチェックすることができます。

ステップ1.EaseUS CleanGeniusを無料でダウンロードして、パソコンにインストールします。

ステップ2.このソフトを立ち上げ、左側メニューで「Optimization」をクリックし、「File Showing」を選択します。

file showingを選択

ステップ3.「Choose drive」でチェックしたいドライブを選択し、「Check and fix file system error」のチェックボックスにチェックを入れて「Execute」をクリックします。

ファイルシステムの修復

ステップ4.エラーチェックのプロセスが完了したら、「click the "here" to view the result」からチェックの結果を参照することができます。

修復の結果を確認

対策3.データ復元&修復ソフトでエクセルファイルを修復

コマンドラインが無効な場合、サードパーティーのデータ復旧・修復ソフトのEaseUS Data Recovery Wizardが役に立てるかもしれません。このソフトは、破損したエクセルファイルを簡単に修復することができますし、Excel 2019, 2016, 2013, 2010, 2007及びそれ以前のバージョンにも対応しています。

  • 破損のJPEG/JPGファイルを修復可能
  • Windows/Macパソコンで破損したMP4/MOV動画を修復可能
  • SDカード、ハードドライブ、メモリカードなどからファイルを復元可能

破損したエクセルファイルを簡単に修復する操作手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で破損したExcelファイル、若しくは紛失したexcelファイルの保存場所を選択した上、「スキャン」をクリックします。

エクセル(Excel)を復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わった後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。それから、展開されたリストで「ドキュメント」指定することでファイルを絞り込むことが可能でス。検出されたエクセル(Excel)ファイルをすべて確認することができます。

エクセル(Excel)を復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元・修復したいエクセル(Excel)ファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。それから、選択されたファイルの保存場所を指定してください。上書きを避けるため、エクセル(Excel)の元場所と異なるディスクを選択してください。ここまでは復元は終わりました。(excelファイルが破損されている場合は、復元する時に自動的に修復されます。)

エクセル(Excel)を復元するステップ3-ファイルの保存

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ