> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:復元してきたファイルを開けません

対処法:復元してきたファイルを開けません

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイル復旧 | 2021年05月26日に更新

概要:

この記事では、データ復旧ソフトで復元してきたファイルを開けない時の対処法を皆さんにご紹介します。EaseUS Data Recovery Wizardで復元したファイルを開けない時に役に立ちますので、必ずご参照ください。

 

復元ファイルが開けない原因

大切なファイルがなくなると、最も効率的な対処法はデータ復旧ソフトを利用してファイルを復元することです。でも、データ復旧ソフトを利用して復元してきたファイルを開けない場合が多くあります。その原因は何ですか。ここでは、まずは復元ファイルが開けない原因を皆さんに紹介します。

  • ウィルスがもたらした悪影響
  • ファイル破損
  • データの上書き
  • ディスクの断片化
  • その他

上記の原因によって対処法を特定して、復元ファイルが開けない問題を解決する可能性があります。

関連記事:写真・画像を開かない時の対処法 

対処法:復元してきたファイルを開けません

1.サードパーティーのソフトを活用する

まず。EaseUS Data Recovery Wizardというサードパーティーのデータ復旧ソフトをダウンロードしてください。
Recuvaなど他のデータ復旧ソフトで復元してきたファイルを開けない場合、EaseUS Data Recovery Wizardを使って復元すれば開けるようになる可能性がかなりありますので、是非お試しください。

それからEaseUS Data Recovery Wizardを利用して復元ファイルが開けない問題を解決しましょう。

Data Recovery Wizardを試す手順

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

Tips
以上の操作にしたがって復元してきたファイルは依然として開けない場合、ディスクの断片化若しくはファイルが破損される可能性が高いのです。この場合、スキャン結果の「raw」「タグ」フォルダでもう一度ファイルを探す必要があります。これらのフォルダには、ディレクトリ情報が破損されていますが、中身をちゃんと復元できるものが含まれています。


チュートリアルビデオ

2.暗号化されたファイルを復号化にする

ファイルがウイルス感染によって暗号化されていたとき、復元してきたファイルを開けない可能性もあります。

  • ウイルス対策ソフトを使って、PCまたは他のストーレジをスキャンして、ウイルスを駆除してください。
  • ファイル復号化ソフトなどのソフトを使って、暗号化されたファイルを復号してください。(  例えば:マカフィーランサムウェア回復、EncryptOnClick、ファイル復号化ソフトなど)

3.「以前のバージョンに戻す」または「システム復元」を利用する

ファイルが上書きされると、復元できたファイルも開けないです。この場合だったら、「以前のバージョンに戻す」あるいは「システム復元」から上書きされる前のファイルを復元することができます。もちろん、他のソフトで作成されたバックアップファイルから復元することも良いです。

結語

本記事では、復元してきたファイルを開けない原因及び解消法を詳しく紹介しました。他のデータ復旧ソフトで復元してきたファイルを開けない場合、EaseUS Data Recovery Wizardを使って復元すれば開けるようになる可能性があります。ぜひ無料ダウンロードしてみてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。