> How to Use > バックアップと復元 > SQL Serverテープバックアップとディスクバックアップの比較

SQL Serverテープバックアップとディスクバックアップの比較

2015-12-25 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
データ保護の新技術が応用されるものの、多くの企業は主に古い、そして信頼性が比較的に低いテープバックアップを採用しています。新しいストレージトレンドは、保存可能なデータの容量を大いに拡張していますが、バックアップのパフォーマンス、安定性、安全性、信頼性とユーザビリティはよく考えられています。この記事ではSQLサーバーのテープバックアップとディスクバックアップを比較してみます。

SQLサーバーデータベースのバックアップに最適なソリューションは何でしょうか?データ保護の新技術が応用されるものの、多くの企業は主に古い、そして信頼性が比較的に低いテープバックアップを採用しています。新しいストレージトレンドは、保存可能なデータの容量を大いに拡張していますが、バックアップのパフォーマンス、安定性、安全性、信頼性とユーザビリティはよく考えられています。

この記事ではSQLサーバーのテープバックアップディスクバックアップを比較してみます。下記からSQLサーバーバックアップ用ソフトを無料でダウンロードすることができます。

テープバックアップとディスクバックアップの補い合い

テープバックアップのデメリットは、テープにデータをバックアップ中、必ずそれにアクセスしますが、テープは非ランダムアクセス型メディアです。単一なファイルを復元するにも、テープの大きなチャックを読み出す必要がありますので、テープからデータを復元することはかなり時間がかかります。でも、HDDはこの問題を解決できます。

ディスクバックアップはデータ損失が発生した時、迅速にデータリカバリを実効することができます。これはテープバックアップの短所を補い、大量な陣間と精力を節約することができます。

異なるニーズに応じたソリューション

テープバックアップとディスクバックアップは異なるニーズを満たします。大量のデータを保存する必要がありますが、これらのアーカイブされたデータを見る頻度が低い場合、例えば、無期限で保存すべき病院の患者の医療記録などは、テープでバックアップしたほうがいいです。テープは長期的なデータ保存に対して一番安い、安全で簡単な方法です。

重要なビジネスデータをバックアップする必要がある場合、HDDでクィックバックアップを実効することは最適です。ハードディスクはテープと異なり、最初からすべてのデータを読み出した後、データを復元する必要がありません。逆に、ハードディスクディスクはシステムのあらゆる面を鏡のように反映します。

SQLサーバー用バックアップソフト

EaseUS Todo Backup Advanced Serverは、Microsoft SQL Server 2012、2008、2005、2000対応のSQLサーバーバックアップと復元ソフトです。SQLサーバーデータベースの完全、差分、トランザクションログバックアップを実行することができます。また、ローカルハードディスクとテープにバックアップすることができるほか、データベースファイルを別の場所に移動するや、障害発生時刻に復元することもできます。それに、バックアップファイルの圧縮や暗号化をサポートして、簡単操作でSQLサーバーのバックアップをサポートできます。

EaseUS Todo Backup Advanced Server - SQL Serverバックアップ

EaseUSが選ばれる理由