> How to Use > バックアップと復元 > 異なるハードウェアまでシステムイメージを復元する方法

異なるハードウェアまでシステムイメージを復元する方法

2015-04-23 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
EaseUS Todo Backup Workstationというバックアップソフトが異なるハードウェアまでシステムの復元、異なるパソコンまでのシステム移行、物理機器と仮想機器間のシステム移動などに簡単に対応します。次はEaseUS Todo Backupでシステムを異なるハードウェアまで復元する方法を紹介します。

異なるハードウェアまでシステムを復元する必要がある場合

以下のいくつかの場合で、異なるハードウェアまでシステムを復元する必要があります。

  • 古いディスクは破損してしまい、システムを新しいPCやハードウェアに移行する必要がある
  • 同じOSを複数のPCに配置する必要がある
  • 異なるハードウェア(RAIDコントローラ)までイメージを復元する必要がある。

上記の作業は非常に難しいと聞こえますが、EaseUS Todo Backup Workstationというバックアップソフトが異なるハードウェアまでシステムの復元、異なるパソコンまでのシステム移行、物理機器と仮想機器間のシステム移動などに簡単に対応します。

EaseUS Todo Backupでシステムを異なるハードウェアまで復元する方法

異なるハードウェアやPCまでシステムを復元する前に、以下の2つの点にご注意ください:

  1. Windowsシステムのイメージバックアップが必要です。
  2. ドライバーはハードウェアと互換性を持っています。

ハードウェアと互換性を持つドライバーがないなら、手動でハードウェアのドライバーを選択する必要があります。

まずはEaseUS Todo BackupのWinPE(ブータブルCD/USB/ディスク)を作成して、パソコンを起動して、EaseUS Todo Backupを実行します。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを実行して、[システム移行]をクリックします。そしてバックアップファイルを選択します。

ステップ2.ソース及びターゲットディスクを選択して、[適用]をクリックして、完了します。

PS:EaseUS Todo Backup FreeとHomeはこの機能を持っていません。適切なバージョンを選択してください。

EaseUSが選ばれる理由