> How to Use > ファイル復旧 > 「知恵袋」Windowsで削除したファイルはどこに行ったの?その分のファイルを完全に復活するには?

「知恵袋」Windowsで削除したファイルはどこに行ったの?その分のファイルを完全に復活するには?

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年04月22日に更新

主な内容:

概要:

【削除したファイルがゴミ箱にない場合、データ復元のやり方】しばらく不要なファイルを空き容量が不足している時に削除するのは普通ですね。でも、削除したファイルは果たしてどこに行ってしまったと皆さんは考えたことがありますか。一旦ファイルを削除してしまったら、そのファイルが完全にパソコンから消えたようですが、実はそうでもありません。この記事では、Windowsでの削除操作の原理について紹介します。また、どこから、どうやって削除したファイルが見つかるのかをも一緒に皆さんに紹介していきたいと思います。

EaseUS Data Recovery Wizard

削除したファイルがどこにありますか?

ごみ箱が単なる削除と異なるのは、実際に削除されるまではファイルの削除を取りやめる事ができるという点である。これにより誤操作によるファイル消失を防ぐ事ができるほか、情報という目に見えないものを扱ったファイルを、実体を持った対象として認識させる心理的な作用も働く。また多くはファイルアイコンをドラッグ操作でごみ箱へと移動するため、操作概念が明確で誤りが起こりにくい。ただ、一方で「いらないファイルを削除するのにいちいちごみ箱へ移動するのは面倒だし、回収は二度手間」という考え方もあり、ショートカットが用意されている場合もある。(ウィキペディアより

それゆえ、普通にファイルを右クリックして削除を選択してファイルを削除するという流れは「削除」と呼んでもいいけど、本当の削除ではありません。ただ、削除の誤操作を防ぐため、そのファイルを妨げないところに入れるだけです。ということで、削除したファイルがどこにありますかと聞かれると、

削除したファイルがゴミ箱に入る

元の場所にファイルが消えてしまった場合は、すぐにゴミ箱をチェックしましょう。多くの場合はゴミ箱でそのファイルを見つけることができます。それから、ゴミ箱でそのファイルを右クリックして復元を選択すれば、ファイルを元の場所に移動することも可能です。

削除したファイルがゴミ箱で見つからない

また、消えたファイルがゴミ箱で見つからない場合もよくあります。例えば、SDカードを含む多数の外付けデバイスからファイルを削除した場合、または、パソコンでファイルを完全に削除した場合、ファイルはゴミ箱で見つかりません。

削除したファイルがゴミ箱にない原因

上記の部分で言ったように、削除したファイルが普段ゴミ箱に入りますが、何らかの原因で削除したファイルがゴミ箱にない場合もありえます。

削除したファイルがゴミ箱にない原因:

  • 外付けデバイスから超大容量ファイルを削除
  • システムのクラッシュなどの不具合でファイルが消えてしまった
  • Ctrl + Zでファイルを完全削除
  • ......

上記の原因が代表的ですが、これらの原因には限りません。それでは、削除したファイルがゴミ箱にない場合は、ファイルがどこに行ってしまったの?次は詳しく解説してみたいと思います。

ごみ箱にない削除ファイルはどこに行ってしまったの?

まず、先に言う必要があることですが、削除したファイルがゴミ箱にない場合と、ゴミ箱からファイルを完全に削除する場合と同じ、ファイルが不要ファイルとマークされ、ドライブの空きセクターに移動するようになります。空きセクターに移動すると、パソコンでは表示がなくなりますので、完全にパソコンから消えてしまったようです。実際にはそうではありません。

ファイルが不要とマークされ、ドライブの空きセクターに移動してパソコンで表示されなくても、何らか見えない形でドライブに存在することに間違いありません。そのセクターに新しいデータを書き込まないと、そのファイルが破壊されなく、そのままドライブに保存しています。でも、一旦そのドライブに新しいデータを保存すると、そのセクターにも新しいデータが書き込まれるかもしれませんので、ファイルが破壊されたり、完全に新しいデータに上書きされたりする可能性が高いです。

ということで、ゴミ箱にないファイルを復元したい場合は、そのドライブの使用、特にデータの書き込みはすぐにやめたほうがいいです。ドライブの使用をやめていたら、ファイルをなんとか復元できます。

削除したファイルがゴミ箱にない場合のデータ復元

削除したファイルがゴミ箱にない場合は、それらのファイルを復元するには、専門ツールを用いてそれらのファイルをディスクのセクターから検出する必要があります。ここでEaseUS Data Recovery Wizardで操作する方法を書いてきます。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいハードドライブを選択した上、「スキャン」をクリックします。

ハードドライブ 削除 復元1

ステップ2.ハードドライブの削除ファイルへのスキャンは開始されます。削除されたファイル → ハードドライブ全体の順にハードドライブをスキャンします。

ハードドライブ 削除 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、ハードドライブにあった削除ファイルがすべて表示されます。その中から復元したいファイルを選択して「リカバリー」をクリックします。

ハードドライブ 削除 復元3

この3ステップでゴミ箱にない削除ファイルを検出し、復元することができます。

削除したデータをゴミ箱に移動させる設定

上記の内容から、削除したファイルがゴミ箱に移動されたら、保存期間にデータを復元する可能性があります。そこで、データの損失を最小に抑えるために、なるべく削除したファイルをゴミ箱に一時保存したいユーザーは、下記のいくつかの設定に従ってください。

1.削除したファイルをゴミ箱に移動する

ゴミ箱を右クリックして、「プロパティ」「ゴミ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」のチェックを外したら、今後削除したファイルを一時的にゴミ箱に移動されています。

2.ファイル削除の容量の上限を拡大しておく

[ごみ箱」を右クリックして、[プロパティ]「カスタムサイズ」のところで、最大サイズの数値を変更できます。

3.ゴミ箱の保存期間を変更する

ゴミ箱の初期設定保存期間は、「30日」に設定されています。 念のため、ゴミ箱に入るファイルをできるだけ残していきたい場合は、その保存期間を延長することもできます。

「設定」「システム」「記憶域」「空き領域を自動的に増やす方法を変更する」「一時ファイル」でその保存期間を「60日」に選択してください。

上記の操作で、今後データを不注意に削除しても、ゴミ箱から復元する可能性が高くなります。また、データの復元が早めに対応するのは重要です。そのため、PCに復元ツールがあれば、データを早速で復元できます。復元ツールに対して興味がある方、ぜひダウンロードして無料体験してみてくださいね。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ