> How to Use > ファイル復旧 > 対処法:Adobe Reader「ファイルが壊れています。」

対処法:Adobe Reader「ファイルが壊れています。」

2019年01月11日に更新

筆者: Tioka

ファイル復旧
概要:
Adobe ReaderでPDFファイルを開こうとした時に、「ファイルが壊れています。」というエラーメッセージが表示された場合、どうすればいいのでしょうか。この記事では、Adobe Reader「ファイルが壊れています。」エラーの対処法を皆さんにご紹介しますので、ご参照ください。

Adobe Readerは、PDFファイルの閲覧、編集、作成、管理などを一貫するソフトです。時として、Adobe ReaderでPDFファイルを開こうとすると、「ファイル壊れています。」というエラーメッセージが表示されます。その場合どうすればいいのでしょうか。以下で4つの対処法を皆さんにご紹介します。きっと役に立つと思います。

対処法:Adobe Reader エラー「ファイルが壊れています。」

Adobe Reader エラー「ファイルが壊れています。」が発生する原因は、一般的にはソフトウェア側の不具合と、pdfファイル側の不具合といった2種類があります。また、そういう2種類の原因によって異なる対処法を選択する必要があります。本文はAdobe Reader エラー「ファイルが壊れています。」に対して4つの対策を皆さんに紹介しますので、それら対処法の中から、最も適切な対処法を選択してこのエラーを解消してみましょう。

対処法1.Adobe Readerの最新バージョンへ更新

「ファイルが壊れています。」エラーメッセージが表示される原因は、ソフトに何か不具合があるかもしれませんので、とりあえず、Adobe Readerを最新バージョンに更新して、エラーが解消されているかどうかを確認してください。下記のリンクで、Adobe Readerの最新バージョンを獲得することが可能です。

http://get.adobe.com/jp/reader/

最新バージョンをダウンロードへ更新する方法として、ソフトをアンインストールして再インストールすることがおススメです。

対処法2.Adobe Readerの環境設定を変更

Adobe Readerを実行して、インタフェースで「編集」メニューで「環境設定」を選択してください。
それから、左側にあるリストから「インターネット」を選択して、右側のwebブラウザオプションで、「PDFをブラウザに表示」のチェックを外してください。

そして、ソフトを再起動して、PDFファイルが正常に開けるかどうかを確認してください。

対処法3.Google Chromeを利用してPDFファイルを開く

Google社が提供してくれるブラウザGoogle chromeは、PDFの閲覧機能が備えられており、Adobe Readerがファイルを開けない時に、役に立つと思います。

開きたいPDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」→「別のプログラムを選択」をクリックすれば、プログラムのリストが表示されます。そのリストからGoogle chromeを選択すれば、Google chromeでPDFファイルを開くことが可能です。


対処法4.壊れているPDFファイルを無料復元

上記の三つの対処法は、全て効果がない場合、PDFファイル自体に不具合があるかもしれません。その場合、データを復元する必要があります。ここで、高機能なデータ復旧フリーソフトを皆さんにご紹介します。このソフトを使って3クリックだけで紛失/破損したPDFファイルを復元することができます。それに無料でご利用いただけます。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeをパソコンにダウンロード&インストールして、PDFファイルの場所を選択した上で、ソフトが自動的にその場所をスキャンして、検出できたPDFファイルを復元することが可能です。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeのインタフェース

 

 

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。