> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS Todo Backupでシステムをバックアップする方法

EaseUS Todo Backupでシステムをバックアップする方法

2015-03-30 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
システム障害による損失やトラブルを避けるために、システムイメージをバックアップしたほうがいいです。EaseUS Todo BackupはWindows用の高機能なイメージバックアップソフトです。完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ、などのバックアップ計画が設定できるほか、クローン、OS移行などの機能をも備えています。

システムバックアップが必要とする場合

「ブートパーティションを間違って削除したせいか、パソコンは起動できなくなりました。Windows 7を復元することができませんか?因みにシステムディスクとかDVDは持っていません。」

ほとんどのユーザが、システムクラッシュやパソコンが起動できなくなる問題に遭うまでに、システムイメージをバックアップすることを一度も考えたことがありません。ハードウェア、ソフトウェア障害や誤操作が常にシステムクラッシュを引き起こします。システム障害による損失やトラブルを避けるために、システムバックアップイメージを取ったほうがいいです。それによって、Windows 7、Windows 8の復元が簡単になります。

システムをバックアップする方法

EaseUS Todo Backup』はWindows用の高機能なイメージバックアップです。完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップ、などのバックアップ計画が設定できるほか、ディスククローン、OS移行などの機能をも備えています。以下はEaseUS Todo Backupでシステムをバックアップする方法を紹介します。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで『システムバックアップ』をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3.スケジュールバックアップ:バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月など一定周期で設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4.ウィドウの下の『バックアップオプション』をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5.最後に、[適用]をクリックして、システムバックアップを実行します。

ステップ5.[適用]をクリックする

メモ:Windows Vista、XP、Server 2003の場合、システムファイル及びブートファイルは同じパーティションにあり、システムパーティションのみをバックアップすればいいです。Windows 7、Windows 8の場合、システムとブートファイルは異なるパーティションにあります。バックアップシステムが正常に動作できるように、システムパーティションとブートパーティションを同時にバックアップする必要があります。

【Windows 10 システムバックアップの方法】を紹介するビデオチュートリアルをご参照ください