> How to Use > バックアップと復元 > Outlookメールのバックアップを実行する方法

Outlookメールのバックアップを実行する方法

2015-08-26 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
大切なデータを保存する一番有効な方法がバックアップを取ることです。この記事では、EaseUS Todo Backupという高機能のバックアップソフトを使って、Microsoft Outlook 2003/2007/2010/2013及びOutlook Expressのメールをバックアップする簡単な方法を紹介します。

現在、多くの人がMicrosoft Outlookを利用して、ビジネスメールと個人メールを送受信しています。また、ファイルを送ったり、連絡先を保存する場合、メールが役に立ちます。それで、メールに保存している大事なデータを失ってはいけません。

大切なデータを保存する一番有効な方法がバックアップを取ることです。この記事では、EaseUS Todo Backupという高機能のバックアップソフトを使って、Microsoft Outlook 2003/2007/2010/2013及びOutlook Expressのメールをバックアップする簡単な方法を紹介します。

EaseUS Todo Backupのメールバックアップ機能

EaseUS Todo Backupのメールバックアップ機能が、Outlookの受信箱のメール、メールの添付ファイル、送信済みのメールのほか、下書き、ゴミ箱、連絡先、カレンダーなど、すべてのデータをバックアップできます。また、毎日、毎週、毎月の指定した時に自動的にメールバックアップを実行することができます。次は、EaseUS Todo Backupを使ってOutlookのメールバックアップする操作手順を紹介します。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、メールバックアップを選択します。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、メールバックアップを選択する

2.バックアップしたいメールファイルを選択します。

2.バックアップしたいメールファイルを選択

3.ターゲット場所を選択して、プラン名説明を入力します。

4.[スケジュール設定]をクリックして、バックアップのスケジュールを設定できます。

4.バックアップのスケジュールを設定

5.バックアップオプションをクリックして、圧縮率、パスワード及びパフォーマンスなどを設定することができます。

5.バックアップオプション

6.イメージの保存設定をクリックして、イメージファイルの保存期限を設定します。

6.イメージの保存設定

7.[実行]をクリックして、メールバックアップを実行します。

EaseUSが選ばれる理由