> How to Use > ファイル復旧 > Windows 10/11でファイルやフォルダーを強制削除する方法

Windows 10/11でファイルやフォルダーを強制削除する方法

Tioka

Tioka |カテゴリ:ファイル復旧| 2022年04月14日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10/11で削除できないファイルやフォルダーを強制削除することができませんか?本文では、ファイルやフォルダーを強制削除する4つの方法を皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows 10でファイルを削除できない?

Windowsパソコンでファイルやフォルダーを削除するのは、一番頻繁に行われる操作の1つになります。削除したアイテムを右クリックして「削除」オプションを選択するか、ファイルを選択して、キーボードのDeleteキーを押すことでファイルを削除するのは、一般的な流れになっています。また、Shift + Deleteキーの組み合わせて押すと、ファイルまたはフォルダーを完全に削除することもできます。

ただし、以上の方法で、すべてのデータを削除することもできるわけでもありません。一部のファイルまたはフォルダは非常に頑固で、どうしても削除することもできない場合もあります。このような場合、常に次のようなエラーメッセージが表示されます。

  • [ファイル名]を削除できません:アクセスが拒否されました

ファイルやフォルダを削除できない理由はたくさんあります。たとえば、ファイルまたはフォルダはプログラムによって使用されいるため、そのプログラムを閉じなければ削除できません。または、フォルダが読み取り専用であり、ファイルが保存されているディスクが書き込み保護になったり、ごみ箱がいっぱいになったりしている可能性もあります。理由が何であれ、次の4つの方法を試して、Windows11/10/8/7でどうしても削除できないファイルやフォルダーを強制的に削除できます

1.CMDのDelコマンドでファイル/フォルダーを強制削除

Windowsのコマンドプロンプトを使用すると、ファイルがプログラムに使用されているかどうかに関係なく、それを強制削除できるコマンドラインがあります。特にコーディングに詳しい専門家にとって、コマンドプロンプトは、非常に高度で優れているファイル管理ユーティリティです。

コマンドプロンプトでファイルを強制削除する操作手順を次のようになります。

ステップ1.Windowsエクスプローラーで削除したいファイルやフォルダーを見つけて、そのパス(アドレス)をあらかじめコピーします。

ファイルやフォルダーのアドレスをコピー

ステップ2.Windowsの検索ボックスで「CMD」を入力して、コマンドプロンプト管理者として実行します。

コマンドプロンプトを管理者として実行

ステップ3.次のコマンドラインを入力します。ファイルのアドレスをステップ1でコピーしたファイルかフォルダのアドレスに置き換えます。

  • del ファイルのアドレス

ステップ4.Yを入力して、強制削除プロセスを確認します。

ご案内:コマンドプロンプトを使って、ファイルを削除する場合、削除したファイルはゴミ箱を経由しません。後ほど削除ファイルを復元したい場合、専門のデータ復旧ソフトを使わないと復元できません。

ヒント:強制削除したファイルを復元する方法

もし誤操作などによって、間違ったファイルを強制削除してしまった場合、それらのファイルを復元したい場合もあります。実際には、専門のデータ復旧ソフトのEaseUS Data Recovery Wizardは、このような場合に役立ちます。また、動画、写真、ドキュメントが破損になって開かなくなる場合、このツールを使って、ファイルを修復することもできます。

ステップ1.インストールできたプログラムを実行して、初期画面ではデータが削除された場所を選んでください。(外付けデバイスの場合、パソコンに接続しておく必要があります。)

削除 データ 復元1
ステップ2.スキャンボタンを押すと、削除したデータがすぐ検出され、普通に「削除されたファイル」フォルダに分類されます。ここでお探しのデータをご確認ください。

削除 データ 復元2
ステップ3.「削除されたファイル」から復元したいデータをご確認の上。最後に、チェックしてリカバリーすれば済むことです。

削除 データ 復元3

Tip:「削除されたファイル」にはデータが見つからない場合、「復元候補」から再度探してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

2.ファイル安全削除ツールでファイルやフォルダーを強制削除

コマンドプロンプト以外、ファイルの安全削除ツールを使用することで、削除できないファイルを強制削除することもできます。EaseUS LockMyFileはこのようなプログラムです。このプログラムを使用すると、強制削除したいファイルやフォルダーを追加して、それをすぐに破壊して安全削除することもできます。しかも、このプログラムによって削除されたファイルやフォルダーは、完全に破壊されてしまい、いかなるデータ復旧技術を使っても復元することもできません。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

手順 1.EaseUS LockMyFileを起動し、メールアドレスを入力して、登録するパスワードを設定します。

フォルダ保護1

手順2.ローカルHDDの下にある[安全削除]をクリックします。

ファイル/フォルダーを完全消去するステップ2

ステップ3.ここで完全消去したいデータを選択します。右側パネルからファイル、フォルダー及びドライブを選択することができます。fileを成功に追加すると、「安全削除」ボタンをクリックして、完全に消去することができます。

ファイル/フォルダーを完全消去するステップ3

ご案内:「詳細設定」をクリックすると、安全削除の上書き回数を自分で設定することができます。上書き回数が多ければ多いほど、かかる時間が多くなります。

ファイル/フォルダーを完全消去するステップ4

3.ファイルの所有権を変更してファイルを強制削除

ファイルまたはフォルダを削除するには、そのフォルダ/ファイルの所有権が必要です。別のユーザーによって作成されたフォルダーを削除しようとしている場合は、以下の手順でWindows 11/10/8で所有権を取得することができます。

ステップ1.削除したいファイルやフォルダを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.セキュリティ」→「詳細設定」の順にクリックすると、ファイルの「所有者」を確認することができます。

ファイルの所有権を変更するステップ1

ステップ3.所有権を変更するには、「変更」をクリックします。

ファイルの所有権を変更するステップ2

ご案内:所有者をほかのユーザーに変更するには、「オブジェクトの種類」をクリックして指定し、「選択するオブジェクト名を入力してください」の下にある入力ボックスでユーザー名を入力して、「名前の確認」をクリックします。最後に、「OK」ボタンをクリックします。

ファイルの所有権を変更するステップ3

ステップ4.すべてのサブコンテナとオブジェクトの所有者を変更する場合は、「サブコンテナーとオブジェクトの所有者を置き換える」をチェックして適用してください。

ファイルの所有権を変更するステップ4

ここまで、所有権がないため、削除できないファイルの所有権を成功に取得することができました。そして、当該ファイルやフォルダーの削除もできるようになります。

4.セーフモードでファイルやフォルダーを強制削除

上記の方法が失敗した場合、最後のチャンスは、Windows10またはWindows11をセーフモードに再起動して、ファイルやフォルダーを強制的に削除しましょう。セーフモードでは、ほとんどのアプリケーションが起動しないため、ファイル/フォルダを削除するための非常に簡単な環境になります。

Windows 10/11でセーフモードに入る方法

ステップ1.windowsボタンをクリックして「電源」を選択します。

ステップ2.キーボードの「shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。

ステップ3.「トラブルシューティング」をクリックします。

ステップ4.次に、「詳細オプション」を選択します。

ステップ5.「詳細オプション」に進み、「スタートアップ設定」をクリックします。

ステップ6.「スタートアップ設定」「再起動」をクリックします。さまざまな起動オプションが表示されます。セーフモード起動の関連オプションは、数字、4、5、または6です。
それで、セーフモードに入ります。

「詳細オプション」

ここでWindowsパソコンを成功にセーフモードで再起動するはずです。この環境でファイルやフォルダーでファイルの削除をもう一度削除しましょう。

結論

Windows10またはWindows11で削除できないファイルやフォルダーを強制的に削除するために、本文では、合計4つの対策を皆さんに紹介しました。本文の内容を参照して、Windows内蔵のユーティリティ、サードパーティーの安全削除ソフトを使ってファイルを強制削除することもできますし、セーフモードに入ってファイルを強制的に削除することもできます。

また、ファイルやフォルダーを強制削除する前に、そのファイルが有用であるかどうかを確認することがおすすめです。万が一、有用なデータを誤ってご削除してしまった場合、本文の内容を参照して、EaseUSデータ回復ソフトウェアを使用してデータを復元することもできます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ