> How to Use > ファイル復旧 > 【Windows 10】で削除したファイルやデータを復元する方法

【Windows 10】で削除したファイルやデータを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年02月03日に更新

概要:

Windows 10のパソコンを使っている時に、うっかりして重要なデータやファイルを削除してしまったことがよくあります。もしゴミ箱で削除したファイルを見つければ、簡単に元に戻すことが可能ですが、もしゴミ箱で見つからない場合、どうやってファイルを復元すればいいですか?本文では、Windows 10で誤削除したファイルの復元方法を皆さんに紹介します。

 

誰のパソコンにも重要なファイルがたくさん保存されています。もし、自分の誤操作など重要なファイルを削除してしまったら、非常にまずいことになりますよね。このような焦る時こそ、落ち着いて正確な対処をすることが必要です。本文では、Windows 10で重要なファイルを誤って削除してしまった場合、復元のために役に立つ対処法とヒントを皆さんに紹介します。

本文では、3つの部分に分けて、削除したファイルの復元方法を皆さんに紹介します。まずは、Windows内蔵のツールで復元する方法、そして、専門のデータ復旧ソフトで復元する方法、または、データ復旧の専門業者に依頼して復元する方法を別々で紹介していきたいと思います。

Windows内蔵のツールで削除したファイルを復元する

一般的には、ファイルを誤削除した時に、一番通用な方法は、ゴミ箱で削除ファイルを確認して復元する方法です。実際には、ゴミ箱の他にも、Windowsでは、削除したファイルを復元できる内蔵ツールがあります。この部分では、これらのツールの利用方法を1つずつ紹介します。

1.ゴミ箱で削除したファイルを復元する

通常、Windows 10のパソコンでファイルを削除した場合、そのファイルがゴミ箱に移ります。だから、一番先に取るべき対処は、ゴミ箱で削除ファイルをチェックして復元できるかどうかを確認することです。もしゴミ箱で削除ファイルがある場合、それを簡単に復元することができます。

ステップ1.ゴミ箱のアイコンゴミ箱のアイコンをダブルクリックしてゴミ箱を開きます。

ステップ2.復元したいファイルを右クリックして「元に戻す」若しくは上部メニュうの「選択した項目を元に戻す」をクリックします。

注:上部メニューで「すべての項目を元に戻す」をクリックすれば、パソコン内の全てのデータを復元することができます。

ゴミ箱からデータを復元する

ご案内:ゴミ箱からデータを復元すると、復元の場所を特定することができません。復元ファイルを元の保存場所でご確認ください。(下記のように元の保存先がゴミ箱で表示されています。)

削除したファイルの元場所を確認

2.ファイル履歴を使って削除したファイルを復元する

「ファイル履歴」とは、Windows 8/8.1及びWindows10に内蔵するドキュメント/ビデオ/ミュージック/ピクチャ/デスクトップフォルダー中のファイルをバックアップする機能です。

だから、もしファイル履歴でファイルをバックアップしたことがある場合、削除したとしても、すぐに復元することができます。

ステップ1.コントロールパネル」を開き、「ファイル履歴」をクリックします。

windowsのファイル履歴機能

ステップ2.左側のメニューで「個人用ファイルの復元」をクリックして、バックアップ済みのファイルを確認することができます。

ファイル履歴でファイルを復元するステップ2

ステップ3.ここでバックアップしたファイルとフォルダーを確認&復元することができます。フォルダーを復元することもできますし、フォルダー中の単一ファイルを復元することもできます。
復元したいファイルを選択すると、画面下部の真ん中の復元ボタンファイル履歴の復元ボタンをクリックします。

ファイル履歴でファイルを復元するステップ3

3.「以前のバージョン」で削除したファイルを復元する

Windows 10で「以前のバージョン」を使って復元する場合、ファイルの元の保存先を見つける必要があります。それから、消えたファイルの時間だけを選択すれば簡単に復元することができます。操作が非常に簡単なので、初心者でも行うことができます。

ステップ1.復元したいファイルの元の保存先を右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.上部のメニューで「以前のバージョン」を選択し、以前のバージョンのウィンドウで時間を選択して、復元ボタンをクリックします。

以前のバージョンで削除したファイルを復元

Windows 10向けのデータ復旧ソフトを使ってファイルを復元する

Windows 10で削除したファイルの復元はそんなに容易なことではありません。Windows内蔵のツールだけを使う場合、ゴミ箱でもファイルを見つけれないし、ファイル履歴のバックアップ及び以前のバージョンもないことが多いでしょう。

このような場合、専門のデータ復旧ソフトのEaseUS Data Recovery Wizardを使うことがおススメです。このソフトは、非常に強力的なスキャン機能を搭載し、削除データを徹底的に検出することができるので、どこでも見つけれない削除ファイルをも、データ復旧ソフトでたったの3ステップだけで復元することができます。

1.ソフトのインタフェースで削除してしまったファイルがあったドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

削除したファイルを復元するステップ1

2.スキャンのプロセスが終わるまでしばらく待ってください。

削除したファイルを復元するステップ2

3.復元したいファイルを選択し、「リカバリー」をクリックすることで削除したファイルを復元することが可能です。

削除したファイルを復元するステップ3

ヒント:ソフトを開き、最初の画面で「ゴミ箱」を指定してスキャンを行うことができます。スキャンの場所を「ゴミ箱」に指定してしまうと、ソフトはは-dpディスクの全体をスキャンしないようになります。こうすると、スキャンプロセスをかなり縮まり、削除したファイルをもっと効率的に復元することができます。

データ復旧ソフト使用中の注意事項

データ復旧ソフトを使ってデータ復旧の成功率を高めるために、いくつかの事項に注意を払わなければいけません。

  • ①パソコン、及び他のストレージデバイスでデータが紛失すると、データ復元を行う前に、なるべく使用しないでください。新しいデータの書き込みは、紛失データを上書きします。
  • ②当データ復旧ソフトを使ってデータを復元する時に、復元先を紛失データの元保存先と同じな場所に指定しないでください。

データ復旧専門業者に依頼してデータを復元

上記の方法に従っても、データを復元できない場合、データ復旧専門業者に依頼するのは最後のチャンスだと思います。

国内のデータ復旧の事業者はたくさんありますが、ここでロジテックを皆さんにおススメします。ロジテックはエレコム参加の子会社として、非常に信頼性があると思います。

ロジテックのデータ復旧サービス

また、ロジテックは、削除ファイル復元の初期操作(診断など)を無料で行ってくれます、削除したファイルの復旧ができた場合のみ費用を支払うという成功報酬型の料金体系を採用していますので、比較的に安心なサービスです。しかしながら、自分でデータ復旧を行うより、事業者の費用がずっと高いので、特に深刻な状況ではない場合は、自分でファイル復元ソフトを使ってデータ復旧を行うことがおすすめ!

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。