> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10ビルド14385アップデートエラー0x80246019を修復する方法

Windows 10ビルド14385アップデートエラー0x80246019を修復する方法

2016-07-12 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
Windows 10ビルド14385にアップデートする時、エラーコード0x80246019がでてアップデートが失敗してしまいました。どうすればエラー0x80246019を修復し、Windows 10ビルド14385にアップデートできるでしょうか。その方法を皆さんにご紹介いたします。

Windows 10ビルド14385にアップデートする時、エラーコード0x80246019がでてアップデートが失敗してしまいました。どうすればエラー0x80246019を修復し、Windows 10ビルド14385にアップデートできるでしょうか。ご心配なく、エラーを解決する方法を紹介いたします。

始める前に:今のシステムとデータをバックアップしておこう

windows 10システムをアップデートする前に、システムや大事なデータをバックアップしておくのを強くお薦めします。なぜかというと、アップデート中にエラーが起しても、バックアップしておけば、システムがいつでも元の状態に戻れます。ここは、バックアップソフトEaseUS Todo Backupを皆さんにお薦めします。システムそしてデータのバックアップを簡単に実現できます。バックアップしておいたから、エラー0x80246019を解決し、Windows 10ビルド14385にアップデートしましょう。

ソフト初期画面

システムドライブを拡張し、エラー0x80246019を解決する

システムディスク容量が不足なのは、エラーを起こしやすい大きな原因といわれます。システムドライブを拡張するには、パーティション管理ソフトであるEaseUS Partition Masterを皆さんにお薦めします。簡易な操作で、システムドライブを拡張できます。

パーティションリサイズ

1.EaseUS Partition Masterを実行します。

2.パーティションを右クリックして、「サイズ調整/移動」を選択します。

3.サイズを拡張したから、「実行」をクリックします。

windowsトラブルシューターでエラーを修復する

パソコンがネットに接続しているか、そしてwindowsアップデートサービスが正常に運行しているかと確認してから、次の操作を始めましょう。

1.Windows + Xを押してコントロールパネルを選択します。

2.サーチ欄でトラブルシューターと入力してサーチし、トラブルシューティングをクリックします。

3.システム&セキュリティで、windowsアップデートエラーの修復をします。

コマンドラインでエラーを修復する

1.Windows + Xを押してコマンドプロンプトを選択します。

2.「sfc /scannow」と入力して、「Enter」を押します。

ウィンドウズコマンドが自動的にエラーをスキャンし、修復します。

ESDファイルでWindows 10 14385をクリーンインストールする

ビルド14385のESDファイルをダウンロードして、クリーンインストールを行うのも一つ良い方法です。下記のリンクにてビルド14385のESDファイルをダウンロードしましょう。

Windows 10 14385 ESDファイル

 

 

EaseUSが選ばれる理由